T-1000が作れるかも!?動力なしで動き回り自由に形を変える液体金属が発見される

 - ふしぎ, 海外ニュース , , , , ,

 

あわせて読みたい

splitheadT1000_2_big_busts7『ターミネーター2』©Carolco Pictures/Pacific Western

アスタ・ラ・ビスタ・ベイビー。

ターミネーター2に登場するT-1000の液体金属のような物質が発見されたとnewscientistが伝えています。

このマシンは驚くほど単純にできており、一滴のガリウム合金にスズとインジウムが少し混ざっているようです。

水酸化ナトリウムか塩の溶液に入れて、”燃料”のアルミ箔と接触させれば、約1時間動き回ることが確認されました。

ガリウム球は直線的に移動し、円形の皿の外側をぐるぐる回るか、複雑な溝を通すこともできます。

まるで知能を持っているように動きまわり形を変える

「この柔らかいマシンはまるでSF作品のターミネーターのように自由に形を変えながら移動するのです。 知性を持っているようにすら見えます」

北京の清華大学の劉さんは言います。 「これらの行動は完全に自然界の生き物に似ています」

この金属は狭いチューブ内で固定した際に超小型ポンプとして働くこともでき、毎秒50mlの水を動かすことができました。

「これは史上初のセルフパワーポンプだ」と劉さんは言います。

彼のチームは外部電源を必要とせずに冷却装置を介して液体を移動させることに成功しました。すぐにでも血管内の小型ポンプにすることができると言います。

また、別の研究チームがこのガリウム球に電流を流すと複雑な形状に変化し、電流を止めるとまた水滴状に変化する性質を発見しました。

これによりガリウム球の動きをコントロールすることもできるそうです。

人工生命の作成に繋がる大発見

「科学エネルギーを機械エネルギーに変換することが可能なこの物質は、将来的に人工生命を作るのに役立つでしょう」 と、東京大学の豊田太郎博士は言います。

なんだか本当にT-1000を作ることができそうなこの発見。今後の研究に期待ですね。

参照:newscientist








 関連記事

スイスのアルプスに全長381メートルの高級ホテルタワーが建設される計画が!

撮影者:Morphosis Architects   行ってみたいけど …

チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機!
チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機!

撮影者:livescience   ここのミイラはエジプトのミイラより …

中国で高速道路が大渋滞。しびれを切らした人々が車を降り…ダンスバトルを始めた!

中国のこういう訳のわからないノリ大好き。 22日、中国・雲南省の高速道路で交通事 …

ダイビング中に貝の中から人型の謎のクリーチャーが出現!

写真:Cryptozoology News   ダイビングで訪れた地で …

ANA37便 緊急着陸事件 JAL123便墜落事故との共通点が謎を呼ぶ

事件概要 2017年8月12日(土)18時35分ごろ、ANA37便(東京羽田発 …

核実験か!? 内モンゴルで空が真っ赤に染まり泥を含んだ黒い雨が降った原因とは

4月15日午後2時ごろ、内モンゴル自治区アルシャンにて、昼間にもかかわらず空が真 …

現代のホロコースト、ウイグル人に今起きていること

「ウイグル人」と呼ばれる、ムスリムの民族に対し、中国政府がホロコーストといっても …

人間の魚捕りすぎにアシカが抗議デモ! アシカの大群が漁港を占拠

©AP 豊かな海の恩恵を受けているのは我々人間だけではありません。 コロンビア川 …

日本にもはよ。ドイツのウォータースライダーが素晴らしすぎる

まだジメジメの梅雨ですが、もうすぐやってくる夏に備えて涼しげなウォータースライダ …

ウッカリ犯行をつぶやいてしまった殺人大富豪ロバート・ダーストってどんな人?事件概要まとめ

番組収録中のトイレで犯行をほのめかす発言をし、逮捕されたことで話題となっている大 …

閉じる