人類で最も小さい彫刻の1つがカメラマンの指で押しつぶされてしまい、顔面蒼白!

 - アート, ふしぎ , , , ,

 

あわせて読みたい
この世で最も小さい彫刻の1つが撮影者の指で押しつぶされってしまったぞ! 撮影者:Jonty Hurwitz/Solent News やっちゃった直後は作者も撮影者も顔面蒼白でしょうね。 人の髪の毛の上でも立たせることができるとても小さな彫刻が壊されてしまったというニュースが入ってきました。 この彫刻を作ったのはロンドンに住むアーティスト、ジョンティー・フルウィッツさん。 3Dプリント技術と量子相関光子ビームナノ加工技術という技術でこの彫刻を制作することが可能になったんだとか。

撮影を行うためにやってきたカメラマンに壊されてしまう

この世で最も小さい彫刻の1つが撮影者の指で押しつぶされってしまったぞ! 撮影者:Jonty Hurwitz/Solent News 因みにこの壊れてしまった彫刻のサイズは、20x80x100ミクロンで顕微鏡でないと視認不可能なサイズ。 撮影中、別角度の彫刻の写真を撮ろうとし、向きを変えようとしたところでこの悲劇が生まれてしまいました。 壊れてしまった残骸を探していましたが、結局見つけることができなかったとか。 このサイズですもんね。 参照元:metro








 関連記事

Google Mapで見つかった世界のへんなところ2014年ベスト
グーグルマップで見つかった世界のへんなところ2014年ベスト

撮影者:Jaap Meijers グーグルマップで知らない土地をストリートビュー …

【街に歴史あり】セルビアの今と昔の写真を合成してみたらなんとも言えない気持ちに
【街に歴史あり】セルビアの今と昔の写真を合成してみたらなんとも言えない気持ちに

撮影者:Davorin Dinić   人と街に歴史あり。 &nbsp …

【チョロい】美術館でどっきりを仕掛けてみたら→みんな騙された
【チョロい】美術館でどっきりを仕掛けてみたら→みんな騙された

撮影者:The Jack   こんなに人を騙すのが簡単だったなんて。 …

神秘的な回転するアイスディスク 「UFOが下にある」と陰謀論者は主張

今月初め、メイン州の小さな町の住人たちは川の上の不思議な回転する氷の円盤に困惑し …

マクロレンズで虫を撮影したら、まるで別世界。

肉眼では見ることの出来ない世界の美しさ。 John Cogan氏が撮影をした魅惑 …

【ぶつりのほうそくがみだれる!】重量オーバーにも程がある乗り物16種
【ぶつりのほうそくがみだれる!】重量オーバーにも程がある乗り物16種

撮影者:不明   どうやって積んだんだ。そっちのほうが気になってしまう …

あのゲームの舞台っぽいアメリカの廃ショッピングモールの写真が幻想的だと話題に
ディストピアぽくて幻想的な廃ショッピングモールの写真が素敵すぎる

撮影者:セフ・ローレンス 2008年に廃ショッピングモールとなってしまった、アメ …

廃墟ビフォーアフター。廃校の現在と生徒で賑わっていた過去の写真を重ねてみた

ノスタルジックで美しい。アメリカの都市デトロイトは、急激な人口減少によって街のあ …

偽1万円硬貨事件で明らかになったパラレルワールドの存在

偽造1万円硬貨事件 2017年3月、奇妙なニュースがテレビに流れた。 偽の1万円 …

虫眼鏡で描いたアートが凄すぎると話題に
どうやったの!?虫眼鏡で描いたアートが凄すぎると話題に

撮影者:Jordan Mang-osan これ、どうやって描いてると思います? …

閉じる