子ども医者に子ども軍人、ポルポトが創ろうとした狂気の世界

 - 怖い, 怖い話, 恐ろしい, 海外ニュース, 閲覧注意 , , ,

 

あわせて読みたい

歴史上の残忍な大虐殺といえば、ナチスドイツがユダヤ人に行ったホロコーストを思い浮かべる人が多いかもしれません。
しかし、近現代に同じアジアでポルポトという人物により、世にも恐ろしい大虐殺が起きたということは意外に知られていません。

ポルポトとは?

出典:面白トレンディーニュース

ポルポトとは1975年から1979年までカンボジアで政権を握った共産主義政党「クメールルージュ」の指導者。
1970年代のカンボジアは軍事政権を主導したいロンノル政権との内戦の末、政権を奪還しました。
ロンノル政権はアメリカの後ろ盾があったこともあり、それに対立するポルポト政権はアメリカの自由主義的な思想、資本主義経済を徹底排除する思想を掲げることで、「新しいカンボジア」の樹立を目指したのです。

政権を掌握したポルポトは…

出典:ルンタプロジェクト

政権を掌握したポルポトは、250万人のプノンペン市民を強制移住させました。
公務員、医師、学者、教師などのいわゆる「ホワイトカラー」と呼ばれる職業についている知識層は虐殺・虐待の標的となり、財産を没収され、過酷な強制労働に従事させられ、衰弱死していきました。
逆らった人はS-21と呼ばれる強制収容所に送還され、過酷な拷問を受けた後に処刑されました。
S-21には1,2000人から20,000人の人々が収容されていたと言われていますが、確認された生存者は、わずか12名。
そこに収容された人々は電気ショックによる虐待、生きたまま体を切断、解剖されたり、逆さ吊りにされ、排泄物を食べさせられたと言われています。
クメールルージュ軍の輸血のために、生きたまま体を拘束され、血液を全て抜き取られることも珍しくありませんでした。

恐るべき文化の破壊と断絶

ポルポトは完全な農業社会を理想とし、そのためには知識や文化、教養や人々の感情は邪魔であると考えていました。
本や音楽機器を焼き、親子を引き離し、子供はクメールルージュ流の軍隊教育を受けさせられました。
また、結婚は政府が命じた相手としなければならず、服は黒い服以外着てはなりませんでした。
統治を始めてすぐ、まず手始めに弁護士資格や医師免許、教員免許など目に見える知識層はすぐに強制収容所に送られ、処刑されたり、衰弱死していきましたが、当然、資格や職がなくとも知性を持った人は存在します。
驚いたことにポルポトはそのような人々すら排除の対象としました。
「メガネをかけている」「外国語を話せる」「手が綺麗」「顔立ちが整っている」「話し方が賢そう」
このような信じられない理由で多くの人々が処刑されたのです。
当然、処刑の基準はどんどん曖昧になっていき、気にくわない人物がいると密告、処刑されるという事態が横行しました。
処刑されるときは、家族全員道連れにされることも多かったため、カンボジアの人口は激減しました。
また、農作業ができなくなった病気の人、体の弱い人、障害を持った人、老人もしばしば処刑対象となりました。

子供医者に子供軍人

出典:チアフルスマイル

知識や教養を持った人々を徹底的に排除した結果、カンボジアはどうなってしまったかというと、当然医師や弁護士、軍の指導者がいなくなってしまいます。
すると、ポルポトは政権の行動に疑問を持たない幼い子供をこうしたポストに配置しました。
当然、彼らは何の知識も持たず、中には字もまともに読めない子供もいました。
そのため、子供医者による不衛生で非科学的なトンデモ医療が横行し、カンボジアの死者はさらに激増しました。
また、子供軍人や子供弁護士、子供警察など、まともな判断力を持たないまま重要なポストに就いてしまった子供たちは、ポルポトに言われるがままに残虐行為に加担していきました。

