サイをタクシー代わりに使う野生のネコが発見される!

 - ふしぎ, 動物 , , ,

 

あわせて読みたい
アフリカに生息するジャコウネコ科の生き物、ジェネットがサイに乗って移動している姿が撮影されました。 このジェネットは以前は同じ場所で水牛に乗っているところが発見されており、今回は二度目。 きっとこの森では彼女(?)を背中に乗せて歩くことがとても名誉なことなのでしょう。
1411139341193_wps_12_PIC_BY_WILDLIFE_ACT_CATER

©WildlifeACT/CATERS NEWS

巨大なシロサイにちょこんと乗っているのがジェネット。 ジャコウネコの仲間でアフリカとヨーロッパに広く生息しているネコとタヌキの中間のような生き物です。ネコ目の中では起源が古く原始的な特徴を保っている生き物と言われています。 とても賢いので、シロサイの背中の上は安全ということを知っているのでしょう。
1411140714416_wps_13_PIC_BY_WILDLIFE_ACT_CATER

©WildlifeACT/CATERS NEWS

この映像は絶滅危惧種を監視するための監視カメラで撮影されました。 しかも、これが初めてではなく、このジェネットは一度水牛に乗っているところが撮影されています。
1411140843782_wps_18_PIC_BY_WILDLIFE_ACT_CATER

©WildlifeACT/CATERS NEWS

1411140856996_wps_20_PIC_BY_WILDLIFE_ACT_CATER

©WildlifeACT/CATERS NEWS

水牛もまた大きな身体で強い生き物。牛の方も心なしか誇らしげに見えます。 野生動物保護団体ワイルドライフ・アクトでは、このクールなイタズラジェネットに「ジェネット・ジャクソン」という愛称を付け、Twitterアカウントを開設しています。 そのお陰か今やちょっとしたスター動物となっています。

©WildlifeACT/CATERS NEWS

ジェネットをめぐり(?)サイと水牛が対立。ジェネットはすぐさま水牛の側に付きました。ちょっとした出来心だったみたいです。   参照:dailymail  








 関連記事

1100年前の仏像をCTスキャンしたらミイラ化した高僧が中に!!

撮影者:Drents Museum 仏像の中に人が入っているなんて誰も思っていな …

【重力仕事して!】重力を無視した紅茶の入れ方をするおっさんが現れる
【重力仕事して!】重力を無視した神業めいた紅茶の入れ方をするおっさんが現れる

撮影者:resakse 淹れているのはテータリックと呼ばれる、甘いミルクティーで …

送風機xブルドッグでプレデターみたいな新しいクリーチャーが誕生してしまったぞ!!
送風機xブルドッグでプレデターみたいな新しいモンスターが誕生してしまったぞ!!

撮影者:Sebastian Bulldog   ブルドッグの顔のあの余 …

幾度もの地震に耐えたカリフォルニアのバランスロックの謎が解明!

カリフォルニア州、サンアンドレアスとサンジャシントの近くにある、積み重ねられた岩 …

休みに1度は訪れたい!動物とたわむれることができる観光地15箇所
旅行中に1度は訪れたい!動物とたわむれることができる観光地15箇所

撮影者:takaaki nishioka 目的地、宿泊するホテル、飛行機代などな …

まるで兄妹!?4.6メートルのパイソンと仲良しな2歳の女の子

写真:Mercury   この女の子はパイソンに食べられようとしている …

アラスカ湾でクジラの謎の死が相次ぐ。5月以降で30頭、従来の10倍のペース

  アラスカ湾でクジラの原因不明の死が相次いでおり、研究者が死の原因を …

ゴルゴ13の予言!ゴルゴ13が現実の出来事を予見したエピソードベスト5

言わずと知れた日本屈指の長期連載マンガであり、今も多くのファンを魅了してやまない …

体重75キロ越えの世界最大のピットブル、まだまだ大きく成長中!
体重75キロ越えの世界最大のピットブル、まだまだ大きく成長中!

撮影者:bordedpanda え?なんでこんな大きいの?コラじゃない!? いや …

まさにゴム人間。体が柔らかすぎる男性のパフォーマンスが凄すぎる
まさにゴム人間。体が柔らかすぎる男性のパフォーマンスが凄すぎる

え?いやちょっと待ってどうなってるのこれ? 悪魔の実でも食べたの?   …

閉じる