クチバシを持つ謎の巨大生物が漂着!UMAの死骸発見か

 - UMA, 海外ニュース , , , , , ,

 

あわせて読みたい



information_items_3172

©SakhalinMedia



正体不明の動物の死骸がサハリン島に漂着しました。
これまでもたくさんの謎の死骸が海岸に流れつきましたが、今回も知られているどの生き物とも似ていません。シベリアンタイムズが伝えています。


inside_hairy_dolphin_GV

©SakhalinMedia



inside_dolphin_remains_and_man

©SakhalinMedia



死骸から判断すると、この生き物は人間の約2倍の長さで鳥の嘴のような巨大な口を持っています。また、皮膚は毛皮状のもので覆われているようです。
今まで知られているイルカやクジラには、体表に毛皮を持った種類はいません。
クチバシの特徴がインドの淡水イルカに似ているという指摘がありますが、淡水イルカが海洋を渡ってサハリンに来るとは考えにくいことです。


inside_ganges_dolphin

©SakhalinMedia



サハリンの海洋生物専門家は、「頭の外観から判断すると、これはおそらく大きなイルカでしょう。皮膚の特徴からすると希少種のようです」とコメントしています。


inside_hairy_tail

©SakhalinMedia



一方、SNSに寄せられたコメントでは、アカボウクジラではないかという意見が有力です。
毛皮に見えるものは腐食した筋肉の繊維か、死骸に生えた藻類だろうということです。
アカボウクジラはガチョウに似たクチバシを持っており、中世では魚の胴体にふくろうの頭を持つ怪物と考えられていました。

ちなみにこちらが以前にサハリンで打ち上げられた死骸。

134-saharin01134-saharin02クチバシがある様子が似ていますが、口の中に歯がありますね。

もしかすると、北方の寒い海で独自に進化した、未発見の毛だらけなイルカがいるのかもしれません。

 

参照:SiberianTimes








 関連記事

【マジかよ】コンゴ共和国にロボコップが配属されているぞ!!
【どうしてこうなった】コンゴ共和国に配属されたロボット警官が斬新な造形すぎる!!

コンゴ共和国の首都キンシャサにロボット警官が配備されたと話題になっています。 一 …

悪魔と呼ばれるUMA ジャージー・デビル 

アメリカ、ニュージャージー州に伝わるUMA、ジャージャー・デビル。 悪魔伝説 悪 …

奇跡!? 聖母マリアを描いた絵画の唇が動いた!

普通に考えて、絵画に描かれた人物が動くということはあり得ません。 しかし、この映 …

厨二心をくすぐられる!フィリピン暴走族の手彫りバイクがすごい!

写真:metro   馬型のバイクに人が磔されているようなデザインのバ …

なんだこれ!タイの海底で精巧な人面を持つ謎の岩が発見される!

写真:New Heaven Diving School   タイのタオ …

世界最大のウサギの子供がお父さんを抜く勢いで成長中! お父さんの記録を狙っている模様

毎年イースターの時期に報じられる世界一大きなウサギのニュースが入って来ました。 …

【閲覧注意】オーストラリアの都市伝説・ドロップベアが凶悪すぎる

上がかわいいコアラ。下がドロップベア。 人喰いヘビやワニ、凶悪な毒性生物があちこ …

【悲報】「世界一危険な道」が改修されて安全になる。世界一は中国に譲ることに

「世界一危険な道」と呼ばれていたスペインの断崖絶壁の遊歩道が改修工事されて開通し …

山東省 青島で藻で満たされた川?で泳ぐ少年
【画像20枚】凄いぞ中国!公害を収めた写真が斜め上すぎてもはやファンタジー

中国には数多くの美しい観光名所があるわけですが、それ以外の部分では酷い景観な所も …

女性も羨ましすぎて気絶するレベルの長すぎるまつ毛を持つおっさんが現れる
まつ毛が長くなる食べ物を発見したおじさん。自分で試してひと儲けを企む

撮影者:CEN ある食べ物を食べた後、驚くほどまつ毛が成長してしまった男性がギネ …

Comment

  1. 三枝智子 より:

    北方の寒い海で独自に進化した、未発見の毛だらけなイルカなんていませんのでご心配なく

閉じる