カメラが嫌で逃げ出した!? 子供の霊が宿る「カメラシャイ人形」

 - ふしぎ, 怪奇現象 , ,

 

あわせて読みたい
camera-shy-doll-599181この人形には子供の霊が宿っているのでしょうか?   この人形のあったフロリダ州キーウェストにある資料館『オーデュボンハウス』は、船乗りのジャック・ガイガー船長と彼の12人の子供の家として200年以上前に建てられた屋敷です。 そしてこの屋敷は後に保育園として使われ、コレラが流行した際に、罹患した子供たちを隔離する役割を担いました。そのため多くの子どもたちがここで命を落としました。 その後しばらくしてから1960年から博物館としてオープンしましたが、怪奇現象が相次いで起こります。 ghost-doll-house-333692子供たちが隔離されていた部屋で警報機が鳴ることがしばしばあり、観光客や通行人が子供の笑い声や泣く声を聞き、庭園でジャック・ガイガー船長と娘のハンナが歩いているところが目撃されています。 中でも、資料館の一室に展示されていた人形は、どういうわけかまったく写真に写すことができませんでした。 ghost-doll-haunted-333690写真が出来上がってくるとなぜか黒い線が入っていて人形が見えなくなっているのです。この噂を聞きつけたあるテレビ局は、この人形がカメラに収められるまで写真を撮り続けました。 ghost-doll-333684まともに写す事が出来たのはこの一枚限りで、これにも左下に謎の黒い線が入ってしまっています。 この現象に興味を抱いたディスカバリーチャンネルがドキュメントを企画し、撮影を行うために『オーデュボンハウス』を訪れることになりした。 撮影を行う日の朝になると、この人形はまるで逃げ出したかのようにいなくなっていました。 今まで不必要に鳴っていた警報機もその時は一切反応しておらず、その後この資料館でこういった不可解な現象が起こることは無くなったそうです。 ghost-house-haunted-333695人形の持ち主だったハンナの不気味な肖像画は今でもオーデュボンハウスにかかっています。   参照:Express








 関連記事

夜空を漂う巨大なクラゲ?珍しい現象「レッドスプライト」を宇宙から捉えた画像が凄い

国際宇宙ステーションの宇宙飛行士スコット・ケリーが、ISSが中央アメリカ上空を通 …

薬物依存症だった男性が、薬物の使用を辞めた1枚の写真が話題に

写真:Infinity   薬物依存症だったジョー・マルティネスさん。 …

【こんなの食べるのかよ】動物が作る世界の高価な珍味6種類。【人ってすごい】

世の中にはたくさんのグルメが存在しています。 その中にはいわゆるゲテモノとも言わ …

地下14.4kmから悲痛な叫び声が…「地獄の音」か?シベリアン・ヘルサウンドの謎

海外で有名な都市伝説をご紹介します。   1989年、ロシアで地質調査 …

ロシアで謎の発光現象が相次いでて怖い。自然現象ではない模様

ロシア南部のスタブロポリで夜空が発光する出来事が発生しました。 ドライブレコーダ …

霊が出ると有名なアイルランドの刑務所で幽霊が歩いている姿が目撃される!

写真:Ian Edwards   アイルランドのコーク市刑務所。 こち …

共に歌い、’You’re so funny’と語りかけてくる幽霊?

歌う幽霊が現れ、撮影者の親子は実家に避難する事態となったようです。   …

月面の神秘的な閃光の謎

 月をじっと見つめていると、月面の不思議な光の閃光に気づいたかもしれません。この …

火炎放射器と消防ホースのガチンコ対決は2回戦だった! 果たしてどちらが勝ったのか

  火炎放射器と消防ホースが戦ったら、一体どうなるんだろうという素朴な …

ツートンカラーのキメラ猫

ツートーンカラーのキメラ猫、ナルニアと出会ってください。 このユニークなキティの …

閉じる