マインドコントロールされたロボット外骨格で麻痺した人が再び歩き出す

 - 海外ニュース, 驚き , ,

 

あわせて読みたい

マインドコントロールされたロボット外骨格は、フランスの障害者が再び歩くのを助けるために使用されています。

この驚くべき創造物は、2015年に四肢麻痺になった30歳のティボーの脳信号を読み取り、それらを運動に変換します。

ナイトクラブでの事故で15メートルの転倒を経験したティボー氏は、スーツの最初の一歩を踏み出すことは「月の最初の男」のように感じたと語りました。

制御された4本足のロボットシステムは、バランスを保つために天井に取り付けられたハーネスを使用して腕を動かし、歩くのを助けました。

全身外骨格は、Clinatecとグルノーブル大学による2年間の試験の一部であり、脳信号を記録およびデコードすることにより操作されます。

トライアルの一環として、ティボー氏は、運動を制御する部分を覆う2つのインプラントを脳の表面に配置する手術を受けました。

各インプラントの64個の電極が脳の活動を読み取り、指示をコンピューターに送信します。

次に、ソフトウェアは脳波を読み取り、それらを外骨格を制御する命令に変換します。

それは月面で最初の男のようでした。

私は2年間歩きませんでした外の骨格をうまく使った後、彼は言いいました。

技術的な問題により、アルゴリズムと通信する脳インプラントが妨げられたため、研究に募集した以前の患者ではうまくいきませんでした。

グルノーブル大学のAlim-Louis Benabid教授は、使用されている外骨格は、4本の四肢すべてを活性化する長期使用向けに設計された最初の半侵襲ワイヤレス脳コンピュータシステムであると述べました。

「以前の脳コンピュータの研究では、脳の最外膜の下に埋め込まれたより侵襲的な記録装置を使用していたが、最終的には機能しなくなる」と彼は医学雑誌The Lancetに語っています。

参照元:Metro








 関連記事

あなたも偽装ステーキを食べてるかも?お肉の達人がクズ肉からステーキを作る方法を暴露

日本でも大きく報じられることのある食品偽装問題ですが、芝海老かバナメイエビかの問 …

ダイナマイト漁で両手を失った男性が自ら鉄くずから義手を作る
ダイナマイト漁で両手を失った男性が自分で作った義手がかっこいい

ないなら作ってしまおう。 そうしたほうが自分にぴったりなものを探す必要もなく、手 …

【飲みすぎ注意】カクテルのイエガーボムを飲みまくった女性、心臓発作で九死に一生を得る
【飲みすぎ注意】カクテルのイエガーボムを飲みまくった女性、3度の心臓発作が起き九死に一生を得る

撮影者:RyAwesome イエガーボムを飲みまくった女性がその後、3度の心臓発 …

大異変の前触れか!? フロリダで壮大な彩雲が出現!

写真:National News and Picture   フロリダ …

国際まくら投げ祭りがなにこれめっちゃ楽しそうで参加したい
国際まくら投げ祭りがなにこれめっちゃ楽しそうで参加したい

撮影:Marius Tudor   そんな世界的なお祭りがあったのか! …

火炎放射器と消防ホースのガチンコ対決は2回戦だった! 果たしてどちらが勝ったのか

  火炎放射器と消防ホースが戦ったら、一体どうなるんだろうという素朴な …

ポーランドで半魚人が捕獲される!? 「マーマン」実在の証拠か

信じられない映像に世界が驚いています。 ポーランドで撮影されたという短い動画には …

Jasmine Tridevil
ある女性の散歩風景が色々可笑しいとインターネット上で話題に

えっ何これ?えっ? 突っ込みどころが多すぎてどこから突っ込めば良いのかわからなす …

ブラジルのおっさんが水1リットルで500km走るバイクを開発

水を燃料に走るバイクを乗り回しているおじさんが話題を呼んでいます。これが本当なら …

中国で高速道路が大渋滞。しびれを切らした人々が車を降り…ダンスバトルを始めた!

中国のこういう訳のわからないノリ大好き。 22日、中国・雲南省の高速道路で交通事 …

閉じる