宇宙からの不思議な無線信号は15億光年先のエイリアンのもの?

 - UFO, ふしぎ, 宇宙 , ,

 

あわせて読みたい

専門家がエイリアンの証拠と考えている宇宙からの電波バーストが二度目にわたって検出された可能性があります。

宇宙からの電波バーストはエイリアンの証拠

2007年に偶然検出された「高速ラジオバースト」(FRB)はわずか1ミリ秒の長さであり、そのバースト信号は2001年に収集された電波天文データでもあります。

Nature誌に報告された新しい発見は、昨年の夏にFRBを探していたカナダ主導の天文学者チームによって行われました。

大部分の科学者は、それらがブラックホールや超高密度中性子星のような強力な天体物理学的現象によって生成されると信じています。

しかし、わずかながらもっと異常な理論を提案している人もいます。

米国のハーバードスミソニアン天体物理学センターのローブ教授は、彼らが信じられないほど高度なエイリアンテクノロジーの証拠である可能性があると主張しています。

昨年の発見で、チームは新しいタイプの電波望遠鏡、Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment(Chime)を使って13回のフラッシュを検出しました。

FRBがどこから来るのかは知られていませんが、それらは私たちの銀河系、天の川の外に何十億光年も離れた源から発すると考えられています。

新しいFRBも異常に低い無線周波数にあります。以前に検出されたほとんどのFRBは、約1,400メガヘルツ(MHz)の周波数を持っていましたが、新しいものは800 MHz以下の範囲に入りました。

FRBは巨大宇宙船の推進器の存在を示唆

2017年、ローブ教授とハーバード大学の同僚であるマナスヴィリンガムは、以下のようにFRBが惑星サイズのエイリアン送信機からの漏洩である可能性があると提案しました。

通信用に設計されているのではなく、ライトセイルを搭載した巨大宇宙船を推進するために使用されるでしょう。

ライトセイルは前方への推力を提供するために巨大な反射シートから光、この場合は無線ビームを反射させることによって機能します。

参照元:Mirror








 関連記事

1971年に米国の潜水艦からUFOを撮影していたことが暴露される!

米軍の古い資料とされる、新たなUFO写真がリークされて話題となっています。写真は …

古代マヤ文明の彫像にQRコードがあった!読み取ってみると・・・

古代マヤ文明の遺跡は古代の宇宙人が残したとしか思えない物が数多くあることはあまり …

アポロ計画疑惑には別の疑惑があった

無人探査機がアポロ計画疑惑を解決 アポロ計画はねつ造ではないか?という疑惑につい …

「太陽系2.0」の発見か?186光年離れた宇宙に木星そっくりの星が見つかる

チリのESO望遠鏡によって、遠く離れた銀河に木星のドッペルゲンガーが発見されまし …

石像だって自撮りしたい!石像がセルフィーした写真が話題に
彫像だって自撮りしたい!彫像がセルフィーした写真が話題に

撮影者:Crashworks セルフィーをしたいのは必ずしも人間だけではありませ …

新しい発見は水の中にある。水に沈んだ5つの都市遺跡

アトランティスやムー大陸、聖書に記され、世界各地で言い伝えられている洪水伝説。水 …

1100年前の仏像をCTスキャンしたらミイラ化した高僧が中に!!

撮影者:Drents Museum 仏像の中に人が入っているなんて誰も思っていな …

俺たちの太陽系の本当の動きがまるで魔貫光殺砲でカッコイイ

太陽系の動きを系外から見たシュミレーション映像です。 頭ではわかってましたが映像 …

準惑星ケレスの謎の光点に探査機が最接近!精密動画が届くものの正体不明

以前の記事でも取り上げた準惑星ケレスの謎の光る点に、NASAの探査機「ドーン」が …

100年前にセーヌ川で見つかった身元不明の少女の遺体がある理由で有名に!!

写真:wikipedia   何故だか分かりますか?答えは後ほど。 & …

閉じる