ダイナマイト漁で両手を失った男性が自分で作った義手がかっこいい

 - 驚き , , ,

 

あわせて読みたい
ダイナマイト漁で両手を失った男性が自ら鉄くずから義手を作る ないなら作ってしまおう。 そうしたほうが自分にぴったりなものを探す必要もなく、手っ取り早かったりお金も使わなくて済む事があります。 今回はダイナマイト漁で両手を失ってしまった男性が、自分で義手を作ってしまったというニュースをご紹介します。

ダイナマイト漁で両手を失ってしまう

ダイナマイト漁で両手を失った男性が自ら鉄くずから義手を作る 撮影者:Drajay1976 両手を失ってしまったのは吉林省に住むシン・ジファさん。 自家製の爆弾でダイナマイト漁を行った際に、爆弾が暴発してしまい両手を失ってしまいました。 因みにダイナマイト漁は日本では禁止されています。

お金がない。なら自分で作ってしまおう

ダイナマイト漁で両手を失った男性が自ら鉄くずから義手を作る 撮影者:Dailymail シンさんは一命を取り留めたものの、義手を購入する余裕なんてありませんでした。 なら自分で作ってしまおうと思い立ち、試作品を作ること8年。ついにこの義手が完成しました。 ダイナマイト漁で両手を失った男性が自ら鉄くずから義手を作る ダイナマイト漁で両手を失った男性が自ら鉄くずから義手を作る ダイナマイト漁で両手を失った男性が自ら鉄くずから義手を作る 撮影者:Dailymail しかし欠点が3つあります。 ・義手自体が重くて疲れる。 ・素材が素材なので、夏は高温になってしまい、冬は冷えて義手が冷たすぎる。 ・指が動かないので、細かい作業はできない。

シンさんの今後の予定

ダイナマイト漁で両手を失った男性が自ら鉄くずから義手を作る 撮影者:Dailymail 今後は同じ障害者の為に義手を開発していくそうです。 まだまだ改良の余地はありますが、実際に義手を作ってしまうとは凄すぎます。 ちょっとスチームパンクっぽさもありますね。 参照元:Dailymail








 関連記事

【おそロシア】ロシアで流行っている遊びがとんでもなく怖い!

高いところが苦手な人は見ないほうがいいかも。 ロシアの若者の間で「素手で高いとこ …

ピンクのグレートデン その理由は

母親がグレートデーンのピンクを染めて爪を塗っていた。 21歳のジェシカウィリアム …

11歳の自閉症の少年が記憶だけで描いた世界地図が完璧だと話題に
11歳の自閉症の少年が記憶だけで描いた世界地図が完璧だと話題に

撮影者:Bobitis   え?記憶だけで世界地図を事細かく描くなんて …

地震の神の怒り?ボルネオ島の地震後にキナバル山で謎の青い虹が目撃される!

写真:Facebook RinaRipau   6月5日にマレーシア …

自宅を壁ドンしたら、地下から5000年前の超巨大都市が現れる!!

撮影者:Alamy   嘘みたいな本当の話。   1963年 …

ナショナル・ヘルス・サービスの歯科医を見つけるために18か月待っていた男性は自分で歯を引き抜く

62歳のDavid Woodhouseは、コーンウォール州Truroの自宅の近く …

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所
【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所

1.連邦準備銀行 撮影者:ebaumsworld   世界のお金の約2 …

女性がシャワーから出たら、家の中に思わぬ来客者が現れる!
カギをかけ忘れた家に牛さんが訪問!大きな置き土産を残していく

撮影者:SWNS 自分1人しか居ない筈の家に、誰かが入ってきたらあなたはどうしま …

とにかくデカい!モフりたすぎる巨大ワンコたちの画像まとめ

巨大なモフモフが現れた! 漫画から出てきたような巨大なわんこですが、この写真には …

新しいネットの流行!? なぜか手に汗握るエクストリームフォンピンチング

SNSで注目を集めようと危険な場所や無茶な状況で自撮りする人が増えているのはすで …

閉じる