道路の穴が補修されない!→巨大なワニを置いてみた

 - アート, 海外ニュース , ,

 

あわせて読みたい
Crocodile-Art1

©Getty

  これは素敵な解決法。 インドのバンガロールで、水道管の破損によって道路に大きな穴が空いてしまいました。 インドの道路の混雑は激しいものなのに、この穴があるせいで余計に道路は混乱していました。 しかしインドの当局は数ヶ月たっても放置したままで何もする気配がありません。
Crocodile-Art2

©Getty

業を煮やしたビジュアルアーティストのBaadal Nanjundaswamyさんは、道路の穴につくりもののワニを設置。 水の溢れだしている穴をワニのいる岩場に見立てたアートを制作しました。
Crocodile-Art3

©Getty

彼の作成したアートはメディアの注目を集め、インド当局の知るところとなり、当局は1日で道路の穴を補修しました。 Baadal Nanjundaswamyさんは「誰だって自分自身の方法で自分を表現することができます。これは私なりの苦情を伝える方法です」と言います。 1日で補修されたということは、このワニは取り除かれてしまったんでしょうか。 しばらくこのままでも良かったような気もしますが。   参照:mirror








 関連記事

PRIDEとK-1で活躍したヒョードルの弟が予想外の方向で極悪なことになっていた!

ヒィィィすごくサイコで怖いよう。どちらかというと山本KID的な悪さをイメージして …

アポロ計画疑惑には別の疑惑があった

無人探査機がアポロ計画疑惑を解決 アポロ計画はねつ造ではないか?という疑惑につい …

不気味に蠢く『フランケンシュタインの肉』が海外で話題。その正体がおぞましさ満点

メシマズ注意。食事中の方は見ない方がいい話題です。 フランケンシュタインの肉?ロ …

ヒトラーが生まれ変わった!?ヒトラーそっくりな子犬のチワワが現れる

撮影者:Wales News Service この写真じわじわくる。 少年にこの …

ビクトリア朝時代のイギリスの剥製アートがちょっと不気味でとても可愛い
ビクトリア朝時代のイギリスの剥製アートがちょっと不気味でとても可愛い

不気味さと可愛さ ビクトリア朝時代に活躍していたHermann Ploucque …

奇跡!? 聖母マリアを描いた絵画の唇が動いた!

普通に考えて、絵画に描かれた人物が動くということはあり得ません。 しかし、この映 …

怪獣の様な脚をしたベトナムの幻の鶏「ドンタオ鶏」

写真:odditycentral   なんだこの鶏の脚は・・・まるでゴ …

超大物の鯉を釣り上げた記念写真を撮ったら、ゴブリンが写りこむ!

  超大物の鯉を釣り上げて記念写真を撮ったら、違う大物もキャッチしてし …

リアルジバニャン!?死んだはずの猫が、埋葬された5日後に家の前に!
リアルジバニャン!?死んだはずの猫が、埋葬された5日後に家の前に!

ジバニャンだ!本当にジバニャンが居たんだ!! (CNN) 米フロリダ州タンパで車 …

山東省 青島で藻で満たされた川?で泳ぐ少年
【画像20枚】凄いぞ中国!公害を収めた写真が斜め上すぎてもはやファンタジー

中国には数多くの美しい観光名所があるわけですが、それ以外の部分では酷い景観な所も …

Comment

  1. 慶互 より:

    ユーモアがある試みと言うのはこういうのを言うんだろうね

閉じる