ソユーズ1号 コマロフの悲劇

 - 宇宙, 怖い話, 恐ろしい , , ,

 

あわせて読みたい

コマロフは1967年にユーリガガーリンを予備宇宙飛行士としてソユーズ1号を指揮するために選ばれました。

コマロフと妻子

宇宙飛行士は宇宙船には大きな安全上の問題があることを知っていたが、彼が飛ぶことを拒否するのであればガガーリンは代わりに行くことを強いられるとコマロフは述べた。

ソビエトの指導者たちが彼らのしたことを見ることができるように、彼の葬儀は開かれた棺桶であると飛行した。

宇宙飛行の準備の間、両方の宇宙飛行士は12〜14時間働いていた。軌道への挿入時に、ソユーズモジュールのソーラーパネルは完全に展開することができず、それによって航空機が完全に動力を与えられてナビゲーション装置の一部を覆い隠すことを妨げました。

コマロフは、「コンディションは悪い。キャビンパラメータは正常だが、左のソーラーパネルは展開されていない。電気バスは13〜14アンペアしかない。HF(高周波)通信が機能していない。私はDO-1オリエンテーションエンジンを使って手動で宇宙船の向きを変えようとしましたが、DO-1に残る圧力は180まで下がった。」と言いました。

コマロフは5時間ソユーズモジュールの向きを変えようとしました。

航空機は信頼できないステータス情報を送信していました、そして、宇宙船が超高周波(UHF)地上受信機の範囲外にあった間に無線接触を維持するはずだった高周波送信機の故障のため軌道13から15で通信を失いました。

航空機の問題の結果として、ソビエトは宇宙飛行士がソユーズ1号への車両外活動(EVA)を実行することになっていた2番目のソユーズモジュールを起動せず、ミッションを短くしました。

コマロフは軌道15から17のイオンフローセンサーを使って航空機の向きを変えるよう命じられました。

イオンセンサーは故障していました。

コマロフは軌道19まで手動で再突入を試みるのに十分な時間がありませんでした。

Orskの指定された着陸地点に到着するためには、逆火が地球の夜側に起こらなければなりませんでした。

コマロフは日中に手動で宇宙船の向きを決めた後、ジャイロプラットフォームを基準として使って夜間のレトロファイアのために宇宙船の向きを変えました。

彼は19周目に地球の大気圏への再突入に成功しましたが、モジュールのドローグとメインブレーキングパラシュートは正しく展開できませんでした。

モジュールは地面に衝突し、コマロフは死にました。

ウラジミール・コマロフ

ソビエト連邦の宇宙飛行士。モスクワ出身。1960年に最初に選ばれた宇宙飛行士の一人。1967年宇宙事故の犠牲となり死去。その遺灰はクレムリンの壁に埋葬されている。








 関連記事

血塗られた廃墟外科病院

最近、YouTubeで廃墟を紹介する動画が数多く公開されています。今回、その中で …

夜空を漂う巨大なクラゲ?珍しい現象「レッドスプライト」を宇宙から捉えた画像が凄い

国際宇宙ステーションの宇宙飛行士スコット・ケリーが、ISSが中央アメリカ上空を通 …

兄が亡くなってから、兄の霊に悩まされている女性が話題に

写真:Daily Star   「兄が亡くなって以来、私の人生は生き地 …

火星で新たなピラミッドが見つかる!今度は大きいぞ!

また火星で新たなピラミッドが見つかりました。 前回のピラミッドは砂に埋もれた状態 …

まだ火星に何もいないと思ってるの? 火星で見つかった人工物まとめ

火星には19世紀から生命と文明が存在すると考えられていて、人々の想像力を刺激する …

ペニスは年齢とともに収縮するが何も対策はできない

科学者たちは、陰茎が時間の経過とともに縮小するという怖い話題を提供しました。そし …

火星ガニが発見される!NASAの無人探査機が撮影に成功

最近のNASAによる火星の写真に写りこんでいた異様な物体が、この火星ファンの間で …

アポロ計画疑惑には別の疑惑があった

無人探査機がアポロ計画疑惑を解決 アポロ計画はねつ造ではないか?という疑惑につい …

【宇宙怖い】 ゾワゾワくる。ゾッとするほど美しい土星の画像

太陽系のなかまたちの中でも、なんだか怖いのは土星と木星だと思います。 どちらも共 …

今日は世界のイカれたレストランを紹介するぜ!
【閲覧注意】今日は世界のイカれたレストランを紹介するぜ!

初っ端からなんぞこれ!? 因みに最初の画像のカンニバル寿司は、東京都内にあるみた …

閉じる