万里の長城が消滅し始めていた!?城壁の3分の1がなくなっていた事が調査で判明!

 - 海外ニュース, 驚き , , ,

 

あわせて読みたい
0053E1C400000258-3143396-image-a-68_1435594753241 写真:AP Images   新・世界七不思議にも選ばれている中国の世界遺産万里の長城。 最近行った調査の結果、明朝時代に作られた城壁6260キロのうち、1963キロがなくなっている事が判明しました。 この他にも城壁の大部分が崩壊しかけていることも報告されています。 一体なぜこんなにも城壁がなくなってしまったのでしょうか?  

2つの原因があった!

001747AF1000044C-3143396-Repairs_Despite_conservation_efforts_only_eight_percent_of_the_M-a-78_1435598490905 写真:EPA   1つ目は雨風や植物による自然風化。 雨や風、成長した植物が城壁を侵食しています。 保全活動を行っているものの、そのスケールが大きすぎるために補修が全く追いついていないのが現状です。   2つ目の原因はなんとレンガの窃盗。 地元の村人が盗んだ長城のレンガは闇市で売られており、1つ30元~50元(約590円~1000円)で取引されているということです。 またある村では、多くの村民が盗み出した長城のレンガを使って家を建てていたことが分かっています。   自然の侵食は仕方ないにしても、レンガを盗んで売っていたらそりゃあすぐに無くなっちゃいますよね。 こういうものこそ偽造したレンガを売ればいいのに。   参照元:Dailymail








 関連記事

セルビアの漁師のおっさん、寒い日にストーブを背負って釣りをする
セルビアのおっさん、寒い日にストーブを背負って釣りをする

しかし寒い日の釣りはしんどい。 じゃあ、ストーブを背負って釣りをすればいい!とい …

【動画】地上で生活している魚がオーストラリアで目撃される!

オーストラリア北部で地上で生活をしている魚が発見されるというニュースが入ってきま …

廃墟ビフォーアフター。廃校の現在と生徒で賑わっていた過去の写真を重ねてみた

ノスタルジックで美しい。アメリカの都市デトロイトは、急激な人口減少によって街のあ …

まさにゴム人間。体が柔らかすぎる男性のパフォーマンスが凄すぎる
まさにゴム人間。体が柔らかすぎる男性のパフォーマンスが凄すぎる

え?いやちょっと待ってどうなってるのこれ? 悪魔の実でも食べたの?   …

アメリカ ユタ州でパステルカラーの池が発見される!

写真:Flickr   ユタ州 モアブにあるこのパステルカラーの池。 …

これもロンドン名物?2階建てバスが1階建てに変身してしまう事故が発生

ロンドン名物2階建てバス「ダブルデッカー」。 日本では観光用バスしかありませんが …

大異変の前触れか!? フロリダで壮大な彩雲が出現!

写真:National News and Picture   フロリダ …

まるで『アナ雪』の世界!アイスランドの氷の洞窟の写真が美しすぎる

撮影:CatersNewsAgency まるでアナ雪のワンシーンのように見えます …

凍死寸前の赤ちゃんヤギをオーブンで温めたら息を吹き返す!
凍死寸前の赤ちゃんヤギをオーブンで温めたら息を吹き返す!

撮影者:Dayton オハイオ州で凍死寸前の赤ちゃんヤギが奇跡の生還をしました。 …

ついに反乱が!掃除機ロボットが人に襲い掛かる!!
ついにロボットの反乱が!?お掃除ロボットが人に襲い掛かる!!

撮影者:Kārlis Dambrāns お掃除ロボットに人が襲われるという事件が …

閉じる