人間の臓器を3Dプリント技術で作り出す

 - ふしぎ, 驚き , , ,

 

あわせて読みたい

ドイツの研究者たちは、移植のために腎臓のような立体的な体の部分を印刷する道を開くことができる新しい技術を使って透明な人間の臓器を作りました。

ミュンヘンのLudwig Maximilians大学のAli Erturk率いる科学者たちは、溶媒を使って脳や腎臓などの臓器を透明にする技術を開発しました。その後、臓器を顕微鏡のレーザーでスキャンすることで、研究者は血管とその特定の場所にあるすべての細胞を含む構造全体を捉えることができます。

この青写真を使って、研究者は器官の足場をプリントアウトします。彼らはそれから3Dプリンターに「インク」として機能し、器官を機能させる正しい位置に注入される幹細胞をロードします。3D印刷はすでに産業用のスペアパーツを製造するために広く使用されていますが、Erturk氏は開発が医療分野における3D印刷の一歩前進を示すと述べました。

3Dプリントされた臓器は、コンピュータ断層撮影やMRI装置からの画像を基にしていたため、今まで詳細な細胞構造を欠いていたと彼はいっています。「私たちはすべての細胞が透明な人間の臓器のどこに位置しているかを見ることができます。そして実際に機能的な臓器を作るために3Dバイオプリンティング技術を使って実際に同じことができます。それゆえ、私たちは今や本物の人間の臓器に初めて近づくと私は信じています」。

Erturkのチームは、今後2 – 3年かけてバイオプリント膵臓を作ることから始め、5 – 6年以内に腎臓を発達させることを望んでいます。「まず、動物がバイオプリンテッド器官で生き残ることができ、5 – 10年以内に臨床試験を開始できるかどうかを確かめるためにテストするであろう」と彼は言いました。

参照元:Mirror








 関連記事

1100年前の仏像をCTスキャンしたらミイラ化した高僧が中に!!

撮影者:Drents Museum 仏像の中に人が入っているなんて誰も思っていな …

本当に命の危険がある?世界最大のオカルト博物館がガチすぎる件

米国コネチカット州には、世界最大のオカルト博物館があります。そこでは夜な夜な奇妙 …

女性も羨ましすぎて気絶するレベルの長すぎるまつ毛を持つおっさんが現れる
まつ毛が長くなる食べ物を発見したおじさん。自分で試してひと儲けを企む

撮影者:CEN ある食べ物を食べた後、驚くほどまつ毛が成長してしまった男性がギネ …

電波塔に登った状態でピザのデリバリーをしたら→ちゃんと届いた

撮影者:Kent Productions   いつだってどんな所に居よ …

新しい発見は水の中にある。水に沈んだ5つの都市遺跡

アトランティスやムー大陸、聖書に記され、世界各地で言い伝えられている洪水伝説。水 …

東京大空襲から今年で70年。今と当時の東京の写真を見比べてみた。

撮影者:AP通信 1945年3月10日に死者数を10万人以上を出し、被災者は10 …

でっか!全長6.4メートル、重さ59キロの超巨大アナゴがイギリスで捕獲される!

  イギリス最大級のアナゴが捕獲されました。 全長6.4メートル、重さ …

【天才かよ】銃を撃ちながらカリカリのベーコンを作る方法が紹介されているぞ!
【天才かよ】銃を撃ちながらカリカリのベーコンを作る方法が紹介されているぞ!

撮影者:cookbookman17 いつだってどんなときでもカリッカリのベーコン …

【歩いてみたい】氷が透明すぎる湖を歩いたらまるで宙に浮いているみたいだと話題に
【歩いてみたい】氷が透明すぎる湖を歩いたらまるで宙に浮いているみたい

何これすごい!歩いてみたい!! まるで宙に浮いてるみたい! スロバキアにあるハイ …

現実がヤバイ。常識を飛び越えてくる錯視写真まとめ

どーなってんの?って一瞬目を疑っちゃう不思議な画像をご紹介します。 バッタ怪獣が …

閉じる