発見されたマレーシア航空370便の翼は別の機体のもの? 翼にまつわる謎まとめ

 - 恐ろしい, 海外ニュース, 都市伝説 , , , ,

 

あわせて読みたい

インド洋のレユニオン島で見つかったマレーシア航空370便(以下MH370)の翼の破片ですが、いまだ同航空機のものだと特定できていません。
ボーイング777の翼の一部であることは確かなのですが、それがMH370であることを確定できないのです。しかしこの海域に落ちたボーイング777の機体はMH370しかありえません。では一体何の翼なのでしょうか。

うーんなんだか陰謀の香りがしてきたぞ。

翼に付けられたIDプレートが無い

inboard-end当初この翼がMH370のものであることは明らかで、1週間もかからずに特定できると予想されていました。それは翼のフラッペロンの内側には機体固有のシリアルナンバーを刻んだプレートが付いているからです。ナンバーを見ればどの機体の翼なのか一目瞭然というわけですね。

しかし、この翼に付いているはずのプレートは欠落してしまっていました。そのため検証作業は困難となり、翼の製造元であるメキシコの会社が確認をしてもわからないという状況になってしまいました。

MH370の整備日誌とも食い違う

Top-of-flaperon-300x200航空機は通常、なんらかの修正があれば整備記録に記します。

この翼には、詳細に記録されていたMH370の整備日誌と食い違う点があることをニューヨーク・タイムズが8月に報じています。

翼の全体に付いたフジツボの謎

41438352930_freesize-300x178Outboard-endさらに不思議なのが、翼全体にフジツボが付いていることです。

海を漂流していたのならフジツボが付いていてもおかしくはありません。しかし通常フジツボは海中に浸った部分にだけ付着するので、海面から浮いている部分には付着しません。

翼の全体にフジツボが付いているということは、この翼は全体が海中に沈んでいたということを意味します。沈んでいたものがどうしてレユニオン島に流れ着くのでしょうか

流れ着くには翼のどこかが浮いて海面から出ていたはずなのですが、その状態が見当もつかないのです。

現在フランスで行われている検証作業では、翼がどのように浮いていたのかの再現実験を行っていますが、この謎を解く結果が得られていません。

藻類が付いていない

article-2161405-13AC92FE000005DC-310_964x558これは東日本大震災で津波にさらわれ、アメリカ西海岸で発見された小舟の写真です。ビッシリと付いたフジツボの上に、緑の藻類が付着しています。

通常の漂流物はこのようにフジツボとの浮上している部分の間に藻類の中間層が存在しています。

浮いていても波がかかる部分は常に湿っていて、さらに日光が降り注ぐために藻類が発生するんですね。

しかしこの翼にはそうした中間層は存在していません。これもまた翼が完全に水没した状態だったことを裏付けています。

しかしボーイング777の翼であることは確実

13188709924_41231fb55e_o_d

©Zennie Abraham



この翼がボーイング777の機体の一部であることはボーイング社が確認しています。

そして、この海域に落ちたボーイング777はMH370しかないのです。

しかし、翼はMH370のものでない可能性がある。

もう何がなんだかわからないよ。

翼はすり替えられたもの?

これらの状況証拠は、レユニオン島に打ち上げられた翼は、何者かによる偽装工作かもしれないということを示唆しています。しかし誰が、なんのために?

ここから発展する陰謀論は無数のものになるでしょう。

なんにせよ、航空史上最大のミステリー案件となりそうです。

 

参照:jeffwise.net








 関連記事

戦慄の「ダークツーリズム」大量虐殺や自然災害のあった場所が観光地化する現象とは

パリを拠点に活動しているAmbroise Tezenasさんは世界中の大量虐殺や …

道路の穴が補修されない!→巨大なワニを置いてみた

  これは素敵な解決法。 インドのバンガロールで、水道管の破損によって …

ゴルゴ13の予言!ゴルゴ13が現実の出来事を予見したエピソードベスト5

言わずと知れた日本屈指の長期連載マンガであり、今も多くのファンを魅了してやまない …

アイルランドの少女がSnapchatで心霊写真を共有する事案が発生!霊がマンションに住み着いている

アイルランドに住む14歳の少女が自室で撮った写真に幽霊が映り込んでいたと海外メデ …

この微笑ましい家族写真は予想の斜め上な恐ろしさを秘めています

微笑ましい家族の夏の1日のはずでした。しかしこの写真が後日、この家族を恐怖のどん …

【まとめ】あまり知られていない残忍なシリアルキラー10人

切り裂きジャック、テッド・バンディ、ジェフリー・ダーマー、エド・ゲイン…今までた …

どうかしてるぜ!中国の釣り堀に巨大魚が放流されていた模様

ライブリークに投稿された動画で、また中国の無茶苦茶な一面が垣間見えました。撮影さ …

【閲覧注意】ひどい咳に悩まされていた男性、肺からカゲロウの幼虫が出てくる

原因不明のひどい咳に悩まされていたフィル・リンドンさんは、咳とともに吐き出したも …

【この手があったか】ロシアの自撮り棒が斜め上でかっこいい

ごく一般的なセルフィーに見えるこの写真。 ロシアが産んだ最新の自撮り棒を使ってい …

川底でお茶会を楽しむスケルトンが発見される! 調査の結果…

5月4日、コロラド川に潜っていたダイバーが川底に沈む骸骨を発見し、通報する騒ぎが …

閉じる