マインドコントロールされたロボット外骨格で麻痺した人が再び歩き出す

 - 海外ニュース, 驚き , ,

 

あわせて読みたい

マインドコントロールされたロボット外骨格は、フランスの障害者が再び歩くのを助けるために使用されています。

この驚くべき創造物は、2015年に四肢麻痺になった30歳のティボーの脳信号を読み取り、それらを運動に変換します。

ナイトクラブでの事故で15メートルの転倒を経験したティボー氏は、スーツの最初の一歩を踏み出すことは「月の最初の男」のように感じたと語りました。

制御された4本足のロボットシステムは、バランスを保つために天井に取り付けられたハーネスを使用して腕を動かし、歩くのを助けました。

全身外骨格は、Clinatecとグルノーブル大学による2年間の試験の一部であり、脳信号を記録およびデコードすることにより操作されます。

トライアルの一環として、ティボー氏は、運動を制御する部分を覆う2つのインプラントを脳の表面に配置する手術を受けました。

各インプラントの64個の電極が脳の活動を読み取り、指示をコンピューターに送信します。

次に、ソフトウェアは脳波を読み取り、それらを外骨格を制御する命令に変換します。

それは月面で最初の男のようでした。

私は2年間歩きませんでした外の骨格をうまく使った後、彼は言いいました。

技術的な問題により、アルゴリズムと通信する脳インプラントが妨げられたため、研究に募集した以前の患者ではうまくいきませんでした。

グルノーブル大学のAlim-Louis Benabid教授は、使用されている外骨格は、4本の四肢すべてを活性化する長期使用向けに設計された最初の半侵襲ワイヤレス脳コンピュータシステムであると述べました。

「以前の脳コンピュータの研究では、脳の最外膜の下に埋め込まれたより侵襲的な記録装置を使用していたが、最終的には機能しなくなる」と彼は医学雑誌The Lancetに語っています。

参照元:Metro








 関連記事

トイレの床下が2000年前の古代ローマに繋がっていた! 下水管の工事で遺跡を発見

イタリアンレストランのトイレの床下は、2000年前とつながっていました。ルシアン …

リアルマインクラフト!手ぶらでジャングルに家を作る男性がすさまじい

我々オカルティストたちは度重なる終末予言に常に脅かされているために、サバイバル技 …

インドの猛烈な熱波がアスファルトを溶かす。死者が900人超え

連日50℃近い猛烈な熱波に襲われているインドで、死者が900人を超えました。 最 …

【野球】アリなんだこれ。ボールが入ったグローブを1塁に投げる→見事アウトに!

試合って何が起こるか分からないから観ていて楽しいですね。   4月19 …

体が崩れ落ち、遺体は光り続けた…ラジウムガールズの悲劇

1898年、マリ・キュリーと夫のピエールが発見したラジウム元素。日本ではキュリー …

これは偶然か?必然か?地すべりからイエスキリストの顔が現れる!!

撮影者:MAMJODH   イエスキリストはいつでもあなたの近くにいま …

一体どうなっているの?ありえない角度で積み上げられた石が出現

写真:Mikael Buck   マン島TTレースで知られる小さな島マ …

NASAが密閉した空間から推力を取り出す新型エンジンの実験に成功! UFO技術の可能性も!

NASAが開発したEM Driveエンジンが、真空中でも推力を得られることが確認 …

インドの離島 北センチネル島 上陸しようとする者を攻撃

インドの海岸沖に位置するノースセンチル島は、ベンガル湾に位置しています。 それは …

トビリシの洪水で動物園の猛獣が街中に脱走中。現地の写真まとめ

ジョージア(旧グルジア)の首都トビリシで、14日の深夜に大規模な洪水が発生し、動 …

閉じる