マインドコントロールされたロボット外骨格で麻痺した人が再び歩き出す

 - 海外ニュース, 驚き , ,

 

あわせて読みたい

マインドコントロールされたロボット外骨格は、フランスの障害者が再び歩くのを助けるために使用されています。

この驚くべき創造物は、2015年に四肢麻痺になった30歳のティボーの脳信号を読み取り、それらを運動に変換します。

ナイトクラブでの事故で15メートルの転倒を経験したティボー氏は、スーツの最初の一歩を踏み出すことは「月の最初の男」のように感じたと語りました。

制御された4本足のロボットシステムは、バランスを保つために天井に取り付けられたハーネスを使用して腕を動かし、歩くのを助けました。

全身外骨格は、Clinatecとグルノーブル大学による2年間の試験の一部であり、脳信号を記録およびデコードすることにより操作されます。

トライアルの一環として、ティボー氏は、運動を制御する部分を覆う2つのインプラントを脳の表面に配置する手術を受けました。

各インプラントの64個の電極が脳の活動を読み取り、指示をコンピューターに送信します。

次に、ソフトウェアは脳波を読み取り、それらを外骨格を制御する命令に変換します。

それは月面で最初の男のようでした。

私は2年間歩きませんでした外の骨格をうまく使った後、彼は言いいました。

技術的な問題により、アルゴリズムと通信する脳インプラントが妨げられたため、研究に募集した以前の患者ではうまくいきませんでした。

グルノーブル大学のAlim-Louis Benabid教授は、使用されている外骨格は、4本の四肢すべてを活性化する長期使用向けに設計された最初の半侵襲ワイヤレス脳コンピュータシステムであると述べました。

「以前の脳コンピュータの研究では、脳の最外膜の下に埋め込まれたより侵襲的な記録装置を使用していたが、最終的には機能しなくなる」と彼は医学雑誌The Lancetに語っています。

参照元:Metro








 関連記事

【プロの犯行】スナック菓子などを使ったプレート料理がすごすぎる
【これがプロの犯行か…】 一流シェフの手にかかればスナック菓子も芸術的な一皿になる

撮影者:Chef Jacques LaMerde   いつも食べてるお …

【悲報】金正恩は痩せるとイケメンらしいことが判明

ぽっちゃり体型と奇抜な髪型が特徴的な北朝鮮の指導者・金正恩ですが、彼の痩せた姿の …

瓶詰めにされたタコの運命や如何に・・・!この後すぐ!
瓶詰めにされたタコの運命や如何に・・・!この後すぐ!

水中界のフーディーニや・・・ 今回の動画で登場してるのはマダコさん。 墨を吐くの …

なにこれグロい!でもうめえええええええ!食べられる奇妙な生き物たち

ネットで人気の変な生き物たちの中には食べられる生き物も多いんです。 決して食べよ …

アメリカ縦断を目指していたヒッチハイクロボット、何者かに破壊されて断念

アメリカでの旅を初めてから2週間で、ヒッチハイクロボットの旅は終わってしまいまし …

自殺しようとしている女性に訪れた斜め上な救出劇この後すぐ!

こういう救出劇もありなのか。   建物の10階から自殺しようとしてる女 …

火炎放射器と消防ホースのガチンコ対決は2回戦だった! 果たしてどちらが勝ったのか

  火炎放射器と消防ホースが戦ったら、一体どうなるんだろうという素朴な …

【悲報】「世界一危険な道」が改修されて安全になる。世界一は中国に譲ることに

「世界一危険な道」と呼ばれていたスペインの断崖絶壁の遊歩道が改修工事されて開通し …

スプレーで顔を真っ黒にし、車を盗もうとしたら→見事に逮捕される
スプレーで顔を真っ黒にし、車を盗もうとしたら→見事に逮捕される

撮影者:Madera Police Dept   なぜこれでバレないん …

体が崩れ落ち、遺体は光り続けた…ラジウムガールズの悲劇

1898年、マリ・キュリーと夫のピエールが発見したラジウム元素。日本ではキュリー …

閉じる