アポロ計画疑惑には別の疑惑があった

 - UFO, ふしぎ, 宇宙, 海外ニュース, 都市伝説 , , ,

 

あわせて読みたい

無人探査機がアポロ計画疑惑を解決

アポロ計画はねつ造ではないか?という疑惑については、2012年、NASAの無人探査機「ルナ・リコネサンス・オービタ」が撮影した1枚の写真によって払しょくされた。 月面に立てられた6つの星条旗のうち、少なくとも5つは今でも月面に残っていることが証明されたからだ。

アポロ計画疑惑のさらなる疑惑

しかし、アポロ計画にはさらなる疑惑がある。 アポロ計画で公開された映像にはいくつもの疑惑が残されている。 月面には大気がなく風邪が吹くこともないのに、旗が風になびいていたり、地球以外の星が全く映っていなかったり、着陸船の逆噴射のあとがなかったり。 以上のことから、公開された映像は、地球で撮影された偽の映像ではないかという疑惑がある。 だが、本当に月面に着陸しているのであれば、わざわざ偽の映像を公開する必要はないはずだ。 NASAがこのような偽の映像を公開しなければならなかったのであれば、何らかの理由があるはずだ。 その理由はいくつか考えれられる。 例えば、月面着陸が失敗したときのために、あらかじめ映像を用意しておき、それを公開することで成功したということにするため。 または、失敗しなくても、よい映像が撮れなかったときに、差し替えるため。 当時、アメリカはソ連との冷戦の真っただ中にあり、アポロ計画は国家の威信をかけた大プロジェクトだった。 それが、失敗することは許されず、国家の威信にかけてどうしても成功させたかったはずだ。

NASA関係者からもたらされたリーク情報

偽の映像を公開した理由について、NASA関係者からリーク情報がもたらされている。 月面には実際に着陸し、調査をしたのだが、とても公開できない衝撃的な世界が広がっていたというのだ。 そこには、宇宙船、ドームや巨大タワーなどの建造物、古代都市、墓地などがあったというのだ。 NASAは、アポロ計画で撮影された多くの映像を紛失したと発表しているが、偉業となった月面着陸の貴重なデータを紛失するなどあってはならないはずだ。 月面の真実を隠蔽するために、映像をすり替えたと考えるべきだろう。 いつか、有人月面着陸計画が実行されたときに、真実は明らかになるだろう。








 関連記事

都内の貴重な廃墟物件。東京の九龍城「代々木会館」に潜入してみた!

都内の廃墟物件の横綱だった九段下ビルが取り壊され、都内の廃墟は徐々に姿を消してい …

【この手があったか】ロシアの自撮り棒が斜め上でかっこいい

ごく一般的なセルフィーに見えるこの写真。 ロシアが産んだ最新の自撮り棒を使ってい …

浜サメ釣りを極めて200匹以上のサメを釣りあげた19歳青年

凶暴で恐ろしい海の殺し屋であるサメ。そんなサメを陸から釣り上げる浜サメ釣りを極め …

トビリシの洪水で動物園の猛獣が街中に脱走中。現地の写真まとめ

ジョージア(旧グルジア)の首都トビリシで、14日の深夜に大規模な洪水が発生し、動 …

米空軍UFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」がウェブ上で閲覧可能になってるぞ!
米空軍UFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」がウェブ上で閲覧可能になってるぞ!

米空軍のUFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」の1947年~1969年の調 …

世界一簡単にホールインワンができる!ゴルフコースに巨大なシンクホールが出現

3Dゲームの処理落ちみたいになっちゃってます…。 ミズーリ州のゴルフコースで大規 …

ベトナム ホーチミンの超高層ビルに激突寸前のUFOが撮影される!

写真:Disclose.tv 2015年5月26日、ベトナム ホーチミンの超高層 …

石像だって自撮りしたい!石像がセルフィーした写真が話題に
彫像だって自撮りしたい!彫像がセルフィーした写真が話題に

撮影者:Crashworks セルフィーをしたいのは必ずしも人間だけではありませ …

ビン・ラディンはCIAの保護下で生きている!スノーデン氏が暴露

アメリカ国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデン氏は、オサマ・ …

火星ガニが発見される!NASAの無人探査機が撮影に成功

最近のNASAによる火星の写真に写りこんでいた異様な物体が、この火星ファンの間で …

閉じる