これで官邸も安心?米軍がドローン迎撃システムをテスト中

 - 驚き , ,

 

あわせて読みたい

2AE38FF000000578-0-image-m-9_1438039648846官邸ドローンやドローン少年など、日本国内では何かとお騒がせなイメージのあるドローンですが、アメリカは本気で脅威を感じているようです。
米軍はテロにドローンが利用される危険を排除するための迎撃システムの開発しました。
「EAPS」と呼ばれる迎撃システムはすでにニュージャージー州でテスト段階に入っています。

「ドローンの脅威はすでに爆発的に広がっています」とEAPSシステム担当者のマンフレディ・ルチアーノ氏は語っています。「全ての国はドローンの脅威に対向する手段を持たねばなりません」
2AE2B62E00000578-0-image-a-7_1438037134420システムは50mmキャノンでロケット弾を撃ちだすものとなっています。
1マイル以内(約1.6km)に侵入した目標をレーダーで捉えるとロケットが打ち出され、ビームで目標に向けて軌道を変更する命令が伝えられます。
あらゆる国での調達のしやすさを考え、50mmブッシュマスターⅢという既存のキャノン砲が転用可能で、ミサイルより一発ごとのコストも安くなるように設計されています。
2AE2B63200000578-0-image-a-6_1438037085209無人航空機は1999年に800機だったものが、2010年には約1万へと成長しました。
しかし元はと言えばドローン技術は米軍が敵地を攻撃するために開発したもの。
それを迎撃するシステムもまた米軍が作るんですね。なんだかスケールの大きなマッチポンプなような気もします。兵器ビジネスはこうして繁盛していくんですね。

 

参照:dailymail








 関連記事

【動画】巨大パイソンが巨大コウモリを捕食している映像が公開される!

写真:Dailymail   思わずなんだこれはと言いたくなる映像が、 …

スプレーで顔を真っ黒にし、車を盗もうとしたら→見事に逮捕される
スプレーで顔を真っ黒にし、車を盗もうとしたら→見事に逮捕される

撮影者:Madera Police Dept   なぜこれでバレないん …

東京大空襲から今年で70年。今と当時の東京の写真を見比べてみた。

撮影者:AP通信 1945年3月10日に死者数を10万人以上を出し、被災者は10 …

溶岩の上を走る!ガソリンを投げ込む!iPadを焼く!溶岩で遊ぶ命知らずたち

エチオピアの溶岩湖エルタ・アレ ここは世界的にも数少ない恒常的な溶岩湖があり、今 …

11歳の自閉症の少年が記憶だけで描いた世界地図が完璧だと話題に
11歳の自閉症の少年が記憶だけで描いた世界地図が完璧だと話題に

撮影者:Bobitis   え?記憶だけで世界地図を事細かく描くなんて …

野生化した軍用ネズミか!? 巨大なネズミが捕獲される

写真:facebook   いや待って、本当にネズミ?大きすぎるでしょ …

車の中がゴミだらけだったための交通事故

首相としてテレサ・メイに代わる現在のフロントランナーであるボリス・ジョンソンが所 …

【速報】兵庫県洲本市中川原町の連続殺人事件で逮捕された平野達彦容疑者のSNSアカウントが特定。異常だと話題!!

兵庫県洲本市で住民とみられる男女5人が刺され、うち3人が死亡した事件で、殺人容疑 …

人間を辞めたある写真家のセルフポートレート

リアル寄生獣 これはスリットスキャンと言う撮影技法を用いたフランスの写真家、&# …

【トリビア】南極の知られざる20の秘密まとめ

写真:Best Picture Blog   地球の最南端にある南極。 …

閉じる