マインドコントロールされたロボット外骨格で麻痺した人が再び歩き出す

 - 海外ニュース, 驚き , ,

 

あわせて読みたい

マインドコントロールされたロボット外骨格は、フランスの障害者が再び歩くのを助けるために使用されています。

この驚くべき創造物は、2015年に四肢麻痺になった30歳のティボーの脳信号を読み取り、それらを運動に変換します。

ナイトクラブでの事故で15メートルの転倒を経験したティボー氏は、スーツの最初の一歩を踏み出すことは「月の最初の男」のように感じたと語りました。

制御された4本足のロボットシステムは、バランスを保つために天井に取り付けられたハーネスを使用して腕を動かし、歩くのを助けました。

全身外骨格は、Clinatecとグルノーブル大学による2年間の試験の一部であり、脳信号を記録およびデコードすることにより操作されます。

トライアルの一環として、ティボー氏は、運動を制御する部分を覆う2つのインプラントを脳の表面に配置する手術を受けました。

各インプラントの64個の電極が脳の活動を読み取り、指示をコンピューターに送信します。

次に、ソフトウェアは脳波を読み取り、それらを外骨格を制御する命令に変換します。

それは月面で最初の男のようでした。

私は2年間歩きませんでした外の骨格をうまく使った後、彼は言いいました。

技術的な問題により、アルゴリズムと通信する脳インプラントが妨げられたため、研究に募集した以前の患者ではうまくいきませんでした。

グルノーブル大学のAlim-Louis Benabid教授は、使用されている外骨格は、4本の四肢すべてを活性化する長期使用向けに設計された最初の半侵襲ワイヤレス脳コンピュータシステムであると述べました。

「以前の脳コンピュータの研究では、脳の最外膜の下に埋め込まれたより侵襲的な記録装置を使用していたが、最終的には機能しなくなる」と彼は医学雑誌The Lancetに語っています。

参照元:Metro








 関連記事

ブラジルのおっさんが水1リットルで500km走るバイクを開発

水を燃料に走るバイクを乗り回しているおじさんが話題を呼んでいます。これが本当なら …

プーチン大統領が2018年までにお尻のような飛行船を配備すると発表!

写真:The Siberian Times   プーチン大統領は、宇宙 …

バトルアックスを実際に作って振り回してみたらこうなった
バトルアックスを実際に作って振り回してみたらこうなった

ドワーフみたいなおっさんでもこうなるのか。 ファンタジー映画やゲームによく登場す …

男女の命は平等ではなかった…インドのヤバすぎる風習、サティと今も続く名誉殺人

2021年3月、ネットニュースで話題になったこの事件。インド北部ウッタル プラデ …

パドルサーフィンしていたらホオジロザメが出現!ヒヤヒヤする動画がアップされる

近頃手軽に楽しめる新しい海のレジャーとして人気のパドルサーフィン。今年の夏はやっ …

チリでM8.3の地震が発生!現地からの画像・動画まとめ

チリの首都・サンチアゴの北西沿岸部でM8.3の地震が発生しました。 この地震によ …

【動画】地上で生活している魚がオーストラリアで目撃される!

オーストラリア北部で地上で生活をしている魚が発見されるというニュースが入ってきま …

【おそロシア】ロシアで流行っている遊びがとんでもなく怖い!

高いところが苦手な人は見ないほうがいいかも。 ロシアの若者の間で「素手で高いとこ …

子供部屋に宇宙船を作ったら子供じゃなくても入ってみたくなる仕上がりに
子供部屋に宇宙船を作ったら子供じゃなくても入ってみたくなる仕上がりに

撮影者:Jeff Highsmith いいなこれー。大人もずっと遊んじゃいそう。 …

ソーセージとハンバーガーが死亡率を高める

国際調査によると、ソーセージとハンバーガーが年間4,000人以上のブリットを殺し …

閉じる