今アナタのうしろにいるよ・・・呪われた地下室で、女性の背後に幽霊が写り込む

 - 海外ニュース , , , , ,

 

あわせて読みたい



PAYThe-WatcherMAIN

©Cavendish Press



スコットランドのエディンバラ地方を観光していた女性が、幽霊のような影を捉えました。

撮影された場所はエディンバラボールドと呼ばれる旧市街の地下街。
エディンバラの街は18世紀には非常に高い人口密度を持つヨーロッパ有数の大都市でした。
足りない生活空間を補うため、建物の地下には深く何層にも折り重なるように地下室が掘られ、そこは貧しい人々が暮らすスラム街となっていました。
その広大な地下空間がエディンバラボールドです。
なにかといわくつきの場所で、連続殺人犯の死体の隠し場所に利用された事もあります。

 


PAYThe-Watcher3

©Cavendish Press



エディンバラボールドは観光ツアーが組まれており、物好きが中に入って探検することが許されています。
エマ・サージェナーさんも妹と一緒にそうした観光ツアーに参加していました。
エマさんは言います。
「暗かったので撮った写真は真っ黒のところが多く、後から写真を調整したら、妹の後ろに”何か”がいることが分かりました」
ガイドスタッフのランクスさんは、この時ボールドに入ったのはとエマさん姉妹の3人のみだったと証言しています。
エマさんは「ロングコートと大きなブーツを身に付けた男性が妹の後ろに立っています」と言います。


PAYThe-Watcher1

©Cavendish Press



多くのテレビ番組に出演するスコットランドの著名な研究者ライアン・オニールによると、エディンバラボールドでは数百の幽霊目撃報告があり、18世紀の服を着て大きなブーツを履いているという点で共通しています。

その幽霊は「ウォッチャー」または「Mr.ブーツ」と呼ばれており、女性の主張を裏付けています。

 


PAYWatcher4

©Cavendish Press



 

参照:mirror








 関連記事

ポーランドの小さな教会の予想外すぎる内装・・・3000体の骸骨で作られた教会

写真:smithsonianmag   ポーランドにある「Kaplic …

不気味に蠢く『フランケンシュタインの肉』が海外で話題。その正体がおぞましさ満点

メシマズ注意。食事中の方は見ない方がいい話題です。 フランケンシュタインの肉?ロ …

151年前のアメリカ南北戦争で使われた船から出てきたワインをソムリエが飲んでみた
151年前の船から発見されたワインをソムリエが試飲。気になるお味は!?

撮影者:Reuters ワインは熟成させると味わいが変わっていくものです。 じゃ …

猿神ハヌマーンの生まれ変わりと言われている少年。背中の尻尾を除去する

インド神話に登場する猿神ハヌマーン。 今回はハヌマーンの生まれ変わりと言われてい …

カルブコ火山が42年ぶりに大噴火! 美しさと恐怖が同居する噴火画像・動画ツイートまとめ。噴煙が立ち上る様子から火山雷まで。

チリ南部のカルブコ火山が4月22日、42年ぶりに大噴火をおこしました。チリ政府は …

幽霊が人を突き飛ばす瞬間がネット上にアップされる
幽霊に突き飛ばされた瞬間が監視カメラに映る

撮影者:Nadine Heidrich チリの首都サンティアゴで、幽霊が人を突き …

タマヒュンどころじゃない!高さ290mで命綱なしの綱渡り

やめなよぉ。 高さ290mで命綱なしの綱渡りをした命知らずがいるようです。もちろ …

ビン・ラディンはCIAの保護下で生きている!スノーデン氏が暴露

アメリカ国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデン氏は、オサマ・ …

ゾワワっとくる。地上363mの電波塔に登る一人称視点映像

ひゃ~。地平線が丸いよ。 また命知らず野郎が現れました。彼らは東京タワー以上の高 …

スイスのアルプスに全長381メートルの高級ホテルタワーが建設される計画が!

撮影者:Morphosis Architects   行ってみたいけど …

閉じる