ヤギのように生きる人間になろうとした男性、3日で断念

 - 海外ニュース , , ,

 

あわせて読みたい
Goat1

©Tim Bowditch

働けど働けど楽にならない生活。そんな人間社会の営みを回し車の中を走るネズミに例えて「ラットレース」と呼ぶことがあります。

そんなラットレースに嫌気が刺して、ヤギレースに参加した男性が現れました。彼は人間社会をドロップアウトし、ヤギ社会で生きることにして、諦めました。

 

Goat2

©Tim Bowditch

トーマス・ウェーツ氏は、スイスアルプスでヤギとなって三日間、ヤギの群れの行動を調査しながら過ごしました。

彼は四つんばいで歩き回れるために専用の特別な義手を使用し、ヤギと同じように草を食べられるようにしました。

ウェーツ氏は、人間が欲望を満たすために技術を使用する方法に興味を持つ概念デザイナーです。

彼はmirrorの取材に対してこう言いました。

「私の目的は休暇を取ることで、痛みや後悔を取り除き、将来の心配などの自意識から逃れることです」

しかし、ヤギになることは決してストレスフリーな生活ではありませんでした。

Goat3

©Tim Bowditch

「ヤギたちは素早く岩山を数キロ移動し、私は簡単に置き去りにされました。だから彼らに追い付くために1日の大半を歩くことになりました。合流できた時、そこが柔らかい草で覆われた牧草地で、本当に助かりました」

Goat4

©Tim Bowditch

彼は牧草を食べながらヤギとともに過ごしましたが、3日で断念しました。その原因は急峻な岩山にあったと言います。

「もし岩山で足を滑らせたら、(ヤギの義足をつけているため)岩に当たるまで止める手段がありません」

Goat3

©Tim Bowditch

Goat (2)

©Tim Bowditch

Goat (3)

©Tim Bowditch

Goat (1)

©Tim Bowditch

ヤギの社会は彼を受け入れてくれているように見えるのですが、続けられなかったのは残念ですね。

彼はヤギ人間として過ごした日々を書いた本を出版する予定だそうです。

 

参照:mirror








 関連記事

アカデミー賞で惜しくも受賞を逃した人にレゴのオスカー像が配られる!
アカデミー賞で惜しくも受賞を逃した候補者にレゴのオスカー像が配られる!

撮影者:ロイター コラではないんです。 先日開催されたアカデミー賞で、惜しくも受 …

スイスのアルプスに全長381メートルの高級ホテルタワーが建設される計画が!

撮影者:Morphosis Architects   行ってみたいけど …

飛行機に遠距離恋愛する女性

Michele Kobkeはシャッツという名前の飛行機と恋をしています。 シャッ …

自宅を壁ドンしたら、地下から5000年前の超巨大都市が現れる!!

撮影者:Alamy   嘘みたいな本当の話。   1963年 …

不気味に蠢く『フランケンシュタインの肉』が海外で話題。その正体がおぞましさ満点

メシマズ注意。食事中の方は見ない方がいい話題です。 フランケンシュタインの肉?ロ …

それ以上いけにゃい!赤ちゃんがオーブンを使うのを止めるネコが現れる
それ以上いけにゃい!赤ちゃんがオーブンを使うのを止めるネコが現れる

  家の至る所に、赤ちゃんの好奇心を奪ってしまうものと危険なものが溢れ …

車の中がゴミだらけだったための交通事故

首相としてテレサ・メイに代わる現在のフロントランナーであるボリス・ジョンソンが所 …

【速報】北京近くの発電所がぽぽぽぽーん!ほんとに火力?と疑問の声

北京近くの華能発電所で爆発が起きたようです。 現場ではキノコ雲が見られ、2名が死 …

【動画あり】マンホールに爆竹を落とした中国のいたずらっこ、マンホールの蓋ごと吹っ飛ぶ

中国・河南省の団地で遊んでいた男児が、いたずらでマンホールの中に火の着いた爆竹を …

トイレの床下が2000年前の古代ローマに繋がっていた! 下水管の工事で遺跡を発見

イタリアンレストランのトイレの床下は、2000年前とつながっていました。ルシアン …

閉じる