ドローンによって大聖堂に1000年隠されていた悪魔の像が発見される

 - 海外ニュース , , , ,

 

あわせて読みたい
近頃なにかとお騒がせのドローンですが、今回、チェスター大聖堂が建設されて以来初めて「チェスターのインプ」のクローズアップ撮影に成功しました。  
PAY-Chester-GV-chester-cathedral-and-the-little-devil

©CASCADE

10世紀に建築され、増改築が繰り返されて現在の姿になったと言われているチェスター大聖堂ですが、今まで伝説でしか知られていなかった逸話がありました。 伝説によると、ある司祭が大聖堂の改修を監督している際、サタンが窓を介して彼を見つめていてびっくりさせられました。 翌朝、石工はまた司祭を怖がらせるために悪魔の彫像を窓辺に掘ったというものです。  
PAY-GV-chester-cathedral

©CASCADE

  大聖堂のスポークスマンによると、この彫像がたしかに存在することは知られていましたが、クローズアップして確認するのは初めてだということです。   The-DJI-Phantom-2-Quadcopter-sold-on-Amazon 今回のドローン撮影は遺産の映像を残すプロジェクトの一環で行われました。もちろん正式な許可が降りています。 しかし、プロジェクトディレクターのディーン・ペイトンさんは、悪魔の像の映像を再生しているとデータが不自然な形で壊れており、1コマのキャプチャを残すのが精一杯だったと言います。 「ミステリーは続くんだよ!」とディーンさんは言います。   参照:mirror








 関連記事

そこは人形たちの支配する島。世界で最も不気味な島『ソチミルコの人形島』

人魚島じゃないよ。人形島。 メキシコ・ソチミルコという地域に通称『ソチミルコの人 …

T-1000が作れるかも!?動力なしで動き回り自由に形を変える液体金属が発見される

『ターミネーター2』©Carolco Pictures/Pacific West …

どうかしてるぜ!中国の釣り堀に巨大魚が放流されていた模様

ライブリークに投稿された動画で、また中国の無茶苦茶な一面が垣間見えました。撮影さ …

【虫注意】まるで映画のワンシーン!墓地が毛虫の巣で覆われる!!

写真:Dailymail   この木の白い部分、全て幼虫の巣なんです。 …

【犯罪はダメ絶対】世界最悪の植木泥棒の女性の華麗な手口、この後すぐ!
【犯罪はダメ絶対】世界最悪の植木泥棒の女性の華麗な手口、この後すぐ!

世界最悪の植木泥棒の女性が現れました。 華麗な手口はこのあとすぐ! 画面上部を走 …

アメリカ縦断を目指していたヒッチハイクロボット、何者かに破壊されて断念

アメリカでの旅を初めてから2週間で、ヒッチハイクロボットの旅は終わってしまいまし …

買物客と店員に斧を振っている男が防犯カメラに映る

スーパーマーケットから顧客を追いかけてテスコを駆け抜けたアックスマン(斧を持つ男 …

人の心臓かと思ったらアメフラシだった!?ジャンボアメフラシが海岸で発見される!

  東サンフランシスコ湾に来ていた海水浴客が、海岸に人の心臓が落ちてい …

あなたも偽装ステーキを食べてるかも?お肉の達人がクズ肉からステーキを作る方法を暴露

日本でも大きく報じられることのある食品偽装問題ですが、芝海老かバナメイエビかの問 …

19世紀のロシアに住んでいた女性がDNA検査でビッグフットの可能性が高いことが判明!!

写真:mirror   ビッグフットの目撃情報は様々な大陸と世代に渡っ …

閉じる