ついにロボットの反乱が!?お掃除ロボットが人に襲い掛かる!!

 - 恐ろしい, 海外ニュース , , , , ,

 

あわせて読みたい
ついに反乱が!?お掃除ロボットが人に襲い掛かる!! 撮影者:Kārlis Dambrāns お掃除ロボットに人が襲われるという事件がとうとう起きてしまいました。 一体なぜ?ロボットの反乱?問われるロボット三原則。

このお掃除ロボットの反乱は韓国で発生!

ついに反乱が!掃除機ロボットが人に襲い掛かる!! 撮影者:京郷新聞 韓国 昌原(チャンウォン)市に住む女性が被害にあってしまいました。 彼女はお掃除ロボットをセットし、掃除が終わるまで床で昼寝をすることにしました。 しかし! ここで積年の怨みを晴らす時が来てしまいました。 このうらみ!はらさでおくべきか!!! お掃除ロボットが掃除中、彼女の髪をゴミと勘違いしてしまい髪を吸い上げてしまいます。 すると、昼寝をしていた彼女は髪を引っ張られる痛みで飛び起き、緊急サービスを呼び出すことに。 韓国の京郷新聞は、彼女は怪我をせず無事救出することができたと報道しています。 しかし、この反逆を企てたお掃除ロボットは今後どうなってしまうのかは不明との事です。 ベイマックスみたいにはなれなさそうですね。

ルンバを作っている会社には秘密が!

ついに反乱が!掃除機ロボットが人に襲い掛かる!! 近年人気が急上昇中で今では様々な会社からも出ているお掃除ロボット。 ルンバを開発をしているiRobot社はルンバ以外に爆発物処理やSWATでも使用されている軍事用ロボット「パックボット」の開発も行っています。 このパックボットは福島第一原発事故で放射線量計測、動画撮影を行うなど、人間の行えない危険な任務をこなしています。 危険な場所での活用が多いロボット技術ですが、そのような場所で反乱が起きた場合、一挙に人類滅亡に向かってしまいかねません。 昨年、ビル・ゲイツやイーロン・マスク、ホーキング博士といった識者達が一斉に人工知能の開発を危険視する発言をしましたが、この事件はその先駆けとなるのでしょうか!? まぁ。どんな優れた道具でも使用法を間違えたらいけないという単純な教訓しか得られない気もしますけど。 参照元:Mirror








 関連記事

オーパーツか!1990年代に発見された3億年前の「ネジ」の謎に迫る!
オーパーツか!1990年代に発見された3億年前の「ネジ」の謎に迫る!

撮影者:metro   一体このネジの様なものはなんなのか? &nbs …

NYの地下鉄に潜む「死神」? 危険な乗車をする若者の足元に不気味な髑髏が映り込む

NYのローカルニュースブログWestSideRagに読者から投稿されたこの写真。 …

ダイビング中に貝の中から人型の謎のクリーチャーが出現!

写真:Cryptozoology News   ダイビングで訪れた地で …

スノーボーダーがGoProで撮った雪崩に巻き込まれる瞬間が話題に!
スノーボーダーが雪崩に巻き込まれながら撮った動画が怖すぎる

撮影者:Joseph スノーボードやスキー・・・大自然の中で行うウインタースポー …

不気味に蠢く『フランケンシュタインの肉』が海外で話題。その正体がおぞましさ満点

メシマズ注意。食事中の方は見ない方がいい話題です。 フランケンシュタインの肉?ロ …

アメリカ ユタ州でパステルカラーの池が発見される!

写真:Flickr   ユタ州 モアブにあるこのパステルカラーの池。 …

メリークリスマス!!サンタさんが仕掛けるどっきり集この後すぐ!!!
メリークリスマス!!サンタさんが仕掛けるどっきり集この後すぐ!!!

やっぱプレゼントとか貰うのってうれしいじゃないですか。 今日はそんなサンタさんの …

中国の強引な開発に抵抗していた家のビフォーアフターが公開される

中国の急激な不動産開発によって家を立ち退かなければならない人が続出しています。 …

暗闇でもモノを追える様に時代に!暗視点眼剤が開発されたぞ!
暗闇でもモノを追える様に時代に!暗視点眼剤が開発されたぞ!

撮影者:Gabriel Licina   暗視点眼剤って厨二病っぽい。 …

【マジかよ】コンゴ共和国にロボコップが配属されているぞ!!
【どうしてこうなった】コンゴ共和国に配属されたロボット警官が斬新な造形すぎる!!

コンゴ共和国の首都キンシャサにロボット警官が配備されたと話題になっています。 一 …

閉じる