アメリカ縦断を目指していたヒッチハイクロボット、何者かに破壊されて断念

 - 海外ニュース , ,

 

あわせて読みたい
アメリカでの旅を初めてから2週間で、ヒッチハイクロボットの旅は終わってしまいました。オンタリオのコミュニケーションリサーチチームが開発したこのヒッチロボは、土曜日の早朝に破壊された姿で発見されました。ヒッチボットの共同開発者である、フラウク・ツェラー氏はAssociated Pressに対して「悲しいことですが、終わってしまいました」と語りました。去年はヨーロッパ、そしてカナダでの26日間の旅を成功させた後にアメリカでの旅を開始したところでした。   ローレン・オニール @laurenonizzleのツイート 「カナダのヒッチハイクロボットはアメリカに入って2週間で破壊された」   マサチューセッツ、マーブルヘッドにてヒッチハイクをしているヒッチボット。 2B0D321100000578-3183126-image-m-2_1438545827048「身体はダメージを受けているけど、今は友人たちと一緒にいます。たまに、良いロボットには悪い事も起こるのです」 ロボットの公式ツイッターアカウントは、このヒッチボットが「ダメージ」を受けてることを投稿し、このプロジェクトの終焉をほのめかしています。   人間の子供ほどの大きさしかないこのロボットは、自分では動けません。なので、多くの人たちの親切によってヒッチハイクを続けてきました。いったい誰が何の目的でヒッチボットを破壊したのかは明らかになっていません。ヒッチボットは、一緒に旅をするドライバーに対して面白いことを言うように設計されていました。   2B0B8DF300000578-0-image-a-16_1438534302999このロボットは自分では動けないため、ある場所から別の場所への移動には、多くの助けが必要でした。写真は1週間前のボストンにて、銅像に乗っているヒッチボット。   20分毎に写真がランダムに撮られ、この旅を記録していました。ヒッチボットの位置を把握するためにGPSも搭載されていました。アメリカでの旅は、7月17日にマサチューセッツ、マーブルヘッドから始まりました。当時、シリンダー型の頭部には「サンフランシスコに行けなければ失敗」とのメッセージが記されていました。「やりたいことリスト」にもあがっていた、レッドソックスの試合観戦ができるボストン周辺も旅しました。   ツェラー氏は、ヒッチボットが破壊されてしまったことによって、ソーシャルメディアなどでその旅を追いかけていた、そして、彼のことを愛していた子供たちのことを心配しています。Associated Pressに対しても「あまり悲しまないで」と語りました。 ツェラー氏はまた、彼の若いファン達が悲しみにくれることのないよう、ロボットの最期の写真の公開は考えていないとも語りました。ヒッチボットの公式ツイッターアカウントは単に「身体はダメージを受けているけど、今は友人たちと一緒にいます。たまに、良いロボットには悪い事も起こるのです。」とつぶやくだけです。ただ、CBCニュースのジャーナリスト、ローレン・オニール氏は、破壊されてしまったロボットの写真とともに「カナダのヒッチハイクロボットはアメリカに入って2週間で破壊された」とのつぶやきを投稿しています。   2B0D060900000578-3183126-image-a-40_1438542543035ボストンからフィラデルフィアまでの旅の行程   2B0B8DEF00000578-3183126-Friendly_HitchBOT_was_designed_to_be_a_talking_travel_companion_-a-2_1438545344267ヒッチボットと彼の人間の友人たち。アメリカでは皆に愛されていました。   2B0B8DEB00000578-0-image-a-18_1438534336678   2B0B8DF700000578-0-image-a-20_1438534520448アメリカでの最初の旅:マサチューセッツで彼を車に乗せた人たちとの写真   2B0B8DFD00000578-0-image-a-17_1438534314557ヒッチボットの写真は、カナダやヨーロッパの旅の期間中、ソーシャルメディアでシェアされ続けました。 優しさで続いていくはずの素敵な旅が、心ない人の行動で終わってしまいました。 ヒッチボットには現在残念がる人々のコメントが寄せられています。   参照:dailymail








 関連記事

ゾワワっとくる。地上363mの電波塔に登る一人称視点映像

ひゃ~。地平線が丸いよ。 また命知らず野郎が現れました。彼らは東京タワー以上の高 …

【流石USA】約20トンの花火積んだトラックが玉突き事故で爆発する
【ド派手】20トンの花火を積んだトラックが爆発炎上!

2015年1月9日、アメリカ ミシガン州の高速道路「I-94」で約20トンの花火 …

女性も羨ましすぎて気絶するレベルの長すぎるまつ毛を持つおっさんが現れる
まつ毛が長くなる食べ物を発見したおじさん。自分で試してひと儲けを企む

撮影者:CEN ある食べ物を食べた後、驚くほどまつ毛が成長してしまった男性がギネ …

ダニ咬傷で亡くなった夫を持つ妻は他の人に同じ過ちを犯さないように警告する

私たち一人一人がいつの日か死ぬことになっていることを私たち全員が知っている一方で …

世界最大のウサギの子供がお父さんを抜く勢いで成長中! お父さんの記録を狙っている模様

毎年イースターの時期に報じられる世界一大きなウサギのニュースが入って来ました。 …

ジョン・レノンがUFOを目撃していた!?目撃時に描いたとされるスケッチが公開される!

写真:Dailypost   ジョン・レノンの「Nobody Told …

南極で巨大UFOが墜落か!?謎の穴がグーグルアースで発見される!

写真:googlemap   世界各国で目撃されるUFO。そんなUFO …

【もはや致死量】10500キロカロリーのハンバーガーが現れる!お値段はなんと・・・
【もはや致死量】10500キロカロリーのハンバーガーが現れる!お値段はなんと・・・

撮影者:Solent News イギリスにあるThe Lord Nelson I …

未来的な睡眠室の本当の目的

アニメ化されたテレビ番組「Futurama」のファンはシリーズを通して「自殺ブー …

【虫注意】まるで映画のワンシーン!墓地が毛虫の巣で覆われる!!

写真:Dailymail   この木の白い部分、全て幼虫の巣なんです。 …

閉じる