チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機!

 - 海外ニュース, 驚き , , , ,

 

あわせて読みたい

チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機! 撮影者:livescience

 

ここのミイラはエジプトのミイラよりも古いんだとか。

 

チリからペルーの沿岸部ので7000年前に作られた、状態がとても良いミイラが、最近になって急激な腐敗がはじまってしまったと米ハーバード大学の研究チームが発表をしました。

 

チリ北部にあるタラパカ大学の考古学博物館で保管されている120体のミイラのうち、数体が腐敗が進んでしまい黒ずんだ状態になってしまっています。

ここ数年、この地域では湿度が上昇傾向にあり、ミイラの皮膚に微生物が発生したことが原因のようです。

 

 

この沿岸部に住んでいた人たちは死後、ミイラを作る習慣があった。

チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機!

撮影者:GETTY IMAGES

 

この沿岸部に住んでいたチンチョロ人という人たち。

チンチョロ人は亡くなると、遺体をミイラにする習慣があり、3000年以上にわたってミイラを作り続けてきました。

最も古いものはエジプトのミイラより2000年も前のものもあるんだとか。

 

チンチョロ人のミイラは1917年に発見され、それ以降何百ものミイラが発見されました。

また、年代によってミイラを作る方法も変わっていきました。

 

3000年~5000年前の初期のミイラはまず死後、皮膚を除去し遺骨の水分を飛ばすために加熱をします。

その後、遺体を再び組み立て、草や灰、動物の毛、粘土を使って肉付けをしていきます。

組みあがったら、黒マンガンを塗って遺体に色を付けていきます。

 

2000~2500年前のものは、体の内部を乾燥させるために内臓を除去、脳を除去するために頭部を切断しました。

空洞となった体の内部には様々な材料を詰め込みます。

粘土を使い皮膚兼ミイラのコーティングをするために使用されました。

かつらやペイントが施されました。

 

3000~1300年前のミイラは、様々な粘土を使い外観がカラフルです。

器官が体内に残っているものもあり、泥や砂、腐敗を防ぐためにいくつかの接着剤で覆われています。

 

 

この気候の変化により文化遺産でもあるミイラが壊されてしまうと懸念されています。

現在、このミイラの保護するための研究が行われています。

うまくいけばミイラの崩壊を食い止めることが可能とのことです。

 

研究が上手くいってほしいものですね。

 

参照元:Bones Don’t Lie








 関連記事

バトルアックスを実際に作って振り回してみたらこうなった
バトルアックスを実際に作って振り回してみたらこうなった

ドワーフみたいなおっさんでもこうなるのか。 ファンタジー映画やゲームによく登場す …

【プロの犯行】スナック菓子などを使ったプレート料理がすごすぎる
【これがプロの犯行か…】 一流シェフの手にかかればスナック菓子も芸術的な一皿になる

撮影者:Chef Jacques LaMerde   いつも食べてるお …

マインドコントロールされたロボット外骨格で麻痺した人が再び歩き出す

マインドコントロールされたロボット外骨格は、フランスの障害者が再び歩くのを助ける …

野生化した軍用ネズミか!? 巨大なネズミが捕獲される

写真:facebook   いや待って、本当にネズミ?大きすぎるでしょ …

男女の命は平等ではなかった…インドのヤバすぎる風習、サティと今も続く名誉殺人

2021年3月、ネットニュースで話題になったこの事件。インド北部ウッタル プラデ …

ゴブリンの映像?遊ぶ子供たちの後ろで動く小さな影

ヨーロッパで代々言い伝えられている架空の生物ゴブリン。 ファンタジー映画やゲーム …

ロンドンで4500万円の車が大破する事故が起こる
ロンドンで4500万円の車が大破する事故が起こる

撮影者:Mirror うわぁ・・・ イギリス、ロンドンで2月22日に起こったスー …

ヒェッ…!ゴキブリロボットが実用まで秒読み段階

なにもわざわざゴキブリにしなくても…。 ロシアの大学がゴキブリ型ロボットの開発に …

PRIDEとK-1で活躍したヒョードルの弟が予想外の方向で極悪なことになっていた!

ヒィィィすごくサイコで怖いよう。どちらかというと山本KID的な悪さをイメージして …

【こんなの食べるのかよ】動物が作る世界の高価な珍味6種類。【人ってすごい】

世の中にはたくさんのグルメが存在しています。 その中にはいわゆるゲテモノとも言わ …

閉じる