クチバシを持つ謎の巨大生物が漂着!UMAの死骸発見か

 - UMA, 海外ニュース , , , , , ,

 

あわせて読みたい



information_items_3172

©SakhalinMedia



正体不明の動物の死骸がサハリン島に漂着しました。
これまでもたくさんの謎の死骸が海岸に流れつきましたが、今回も知られているどの生き物とも似ていません。シベリアンタイムズが伝えています。


inside_hairy_dolphin_GV

©SakhalinMedia



inside_dolphin_remains_and_man

©SakhalinMedia



死骸から判断すると、この生き物は人間の約2倍の長さで鳥の嘴のような巨大な口を持っています。また、皮膚は毛皮状のもので覆われているようです。
今まで知られているイルカやクジラには、体表に毛皮を持った種類はいません。
クチバシの特徴がインドの淡水イルカに似ているという指摘がありますが、淡水イルカが海洋を渡ってサハリンに来るとは考えにくいことです。


inside_ganges_dolphin

©SakhalinMedia



サハリンの海洋生物専門家は、「頭の外観から判断すると、これはおそらく大きなイルカでしょう。皮膚の特徴からすると希少種のようです」とコメントしています。


inside_hairy_tail

©SakhalinMedia



一方、SNSに寄せられたコメントでは、アカボウクジラではないかという意見が有力です。
毛皮に見えるものは腐食した筋肉の繊維か、死骸に生えた藻類だろうということです。
アカボウクジラはガチョウに似たクチバシを持っており、中世では魚の胴体にふくろうの頭を持つ怪物と考えられていました。

ちなみにこちらが以前にサハリンで打ち上げられた死骸。

134-saharin01134-saharin02クチバシがある様子が似ていますが、口の中に歯がありますね。

もしかすると、北方の寒い海で独自に進化した、未発見の毛だらけなイルカがいるのかもしれません。

 

参照:SiberianTimes








 関連記事

鍾乳洞と同化した頭蓋骨の化石が約15万年前のネアンデルタール人だと判明。最古のDNAとなる

うわぁぶつぶつすっごい。ネアンデルタール人の洞窟壁画で有名なアルタミラ洞窟で、1 …

奇跡!? 聖母マリアを描いた絵画の唇が動いた!

普通に考えて、絵画に描かれた人物が動くということはあり得ません。 しかし、この映 …

人魚の写真がネット上で拡散中、本物?ニセモノ?

科学者たちは、この地球上の海には、まだまだ私たちの知らない、そして人類が接するこ …

【流石USA】約20トンの花火積んだトラックが玉突き事故で爆発する
【ド派手】20トンの花火を積んだトラックが爆発炎上!

2015年1月9日、アメリカ ミシガン州の高速道路「I-94」で約20トンの花火 …

山東省 青島で藻で満たされた川?で泳ぐ少年
【画像20枚】凄いぞ中国!公害を収めた写真が斜め上すぎてもはやファンタジー

中国には数多くの美しい観光名所があるわけですが、それ以外の部分では酷い景観な所も …

【閲覧注意】なんだか鼻の調子がおかしい…病院に行ったらぎゃあああああああ!!!

注意:虫が苦手な人は絶対に見ないで下さい。これは、100匹以上のウジが男性の鼻に …

ビン・ラディンはCIAの保護下で生きている!スノーデン氏が暴露

アメリカ国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデン氏は、オサマ・ …

体重14キロのデブすぎるにゃんこ。とうとうダイエットを始める。

写真:BARCROFT   ネコというかネコ型の樽だこれ。そんなデブす …

フードを被った霊がこっちを見ている?迫害されたカトリック司祭の霊が撮影される!

イギリス・スコットランドの高地にある『Scalan神学校』は、神学校としての役割 …

古代魚?それとも突然変異?ロシアで謎の魚が釣り上げられる!

写真:CEN   ロシア北部のアルハンゲリスク 北ドヴィナ川で地元漁師 …

Comment

  1. 三枝智子 より:

    北方の寒い海で独自に進化した、未発見の毛だらけなイルカなんていませんのでご心配なく

閉じる