マインドコントロールされたロボット外骨格で麻痺した人が再び歩き出す

 - 海外ニュース, 驚き , ,

 

あわせて読みたい

マインドコントロールされたロボット外骨格は、フランスの障害者が再び歩くのを助けるために使用されています。

この驚くべき創造物は、2015年に四肢麻痺になった30歳のティボーの脳信号を読み取り、それらを運動に変換します。

ナイトクラブでの事故で15メートルの転倒を経験したティボー氏は、スーツの最初の一歩を踏み出すことは「月の最初の男」のように感じたと語りました。

制御された4本足のロボットシステムは、バランスを保つために天井に取り付けられたハーネスを使用して腕を動かし、歩くのを助けました。

全身外骨格は、Clinatecとグルノーブル大学による2年間の試験の一部であり、脳信号を記録およびデコードすることにより操作されます。

トライアルの一環として、ティボー氏は、運動を制御する部分を覆う2つのインプラントを脳の表面に配置する手術を受けました。

各インプラントの64個の電極が脳の活動を読み取り、指示をコンピューターに送信します。

次に、ソフトウェアは脳波を読み取り、それらを外骨格を制御する命令に変換します。

それは月面で最初の男のようでした。

私は2年間歩きませんでした外の骨格をうまく使った後、彼は言いいました。

技術的な問題により、アルゴリズムと通信する脳インプラントが妨げられたため、研究に募集した以前の患者ではうまくいきませんでした。

グルノーブル大学のAlim-Louis Benabid教授は、使用されている外骨格は、4本の四肢すべてを活性化する長期使用向けに設計された最初の半侵襲ワイヤレス脳コンピュータシステムであると述べました。

「以前の脳コンピュータの研究では、脳の最外膜の下に埋め込まれたより侵襲的な記録装置を使用していたが、最終的には機能しなくなる」と彼は医学雑誌The Lancetに語っています。

参照元:Metro








 関連記事

車がぴょんぴょん跳ねてなわとびをする動画が凄いぞ!!
すごいけど意味が分からない。車がぴょんぴょん跳ねてなわとびをする動画

物理の法則が乱れる!! こちらの車、テキサス州のギルバート・ゴンザレスさんが所有 …

人身売買に性的虐待…恐怖のエプスタイン島

日本メディアではあまり扱われていませんが、アメリカでは政界までをも巻き込んだ一大 …

火炎放射器と消防ホースのガチンコ対決は2回戦だった! 果たしてどちらが勝ったのか

  火炎放射器と消防ホースが戦ったら、一体どうなるんだろうという素朴な …

【後がないんじゃ、あとが】白血病を患った男性、ガン細胞を死滅させるために自分自身をローストし始める。

撮影者:CEN   荒治療ってレベルじゃないけど背に腹は変えられない。 …

準惑星ケレスにピラミッドを発見!なぜできたのかは不明の模様

ドーン探査機が接近している準惑星ケレスの地表上に、ピラミッドのような山があること …

【プロの犯行】スナック菓子などを使ったプレート料理がすごすぎる
【これがプロの犯行か…】 一流シェフの手にかかればスナック菓子も芸術的な一皿になる

撮影者:Chef Jacques LaMerde   いつも食べてるお …

溶岩の上を走る!ガソリンを投げ込む!iPadを焼く!溶岩で遊ぶ命知らずたち

エチオピアの溶岩湖エルタ・アレ ここは世界的にも数少ない恒常的な溶岩湖があり、今 …

胴体があるだけじゃない!モアイのあまり知られていない秘密はまだまだあった!

現在話題となっている、「モアイに胴体があった!」というニュースですが、これはオカ …

ゴブリンの映像?遊ぶ子供たちの後ろで動く小さな影

ヨーロッパで代々言い伝えられている架空の生物ゴブリン。 ファンタジー映画やゲーム …

月が大きく見える現象「スーパームーン」

月が大きく見えるスーパームーンとはいったい何でしょうか。 その名前が示すように、 …

閉じる