偽1万円硬貨事件で明らかになったパラレルワールドの存在

 - オカルト, ふしぎ, 宇宙, 怖い

 

あわせて読みたい

偽造1万円硬貨事件

2017年3月、奇妙なニュースがテレビに流れた。 偽の1万円硬貨を使用した疑いで、1人の男が逮捕されたというのだ。 詐欺容疑で逮捕されたのは、岐阜県の派遣会社の社員を名乗る30代の男。 今年1月、北海道函館のコンビニで、買い物を装って偽硬貨を使用し、商品と釣り8500円をだまし取ったとされている。 コンビニの店員は、記念硬貨のような本物の硬貨だと思い込んでしまったとのこと。 ご存知のとおり、昭和は64年しか存在しない。 ところが、公開された偽硬貨をみると、確かに現実の硬貨としては存在しないはずの「昭和65年」という刻印がある。 裏面には橋のような図柄があるが、それは日本国に存在する橋ではなかった。 捜査機関がこの偽1万円硬貨を鑑定にかけると高価な希少金属が使われるなど上質な材料だった。 しかも鋳造技術も大蔵省造幣局と比べて遜色ないレベルだというのだ。 素人が遊び半分で作れるような品質でないことは容易にわかる。

事件が明らかにしたパラレルワールドの存在

そもそも、精巧な「1万円」硬貨など、使い道がないようなものを一体誰が、なぜ作ったのだろうか。 「私たちが生きる世界とよく似た別の世界=パラレルワールドが存在する」という話は、SF作品などでよく語られる設定だ。 この精巧な硬貨は、昭和65年が存在するパラレルワールドからやってきた可能性が考えられている。 今回逮捕された派遣会社の男は、はたしてパラレルワールドからの来訪者、あるいは帰還者なのだろうか。

パラレルワールド

パラレルワールド(並行世界)とは、ある世界から分岐し、それに並行して存在する別の世界を指す。 パラレルワールドは我々の宇宙と同一の次元を持つ。 理論物理学の世界でもその存在の可能性について語られている。 ビッグバンの過程において、この宇宙以外にも他の宇宙が無数に泡のごとく生じており、他の平行宇宙では、逆に反物質のみから構成される世界が存在するのではないかという仮説も提示されている。 パラレルワールドと、われわれの世界とつながる場所が存在し、何らかの原因により、人や物が行き来すると言われている。








 関連記事

山東省でまた新たな爆発!動画とチャイナボカンまとめ

また中国で大規模な爆発が起こったようです。 天津の大爆発、山東省の爆発に続き、ま …

サイをタクシー代わりに使う野生のネコが発見される!

アフリカに生息するジャコウネコ科の生き物、ジェネットがサイに乗って移動している姿 …

奇跡!? 聖母マリアを描いた絵画の唇が動いた!

普通に考えて、絵画に描かれた人物が動くということはあり得ません。 しかし、この映 …

悪魔のバイブル・『ギガス写本』の呪われた中身が電子版で公開されている!

現存する世界最大の中世の写本である「ギガス写本」。 160匹の羊の皮が使われた幅 …

大災害の前触れか!? 極めて珍しい「オーロラ爆発」が3連続で観測される

撮影:Moyan_Brenn 21日深夜、アラスカ州ブロックス山脈で「オーロラ爆 …

9階建てビルの屋上から火だるまになって雪にダイブするスタント映像が怖すぎる

ロシアのアマチュアスタントマン・アレキサンダーチェルニコフさんがあまりに危険なス …

まだ火星に何もいないと思ってるの? 火星で見つかった人工物まとめ

火星には19世紀から生命と文明が存在すると考えられていて、人々の想像力を刺激する …

UFOか!? 巨大な火の玉がブエノスアイレス上空に飛来!

尾の部分がオレンジ色の、明るい緑の火の玉がアルゼンチン上空で目撃されました、そし …

あのゲームの舞台っぽいアメリカの廃ショッピングモールの写真が幻想的だと話題に
ディストピアぽくて幻想的な廃ショッピングモールの写真が素敵すぎる

撮影者:セフ・ローレンス 2008年に廃ショッピングモールとなってしまった、アメ …

人類で最も小さい彫刻の1つがカメラマンの指で押しつぶされてしまい、顔面蒼白!

撮影者:Jonty Hurwitz/Solent News やっちゃった直後は作 …

閉じる