異常なドーピングで完全に戸愚呂弟になってしまったマッチョマンが凄い

 - 驚き , , , ,

 

あわせて読みたい
Romario-Dos-Santos-Alves_max1024x768-compressor

写真:Telestar

ハルクのモデルは俺だ!と語る筋骨隆々なこのマッチョマンは、ブラジルに住む25歳のアマチュアボディービルダーのロマリオドス·サントス·アルベスさん。バイクも片手で軽々と持ち上げてしまいます。この上腕二頭筋の太さは63.5センチだとか。 トンデモニュースばかりを報じているイギリスのバークレストTVが報じました。   「子供たちが私の所に来るとハルクだ!と言われ、一緒に写真を撮ることもあるよ。ハルクは私の体をモデルにしているに違いない。」とロマリオドスさんは語ります。 彼はどうやってこんな体を手に入れたのでしょうか?

シンソールを3年間打ち続けたらこうなってしまった。

写真:Telestar

  ロマリオドスさんはシンソールと呼ばれる合成油脂を3年にわたって筋肉に打ち続けた結果、ハルクのような体を手に入れました。 このシンソールという薬物は一部のボディービルダーからは邪道として扱われ、忌み嫌われています。 高い効果を持つ代わりに強い副作用があり、使用すると肺塞栓、神経損傷、感染症、脳卒中のリスクを負います。限界量を守らずシンソールを注入したら、注入部分が破裂することもある危険な薬物です。   彼は普通の注射針ではシンソールが浸透しないため、牛に使用される注射針を使うほどの異常な中毒者でした。禁断の薬物の過剰な接種を行った結果、異常に発達した筋肉を手に入れました。 その代わりに彼は深刻な健康問題に直面してしまいます。  

生きるために腕を切断する必要もあった。

alves-compressor

写真:youtube

  左はシンソールを打つ前。右はシンソールを3年打った結果。 3年でこんなにも人は変わってしまうのですね。   シンソール中毒者となってしまったロマリオドスさんですが、ある日、生きるためには腕を切断する必要があると医師に言われてしまいます。 異常なシンソールの接種法を行った結果、彼の上腕二頭筋の筋肉は壊死しかけていました。 一時は腕の切断もやむなしという状況でしたが、幸い腕の中でできてしまった石の除去をする手術で済みました。   プロのボディービルダーを目指しているロマリオドスさんですが、現在ではシンソールを打ったことを後悔しているようです。 もうシンソールを打たないと誓った彼ですが、もしシンソールを使用したら同じ過ちを繰り返してしまいそうだとバークロフトTVに語っています。   参照元:Mashable








 関連記事

自殺しようとしている女性に訪れた斜め上な救出劇この後すぐ!

こういう救出劇もありなのか。   建物の10階から自殺しようとしてる女 …

着陸していたUFOに接触を試みた事件「ミシャラク事件」

写真:UFO Evidence   宇宙人やUFOを目撃したという話は …

本当に命の危険がある?世界最大のオカルト博物館がガチすぎる件

米国コネチカット州には、世界最大のオカルト博物館があります。そこでは夜な夜な奇妙 …

積み過ぎィ!なんでも運べるベトナム人のバイク技術が凄すぎる画像まとめ

ベトナムの街ではバイクが庶民の足として活躍しており、ベトナム国内の車両の90%が …

インドの電線がカオスすぎる!危険な違法電線が電柱を埋め尽くしている

世界第二位の人口を抱え、目覚ましい発展を続けるインド。 急速な発展の一方で、まだ …

なにこれグロい!でもうめえええええええ!食べられる奇妙な生き物たち

ネットで人気の変な生き物たちの中には食べられる生き物も多いんです。 決して食べよ …

自撮り棒はもう古い!これからはドローンで自撮りをする時代に!!
自撮り棒はもう古い!これからはドローンで自撮りをする時代に!!

時代はもう ドローン+セルフィー=ドローニー の時代に。 ドローニーの発案者、ア …

一体どうなっているの?ありえない角度で積み上げられた石が出現

写真:Mikael Buck   マン島TTレースで知られる小さな島マ …

【突撃】迷子になった飼い猫が雪の中から現れる動画がまるで特殊部隊【エクストリーム入場】
【突撃】迷子になった飼い猫が雪の中から現れる動画がまるで特殊部隊【エクストリーム入場】

雪の中迷子になってしまった飼い猫が、家に入る動画がエクストリーム過ぎると話題にな …

再現度高すぎぃ…歴史的なあの場面をミニチュアで完全再現!やっぱり捏造?の声が上がる

撮影:Jojakim Cortis and Adrian Sonderegger …

閉じる