政権の終焉

まさしく狂気の王国を作り上げていたポルポトですが、ベトナム軍に侵攻されると、子供軍人ばかりのカンボジアはあっという間に陥落してしまいます。
そのため、ポルポト政権がカンボジアを支配した期間はわずか4年と短い期間でしたが、その間に死亡したカンボジア人は推定150~200万人。
当時の国民のおよそ1/4が殺害されたのです。
また、知識人を集中的に殺害したことにより、カンボジア国内の文化や知識の断絶が生じたことから、近代史において、ポルポト政権が最も非人道的で残虐な政権だったと指摘する学者も少なくありません。
これほど残虐な政策が、なぜバレなかったのかというと、言論統制が厳しく、誰も惨状を訴えることができなかったことと、万一脱出できた人々が訴えかけたとしても、あまりに荒唐無稽な話しすぎたために誰も信じてくれなかったと言われています。
また、それによりカンボジア国内は深刻な飢餓に襲われましたが、強制労働によって作られた作物を積極的に輸出していたことから、外から見るとポルポト政権がうまくいっているように見えたことも関係しているようです。

ポルポトが残したもの

出典:世界雑学ノート

ポルポトの政策により、知識層やリーダーシップを持った人がいなくなり、教育基盤が全くなくなってしまったカンボジアは、今現在もその後遺症に苦しんでいます、
都市部は徐々に開発が進んできましたが、農村部ではインフラ整備や都市計画がすすんでおらず、なかには泥水を飲み、ゴミを漁って生活する子供達も存在しており、未だに多くの支援を必要としている状況です。
また、ポルポトは、地雷を「完璧な兵士」と称して愛好し、国境付近に無計画に大量に設置しました。
そのため、今もなおカンボジア国内には多くの地雷が埋まっており、それにより命を落としたり、手足を失い、障害を負う人も多く深刻な問題となっています。

まとめ

たった数年間でカンボジアを破壊し尽くしたポルポト政権、歴史に残る残虐な政策をしたのにも関わらず、その知名度はヒトラーなどと比べると低くなっています。
そして最も驚かされるのは、ポルポトは1998年まで生きており、80年代は左派系勢力において一定の求心力を持っていた点です。政権幹部の多くが、裁判にかけられながらも天寿を全うしているというのもなんともやりきれません。
教育格差から、若いカンボジア人の多くがこの歴史に対し無知であるという点も非常に恐ろしく、同じアジアに住む私たちは決して忘れてはならない歴史の一つでしょう。








 関連記事

ジョン・レノンがUFOを目撃していた!?目撃時に描いたとされるスケッチが公開される!

写真:Dailypost   ジョン・レノンの「Nobody Told …

エリア51で撮影された「宇宙人インタビュー映像」が流出

Youtubeでエリア51で撮影されたとされる宇宙人のインタビュー映像が公開され …

ハンバーガーのミイラ?20年前のクォーターパウンダーが発見されるも原型を留めている

“マクドナルドのハンバーガーは消して腐らず、カビも生えない”という都市伝説は事実 …

中国の強引な開発に抵抗していた家のビフォーアフターが公開される

中国の急激な不動産開発によって家を立ち退かなければならない人が続出しています。 …

この微笑ましい家族写真は予想の斜め上な恐ろしさを秘めています

微笑ましい家族の夏の1日のはずでした。しかしこの写真が後日、この家族を恐怖のどん …

放火事件で全焼してしまった廃家で物悲しい顔をした霊が撮影される

写真:The Waffle Burn 10   放火によって全焼してし …

水着で山を登った 「ビキニハイカー」が凍死

36歳の台湾人女性のWu Chi-yunは1月11日、台湾の玉山国立公園でソロハ …

9月28日に世界終了?ブラッド・ムーンと共に黙示録がやって来る

9月28日に月が血のように真っ赤に染まる現象「ブラッド・ムーン」が起こります。 …

新しいネットの流行!? なぜか手に汗握るエクストリームフォンピンチング

SNSで注目を集めようと危険な場所や無茶な状況で自撮りする人が増えているのはすで …

ネパール大地震発生の瞬間を監視カメラが捉えた映像

4/28にネパールで大地震が発生しました。 ネパールの首都カトマンズに設置されて …

閉じる