クチバシを持つ謎の巨大生物が漂着!UMAの死骸発見か

 - UMA, 海外ニュース , , , , , ,

 

あわせて読みたい
information_items_3172

©SakhalinMedia

正体不明の動物の死骸がサハリン島に漂着しました。
これまでもたくさんの謎の死骸が海岸に流れつきましたが、今回も知られているどの生き物とも似ていません。シベリアンタイムズが伝えています。

inside_hairy_dolphin_GV

©SakhalinMedia

inside_dolphin_remains_and_man

©SakhalinMedia

死骸から判断すると、この生き物は人間の約2倍の長さで鳥の嘴のような巨大な口を持っています。また、皮膚は毛皮状のもので覆われているようです。
今まで知られているイルカやクジラには、体表に毛皮を持った種類はいません。
クチバシの特徴がインドの淡水イルカに似ているという指摘がありますが、淡水イルカが海洋を渡ってサハリンに来るとは考えにくいことです。

inside_ganges_dolphin

©SakhalinMedia

サハリンの海洋生物専門家は、「頭の外観から判断すると、これはおそらく大きなイルカでしょう。皮膚の特徴からすると希少種のようです」とコメントしています。

inside_hairy_tail

©SakhalinMedia

一方、SNSに寄せられたコメントでは、アカボウクジラではないかという意見が有力です。
毛皮に見えるものは腐食した筋肉の繊維か、死骸に生えた藻類だろうということです。
アカボウクジラはガチョウに似たクチバシを持っており、中世では魚の胴体にふくろうの頭を持つ怪物と考えられていました。

ちなみにこちらが以前にサハリンで打ち上げられた死骸。

134-saharin01134-saharin02クチバシがある様子が似ていますが、口の中に歯がありますね。

もしかすると、北方の寒い海で独自に進化した、未発見の毛だらけなイルカがいるのかもしれません。

 

参照:SiberianTimes








 関連記事

トイレの床下が2000年前の古代ローマに繋がっていた! 下水管の工事で遺跡を発見

イタリアンレストランのトイレの床下は、2000年前とつながっていました。 ルシア …

熊谷連続殺人犯の兄、ペドロ・パブロ・ナカダ・ルデーニャの鬼畜すぎる所業がヤバイ

16日、埼玉県熊谷で3軒の家を襲撃し6人を殺害したペルー人ナカダ・ルデーニャ容疑 …

ニュージーランドでもダイオウイカが打ち上げられる。深海で異変が起きている!?

ニュージーランドのカイコウラの砂浜にダイオウイカと思われる巨大なイカが打ち上げら …

【閲覧注意】オーストラリアの都市伝説・ドロップベアが凶悪すぎる

上がかわいいコアラ。下がドロップベア。 人喰いヘビやワニ、凶悪な毒性生物があちこ …

マレーシアのジャングルでエイリアンが見つかる!?

ジャングルで謎の生物が見つかる ヤシの栽培所のスタッフがジャングルでこの謎の生き …

【動画】あのロボットが究極進化! 障害物を飛び越えられるように!

マサチューセッツ工科大が研究している四足歩行ロボット「チーター」が走りながら障害 …

嘘だろ?中国のロケットから落ちたエンジンが民家を直撃

メイドインチャイナの品質はこんなところにも。 中国の長征4号Cから落下したロケッ …

うっかりもののお祖母ちゃん、25年物のチョコレートパウダーを使ったら、家族全員病院送りに
うっかりもののお祖母ちゃん、25年物のチョコレートパウダーを使ったら、家族全員病院送りに

撮影者:Michael Saechang   間違えちゃったてへぺろで …

人の心臓かと思ったらアメフラシだった!?ジャンボアメフラシが海岸で発見される!

  東サンフランシスコ湾に来ていた海水浴客が、海岸に人の心臓が落ちてい …

新しいネットの流行!? なぜか手に汗握るエクストリームフォンピンチング

SNSで注目を集めようと危険な場所や無茶な状況で自撮りする人が増えているのはすで …

Comment

  1. 三枝智子 より:

    北方の寒い海で独自に進化した、未発見の毛だらけなイルカなんていませんのでご心配なく

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閉じる