俺たちの太陽系の本当の動きがまるで魔貫光殺砲でカッコイイ

 - 宇宙 ,

 

あわせて読みたい

太陽系の動きを系外から見たシュミレーション映像です。

頭ではわかってましたが映像を見ると何か意外です。

銀河中心部には超巨大ブラックホールがあると考えられていて、私達の暮らす太陽系はその周りを2億6000万年に一周の速度で回っているそうです。

さらに引いて太陽系が天の川銀河の中をぐるぐると回っている様子はこちら。

地球は太陽の周りを回っていて太陽は天の川銀河を回っていて天の川銀河は超銀河団の中を回っていてその超銀河団もさらに大きなグレートウォールの中で回っていて…と考えると無限のスケールに圧倒されますね。

この記事を書くためにWikipediaの「銀河の大規模構造」のページで確認したのですが、大規模構造を説明するjpgもデカくて笑いました。

詳細を開くのは注意








 関連記事

アポロ計画疑惑には別の疑惑があった

無人探査機がアポロ計画疑惑を解決 アポロ計画はねつ造ではないか?という疑惑につい …

お分かりいただけるだろうか。この火星の写真には、火星にあるはずのないものが写っている。

写真:NASA Jet Propulsion Laboratory   …

小惑星ケレスの謎の光点、詳細画像が公開される!エイリアンの温泉施設か!?

火星と木星の間にある小惑星ケレス。謎の光る点が存在することがわかっており、探査機 …

未だ解明されていない太陽系の9のミステリー

我々の住む地球のある太陽系は、一番身近な星系ですがまだまだ解明されていない謎がた …

まだ火星に何もいないと思ってるの? 火星で見つかった人工物まとめ

火星には19世紀から生命と文明が存在すると考えられていて、人々の想像力を刺激する …

偽1万円硬貨事件で明らかになったパラレルワールドの存在

偽造1万円硬貨事件 2017年3月、奇妙なニュースがテレビに流れた。 偽の1万円 …

ソユーズ1号 コマロフの悲劇

コマロフは1967年にユーリガガーリンを予備宇宙飛行士としてソユーズ1号を指揮す …

火星で今度は宙に浮くスプーンとホバーボードを発見!

NASAの無人探査機によってエビやカニ、イグアナと生物が続々と発見されている火星 …

アポガリプティックで美しいスーパーブラッドムーン画像まとめ

以前もお伝えしている通り、9/28の夜はスーパームーンでした。欧米各国では皆既月 …

もはやなんでもアリだな!火星で今度はイグアナが見つかる!

カニやエビが見つかった火星で、今度はイグアナが見つかったようです。早速その画像を …

閉じる