ヤギのように生きる人間になろうとした男性、3日で断念

 - 海外ニュース , , ,

 

あわせて読みたい
Goat1

©Tim Bowditch

働けど働けど楽にならない生活。そんな人間社会の営みを回し車の中を走るネズミに例えて「ラットレース」と呼ぶことがあります。

そんなラットレースに嫌気が刺して、ヤギレースに参加した男性が現れました。彼は人間社会をドロップアウトし、ヤギ社会で生きることにして、諦めました。

 

Goat2

©Tim Bowditch

トーマス・ウェーツ氏は、スイスアルプスでヤギとなって三日間、ヤギの群れの行動を調査しながら過ごしました。

彼は四つんばいで歩き回れるために専用の特別な義手を使用し、ヤギと同じように草を食べられるようにしました。

ウェーツ氏は、人間が欲望を満たすために技術を使用する方法に興味を持つ概念デザイナーです。

彼はmirrorの取材に対してこう言いました。

「私の目的は休暇を取ることで、痛みや後悔を取り除き、将来の心配などの自意識から逃れることです」

しかし、ヤギになることは決してストレスフリーな生活ではありませんでした。

Goat3

©Tim Bowditch

「ヤギたちは素早く岩山を数キロ移動し、私は簡単に置き去りにされました。だから彼らに追い付くために1日の大半を歩くことになりました。合流できた時、そこが柔らかい草で覆われた牧草地で、本当に助かりました」

Goat4

©Tim Bowditch

彼は牧草を食べながらヤギとともに過ごしましたが、3日で断念しました。その原因は急峻な岩山にあったと言います。

「もし岩山で足を滑らせたら、(ヤギの義足をつけているため)岩に当たるまで止める手段がありません」

Goat3

©Tim Bowditch

Goat (2)

©Tim Bowditch

Goat (3)

©Tim Bowditch

Goat (1)

©Tim Bowditch

ヤギの社会は彼を受け入れてくれているように見えるのですが、続けられなかったのは残念ですね。

彼はヤギ人間として過ごした日々を書いた本を出版する予定だそうです。

 

参照:mirror








 関連記事

新しいネットの流行!? なぜか手に汗握るエクストリームフォンピンチング

SNSで注目を集めようと危険な場所や無茶な状況で自撮りする人が増えているのはすで …

2メートル越えの超巨大オヒョウがノルウェーで釣り上げられる!

写真:BNPS   「信じられない体験ができたよ。」2メートル越えのオ …

山東省でまた新たな爆発!動画とチャイナボカンまとめ

また中国で大規模な爆発が起こったようです。 天津の大爆発、山東省の爆発に続き、ま …

オレゴン州短期大学銃撃の犯人が出合い系をやっていた!判明したプロフィールは…

オレゴン州の2年生大学アンプクア・コミュニティ・カレッジで発生した銃撃事件で犯人 …

【ポルナレフ状態】アルマジロを撃ったら、義母が撃たれてしまう事件が起こる
【ポルナレフ状態】アルマジロを撃ったら、義母が撃たれてしまう事件が起こる

写真:Getty   あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 「おれ …

チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機!
チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機!

撮影者:livescience   ここのミイラはエジプトのミイラより …

暗闇でもモノを追える様に時代に!暗視点眼剤が開発されたぞ!
暗闇でもモノを追える様に時代に!暗視点眼剤が開発されたぞ!

撮影者:Gabriel Licina   暗視点眼剤って厨二病っぽい。 …

【この手があったか】ロシアの自撮り棒が斜め上でかっこいい

ごく一般的なセルフィーに見えるこの写真。 ロシアが産んだ最新の自撮り棒を使ってい …

ダイビング中に貝の中から人型の謎のクリーチャーが出現!

写真:Cryptozoology News   ダイビングで訪れた地で …

ジェット戦闘機が頭上すれすれを通り過ぎる映像が怖すぎる

滑走路を歩く人のすぐ頭上数メートルをジェット戦闘機が飛行しました。 この信じられ …

閉じる