未解決事件 長岡京わらび採り殺人事件

 - 怖い, 怖い話, 怪奇現象 , ,

 

あわせて読みたい

日本には未解決の殺人事件が数多くあり、Wikipediaにも多く掲載されています。その中でも恐ろしい事件とされている、長岡京わらび採り殺人事件をご紹介します。

事件概要

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーマーケットでパートをしていた主婦2人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された。

直接の死因は主婦A(当時43歳)が絞殺、主婦B(当時32歳)が刺殺。2人のリュックには、それぞれ空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであった。検死の結果、死亡時刻はどちらも正午過ぎから午後2時半頃までと判明。

事件詳細

どちらも金を奪われた形跡はなかったが、主婦Aの衣服のポケットから、
「 オワレている たすけて下さい この男の人わるい人 」

と鉛筆で走り書きをした、勤務先のスーパーのレシート(日付は事件当日より2日前)が発見されたが、どちらの荷物にも衣服のポケットにもこの鉛筆がなかった。後日の捜索で、殺害現場から少し離れたところで芯の先端だけが見つかっているが、鉛筆そのものは見つからなかった。

主婦Aは全身30箇所以上も殴打され、肋骨が折れて、肝臓が破裂しており、体内からは犯人のものと思われる体液が検出された。主婦Bは全身50箇所以上も殴打され、包丁が体に突き刺さったままだった。なお警視庁の鑑定結果によると、犯人の血液型はO型と判明している。

犯行現場は、殺された主婦たちのように、ピクニックがてら山菜採りに地元の人が訪れているようなところだったが、犯行発生前から木や竹が生い茂り、昼間でも薄暗いところが多く、レイプ事件も発生していた。遺留品は主婦Bの遺体に突き刺さっていた包丁1本のみで指紋は検出されず、販売ルートも解明されずじまいだった。そして、有力な手がかりも得られないまま、1994年5月24日に公訴時効が成立した。

容疑者

長岡京市内に住む少年Aが、犯行時間内に駆け足で下山するところを目撃されており重要参考人となるも、実際には犯行当日は一日中別の場所にいたことが判明した。彼が空手を習っていて、よく山にサイクリングにきていることを知っている人物からの目撃情報だった。
主婦たちが殺害される1週間前に、入山していた主婦に声をかけた中年男性がおり、似顔絵を製作したが身元判明できず。
地元の不良グループに属する2名の建設作業員を重要参考人として任意で事情聴取を行った。2人が昼過ぎに現場付近にいた目撃情報があり、事件翌日から仕事に精を出すなど不審な点があった。また、1人は空手の経験があった。

参照元:Wikipedia








 関連記事

【閲覧注意】色んな意味で恐ろしいスズメバチの巣が見つかる

なにかの呪い? 海外の掲示板に投稿されたこの画像が物議を醸しています。 スズメバ …

心霊スポットに行ったリア充男性の身体に異変が起こったと話題に

さんざん拡散されているネタですが、おに怖的には乗っておかなくてはいけない気がする …

死神か?老人ホームで謎の黒い塊が撮影される。

写真:imgur   老人ホーム内で撮影された写真に謎の黒い塊が写りこ …

【悲報】「世界一危険な道」が改修されて安全になる。世界一は中国に譲ることに

「世界一危険な道」と呼ばれていたスペインの断崖絶壁の遊歩道が改修工事されて開通し …

【ヨハネスの日常】”世界一治安の悪い都市”ヨハネスブルグで生放送中のレポーターが強盗に遭う

日本のネット上では「世界一治安の悪い都市」「世紀末都市ヨハネス」として有名な南ア …

体が崩れ落ち、遺体は光り続けた…ラジウムガールズの悲劇

1898年、マリ・キュリーと夫のピエールが発見したラジウム元素。日本ではキュリー …

子ども医者に子ども軍人、ポルポトが創ろうとした狂気の世界

歴史上の残忍な大虐殺といえば、ナチスドイツがユダヤ人に行ったホロコーストを思い浮 …

超常現象に悩む家族。原因はウィジャボードで悪魔を呼んでしまったため!?

写真:WALES NEWS SERVICE   オーストラリア、ニュー …

【怖すぎて見れない人多発】なんなのこれ・・・食品置き場のドアが勝手に開いたと思ったら・・・

もう既に何か出てきそうな雰囲気が・・・   怖すぎて見れない人多発した …

ゴーストハンターがポルターガイスト現象の撮影に成功!

ゴーストハンターがポルターガイスト現象の撮影に成功しました。   &n …

閉じる