「太陽系2.0」の発見か?186光年離れた宇宙に木星そっくりの星が見つかる

 - ふしぎ, 宇宙 , , ,

 

あわせて読みたい

2A8F805B00000578-0-image-a-17_1437007021916チリのESO望遠鏡によって、遠く離れた銀河に木星のドッペルゲンガーが発見されました。
国際天文学チームによると、HIP11915という恒星の周りを周回する星の中に、「ほぼ木星と同じ質量と大きさ」の惑星を発見したとのことです。
HIP11915と双子の木星の距離は、私達の太陽系の太陽と木星の距離とほぼ同じことも分かっており、HIP11915は、私達の太陽と同じぐらいの年齢だということも分かっています。

2A90D46800000578-0-image-a-18_1437007033270HIP11915はクジラ座のこの辺り。


木星の双子を見つけることは、太陽系のパラレル星系を見つける上で重要なポイントとなります。太陽系の初期の段階で、木星が果たした役割が大きいと考えられているからです。
コンピューターシュミレーションによって仮定されていた太陽系の初期の状態が、この発見によって裏付けられることになりそうです。
HIP11915星系には木星以外の岩石惑星も太陽系と同じように存在している可能性が考えられ、より詳しい観測が待たれます。

もしかしてパラレルワールドが広がってるの?

11937781733_bd60ac6a3a_zもしHIP11915星系が太陽系そっくりの星系で、地球そっくりの星があるとしたら、そこには自分そっくりな人が全く同じようなことをして暮らしているんじゃないかなんて思っちゃいますね。

 

物理学の世界ではパラレルワールドの存在は予想されていますが、別の宇宙だったり、別の次元のお話だったりで、こちらの世界からパラレルワールドを観測することはできないと考えられています。

そのため今回の発見がパラレルワールドの発見と考えるのは、残念ながらいささか早合点すぎるようです。

 

参照:dailymail








 関連記事

インドネシアのジャングルの奥深くに佇む謎の教会「チキン教会」

写真:youtube   インドネシア ジャワ島マゲランのジャングル奥 …

人間を辞めたある写真家のセルフポートレート

リアル寄生獣 これはスリットスキャンと言う撮影技法を用いたフランスの写真家、&# …

【レッツゴー!!】カブトムシに乗るカエルの写真が今にも冒険に出そう
【イャッハァー!!】カブトムシに乗るカエルの写真が今にも冒険に出そう

撮影者:Hendy Mp 今にも冒険に出そうないい写真! この写真は、インドネシ …

偽1万円硬貨事件で明らかになったパラレルワールドの存在

偽造1万円硬貨事件 2017年3月、奇妙なニュースがテレビに流れた。 偽の1万円 …

ナデナデ・・・スヤァ。撫でるだけであらゆる動物を眠らせる中国人少女が凄い

インパクトのあるニュースには事欠かない中国から今回は摩訶不思議な話題が飛び込んで …

牧場に出現した陥没穴から人骨が見つかる!殺人事件かと思ったら…

ケンタッキー州の農場に陥没穴が出現し、その中から人骨が発見されました。 殺人事件 …

6万年前から手付かずの神秘の島。しかし、この島に入ったものは殺されてしまう。

写真:NASA   魅力的過ぎるけど、行ったら帰ってこれない。 &nb …

人間の臓器を3Dプリント技術で作り出す

ドイツの研究者たちは、移植のために腎臓のような立体的な体の部分を印刷する道を開く …

月面の神秘的な閃光の謎

 月をじっと見つめていると、月面の不思議な光の閃光に気づいたかもしれません。この …

「空飛ぶスパゲッティモンスター」がアフリカの深海で発見される!

実在しないと考えられていた「空飛ぶスパゲッティモンスター」が深海で発見されました …

閉じる