クチバシを持つ謎の巨大生物が漂着!UMAの死骸発見か

 - UMA, 海外ニュース , , , , , ,

 

あわせて読みたい
information_items_3172

©SakhalinMedia

正体不明の動物の死骸がサハリン島に漂着しました。
これまでもたくさんの謎の死骸が海岸に流れつきましたが、今回も知られているどの生き物とも似ていません。シベリアンタイムズが伝えています。

inside_hairy_dolphin_GV

©SakhalinMedia

inside_dolphin_remains_and_man

©SakhalinMedia

死骸から判断すると、この生き物は人間の約2倍の長さで鳥の嘴のような巨大な口を持っています。また、皮膚は毛皮状のもので覆われているようです。
今まで知られているイルカやクジラには、体表に毛皮を持った種類はいません。
クチバシの特徴がインドの淡水イルカに似ているという指摘がありますが、淡水イルカが海洋を渡ってサハリンに来るとは考えにくいことです。

inside_ganges_dolphin

©SakhalinMedia

サハリンの海洋生物専門家は、「頭の外観から判断すると、これはおそらく大きなイルカでしょう。皮膚の特徴からすると希少種のようです」とコメントしています。

inside_hairy_tail

©SakhalinMedia

一方、SNSに寄せられたコメントでは、アカボウクジラではないかという意見が有力です。
毛皮に見えるものは腐食した筋肉の繊維か、死骸に生えた藻類だろうということです。
アカボウクジラはガチョウに似たクチバシを持っており、中世では魚の胴体にふくろうの頭を持つ怪物と考えられていました。

ちなみにこちらが以前にサハリンで打ち上げられた死骸。

134-saharin01134-saharin02クチバシがある様子が似ていますが、口の中に歯がありますね。

もしかすると、北方の寒い海で独自に進化した、未発見の毛だらけなイルカがいるのかもしれません。

 

参照:SiberianTimes








 関連記事

ゾワワっとくる。地上363mの電波塔に登る一人称視点映像

ひゃ~。地平線が丸いよ。 また命知らず野郎が現れました。彼らは東京タワー以上の高 …

浜サメ釣りを極めて200匹以上のサメを釣りあげた19歳青年

凶暴で恐ろしい海の殺し屋であるサメ。そんなサメを陸から釣り上げる浜サメ釣りを極め …

ポーランドの小さな教会の予想外すぎる内装・・・3000体の骸骨で作られた教会

写真:smithsonianmag   ポーランドにある「Kaplic …

ウッカリ犯行をつぶやいてしまった殺人大富豪ロバート・ダーストってどんな人?事件概要まとめ

番組収録中のトイレで犯行をほのめかす発言をし、逮捕されたことで話題となっている大 …

ヤギのように生きる人間になろうとした男性、3日で断念

働けど働けど楽にならない生活。そんな人間社会の営みを回し車の中を走るネズミに例え …

アメリカで最も呪われているといわれている8つの家族

写真:Getty Images   負の連鎖というものは続いてしまうも …

アメリカの猿のUMA『デビルモンキー』。その正体はニホンザル?

アメリカ中部で目撃されているUMA『デビルモンキー』。目撃証言によると全身に長い …

山東省でまた新たな爆発!動画とチャイナボカンまとめ

また中国で大規模な爆発が起こったようです。 天津の大爆発、山東省の爆発に続き、ま …

【閲覧注意】なんだか鼻の調子がおかしい…病院に行ったらぎゃあああああああ!!!

注意:虫が苦手な人は絶対に見ないで下さい。これは、100匹以上のウジが男性の鼻に …

Googleストリートビューでネッシーを探せるようになったよー!!

写真:Google Blog   これでスコットランドまで行かなくて済 …

Comment

  1. 三枝智子 より:

    北方の寒い海で独自に進化した、未発見の毛だらけなイルカなんていませんのでご心配なく

閉じる