これで官邸も安心?米軍がドローン迎撃システムをテスト中

 - 驚き , ,

 

あわせて読みたい

2AE38FF000000578-0-image-m-9_1438039648846官邸ドローンやドローン少年など、日本国内では何かとお騒がせなイメージのあるドローンですが、アメリカは本気で脅威を感じているようです。
米軍はテロにドローンが利用される危険を排除するための迎撃システムの開発しました。
「EAPS」と呼ばれる迎撃システムはすでにニュージャージー州でテスト段階に入っています。

「ドローンの脅威はすでに爆発的に広がっています」とEAPSシステム担当者のマンフレディ・ルチアーノ氏は語っています。「全ての国はドローンの脅威に対向する手段を持たねばなりません」
2AE2B62E00000578-0-image-a-7_1438037134420システムは50mmキャノンでロケット弾を撃ちだすものとなっています。
1マイル以内(約1.6km)に侵入した目標をレーダーで捉えるとロケットが打ち出され、ビームで目標に向けて軌道を変更する命令が伝えられます。
あらゆる国での調達のしやすさを考え、50mmブッシュマスターⅢという既存のキャノン砲が転用可能で、ミサイルより一発ごとのコストも安くなるように設計されています。
2AE2B63200000578-0-image-a-6_1438037085209無人航空機は1999年に800機だったものが、2010年には約1万へと成長しました。
しかし元はと言えばドローン技術は米軍が敵地を攻撃するために開発したもの。
それを迎撃するシステムもまた米軍が作るんですね。なんだかスケールの大きなマッチポンプなような気もします。兵器ビジネスはこうして繁盛していくんですね。

 

参照:dailymail








 関連記事

もはやなんでもアリだな!火星で今度はイグアナが見つかる!

カニやエビが見つかった火星で、今度はイグアナが見つかったようです。早速その画像を …

チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機!
チリとペルーで見つかった7000年前のミイラが気候の変化で崩壊の危機!

撮影者:livescience   ここのミイラはエジプトのミイラより …

【なんだって!?】2017年に空飛ぶ車がとうとう発売されるぞ!!

撮影者:REX   SFの世界がとうとう現実に!!  道路が走れて離陸 …

恐ロシア 奇跡のバイク事故

ロシアは交通マナーが悪い人が多く、交通事故が多いことで有名です。 Youtube …

【一人称映像】ショッピングモールの中で自転車レースをやってみた映像がタマヒュンすぎてすごいぞ!
【一人称映像】ショッピングモールの中で自転車レースをやってみた映像がタマヒュンすぎてすごいぞ!

イヤッホオオオォォォォオオオオ!!!こえぇえええ!!すげぇええええ!!! 201 …

【怖すぎ】ペルー 聖なる谷の崖に全面ガラス張りのホテルが登場!

写真:Natura Vive   ペルーの聖なる谷はインカ帝国時代の遺 …

ブレスレットにスタンガンを当てるとどうなるか?→見事に感電して倒れる
ブレスレットにスタンガンを当てるとどうなるか?→見事に感電して倒れる

撮影者:Yamashita Yohei   ドリフかよってつっこみたい …

オレンジを超スローモーションで爆発させる映像が話題に
スーパースローで撮ったオレンジが爆発する瞬間の映像がスゴイ

嘘みたいだろ?これオレンジなんだぜ? Slow Mo Labというyoutube …

フェイタリティ!!エレベーターでモータルコンバットなどっきりを仕掛けてみた
フェイタリティ!!エレベーターでモータルコンバットなどっきりを仕掛けてみた

ネタバレするとノーフェイタリティでフィニッシュです。 いくらノーフェイタリティで …

暗闇でもモノを追える様に時代に!暗視点眼剤が開発されたぞ!
暗闇でもモノを追える様に時代に!暗視点眼剤が開発されたぞ!

撮影者:Gabriel Licina   暗視点眼剤って厨二病っぽい。 …

閉じる