「世界の終わり」に備える人々・・・preppersが急増中!? 黙示録の世界のサバイバル

 - 海外ニュース, 驚き , , , ,

 

あわせて読みたい
Top-10-Prepper-Supplies想像してみよう。何らかの原因で世界が破滅を迎えた日のことを。   現代社会は高度なテクノロジーに完全に依存しています。 例えばインターネットが突如として使えなくなった場合、銀行システムが使えなくなり、通貨経済が崩壊するでしょう。その時は保険など何の意味も持ちません。 高度なテクノロジーに依存しているからこそ、我々の社会は非常に脆弱になっているのかもしれません。 核戦争、津波や噴火、小惑星の衝突、パンデミックなど、人類が滅亡に瀕する事態は意外とあっさりとやって来るかもしれません。   そんな黙示録的な状況に備えるべく、欧米で「preppers」なるムーブメントが流行しています。彼らは広大な地下コミュニティに所属しており、ATMが停止した後の世界は彼らが支配するものになるでしょう。 彼らは過度にテクノロジーに頼る生き方をやめ、電気・ガス・水道の無い状態で生きるスキルを磨いています。
英国で最大のpreppersコミュニティサイトを運営するスティーブ・ハートさんはこう言います。 「日常の”もしも”に備えて誰だって自動車保険や生命保険に入るでしょう。これは”もしも”を少し異なる視点から捉えて準備する活動です。 もしも深刻な地震がやって来たら、津波や噴火、バイオテロ攻撃が起きたら。そのような状況を想定して備えることです」 確かにそのようなことは起こりえます。しかしめったに起こることはありません。 「prepperたちが最も恐れているのは大恐慌です。どこかの政府がヘマをして経済を暴落させたら、それは取り返しのつかないところまで急落します」  
Preppers-homepage

こちらはスティーブ・ハートさんのウェブサイト

  スティーブさんは銀行業務の高度なオンライン化と、21世紀のコミュニケーション形態を理由に「あなたの人生の99%は、テクノロジーに依存しています」とミラーオンラインに語ります。   彼はそうした「世界の終わり」が実際には来ないことを認識していますが、後悔するより安全である方がいいと言います。 準備とはすなわち、備蓄食糧を常に持っておくこと、電力供給が切れた場合に1週間ほど持続可能な自然界の力で対処するサバイバルスキルを身につけることです。 では簡単なpreppersになる方法を教えてもらいましょう。  

preppers入門ガイド・最初の3ステップ

Steve-Hart

prepperマスターのスティーブ・ハート。最悪の状況で何をするべきかを知っている男

  preppersになるには少なくとも以下の3つの準備をする必要があります。 ・少なくとも1週間分の備蓄食料を持っておく。缶詰は最高。 ・車を持つなら1980年より前に製造された車にする。昔の車は高度すぎず、緊急時に修理するのが比較的簡単なため。 ・基本的な持ち物を持つ。良い寝袋、水のろ過材、まともなナイフ。 彼はまた技術への依存を制限することをおすすめします。ポリタンクで近くの川から水を運び、ろ過してみるなどのことです。 また、季節も考慮するべきで、冬に電力やガスを使わずに家を温める方法を考えておくべきだと言います。 「家で一度、電気・ガス・水道などのライフラインを一切使わない状況を試してみて」とスティーブは言います。 「お茶を入れることにも苦労するはずです。一時間、一週間と試してみて欲しい。そして何が必要か考えるんだ。あなたの家には電力を使わずに生活する道具がありますか?」 プレッピングは現時点ではアンダーグランドな流行ですが、皮肉なことに、インターネットのおかげで数分もあれば学習したい人に届きます。 世界の終わりは角を曲がったところにはありませんが、少し準備されていても害はありません。   参照:mirror ukpreppersguide.co.uk  








 関連記事

【ちょやめ、降ろして】キツツキの背中にイタチが乗って空を飛ぶ事案が発生

以前当サイトでカエルがカブトムシの背中に乗って楽しむ様子をお伝えしましたが、それ …

サンタ
サンタは実在した!!これが彼らが働いていた街だ!!!

※ただし、廃墟だけどな。 ここはアリゾナ州にあるサンタクロースと言う実際にあった …

車がぴょんぴょん跳ねてなわとびをする動画が凄いぞ!!
すごいけど意味が分からない。車がぴょんぴょん跳ねてなわとびをする動画

物理の法則が乱れる!! こちらの車、テキサス州のギルバート・ゴンザレスさんが所有 …

着陸していたUFOに接触を試みた事件「ミシャラク事件」

写真:UFO Evidence   宇宙人やUFOを目撃したという話は …

その発想は無かった!貧乏な大学生が考えた独創的な節約ライフハック

お金の苦しい若い学生たちは創意工夫とDIYで彼らの問題を解決していきます。 今回 …

古代魚?それとも突然変異?ロシアで謎の魚が釣り上げられる!

写真:CEN   ロシア北部のアルハンゲリスク 北ドヴィナ川で地元漁師 …

祖父母の屋根裏を掃除してたら、宝の地図と人の手が発見される!

写真:youtube 家で探し物をしていたら、たまたま見つけた箱の中に宝の地図が …

プーチン大統領が2018年までにお尻のような飛行船を配備すると発表!

写真:The Siberian Times   プーチン大統領は、宇宙 …

あまり知られていない支線塔の世界。自立できないけど凄かった

実はスカイツリーより高いタワーがかつて存在していたって知ってました? バベルの塔 …

クチバシを持つ謎の巨大生物が漂着!UMAの死骸発見か

正体不明の動物の死骸がサハリン島に漂着しました。これまでもたくさんの謎の死骸が海 …

閉じる