【世界の不思議】地球上に存在してるヘンテコ動物20種

 - UMA, ふしぎ, 動物 , , ,

 

あわせて読みたい

地球上にはまだまだ不思議なことで溢れている。 今回は、どうしてこう進化してしまったんだ・・・と言わざるを得ない動物を20種類ご紹介いたします。

1.ワツシ(Ankole-Watusi)

ワツシ アンコーレ王国に生息しているワツシ。 写真で見て分かるとおり、大きな角が特徴。 角は重さ約43kgにもなり、長さは左右合わせて2.4mにもなるそうな。 こんなのが突っ込んできたら勝てるわけがない。

2.ダンボタコ(Dumbo Octopus)

ダンボタコ ダンボタコ ヒレがディズニー映画「ダンボ」にそっくりなこのダンボタコ。 海底でワームや甲殻類を餌にしているみたいです。 この子に会いたい? 10000~11000フィートの深海に住んでいるので、難しいかもしれません。

3.サイガアンテロープ(Saiga Antelope)

サイガアンテロープ サイガアンテロープ ジュンガル盆地、モンゴルなどのユーラシア草原に生息するカモシカ。 絶滅危惧種にもなっている。 この鼻は、ほこりっぽい空気から綺麗な空気を吸ったり、暖かい空気を吸うための機能が備わっている。 スターウォーズでこんな鼻のキャラクターが居たような・・・気のせいかな。

4.レッドリップド・バットフィッシュ(Red-Lipped Batfish)

レッドリップド・バットフィッシュ ガラパゴス諸島に生息している赤い唇が特徴ですが、泳ぎ方も特徴的みたいです。 場末のスナックとか電車で並んでるのに割り込んでくるタイプのおばちゃんっぽい。

5.中国水鹿(Chinese Water Deer)

中国水鹿 「吸血鹿」とも呼ばれている中国の水鹿。 縄張り争いでこの牙が使われるみたいです。 多分ツンデレタイプ。

6.ピュラチレンシス(Pyura Chilensis)

ピュラチレンシス ピュラチレンシス こちらは以前”なにこれグロい!でもうめえええええええ!食べられる奇妙な生き物たち”でも取り上げられた生きた岩とも呼ばれている「ピュラチレンシス」さん。 チリに生息しているみたいです。見た目が非常にアレですが、食べると美味しいそうです。 よくこれを食べようと思ったな。

7.パクー(Pacu Fish)

パクー 人の歯にそっくりな歯を持つ南米のパクー。 可愛らしい名前とは裏腹に、地元の男性漁師には”ボール(睾丸)カッター”と言う名前でも呼ばれている。 パクーに関しては、何故かスウェーデンで睾丸を噛み千切られて死亡した事件もある。

8.グラウコスアトラン(Glaucus Atlanticus)

グラウコスアトラン 「ブルードラゴン」ともよばれているウミウシの一種らしい。 大きさは1cm程だという。 南アフリカ、オーストラリアの東海岸、南海岸に生息している。 ファンタジーとかに出てきそう。

9.スリナムヒキガエル(Surinam Toad)

スリナムヒキガエル 南米のスリナムの葉っぱの様な外観を持つ、ヒキガエル。 特殊な受精方法を持っているそうです。

10.サーカスティックフリンジヘッド(Sarcastic Fringeheads)

サーカスティックフリンジヘッド サーカスティックフリンジヘッド アメリカの西海岸で発見されたでか過ぎる口を持つサーカスティックフリンジヘッド。 気性も荒く、縄張り意識も高いそうです。 エイリアンだなこれ。

11.パラダイストビヘビ(Chrysopelea)

パラダイストビヘビ あれはなんだ!鳥か!飛行機か!いや、あれはヘビだ! と言わざるを得ない空飛ぶヘビの異名を持つパラダイストビヘビ。 蛇界のミル・マスカラスですかね。

12.ユメナマコ(Enypniastes)

ユメナマコ 最大16400フィートの深海に生息しているナマコ。 中央のバックベアードみたいな所は口。 その回りについているものをは食用泥をすくい上げるための触手。

13.イエティカニ(Yeti Crab)

イエティカニ 2005年に発見された毛むくじゃらのこのイエティカニ。 南太平洋で見つかったが、まだ詳細な情報は解明されていない。

14.デメニギス(Barreleye)

デメニギス しょんぼり顔っぽいデメニギスさん。 因みに、顔の目っぽい部分は鼻で、目は頭部内の丸いやつが目です。

15.ジェレヌク(Gerenuk)

ジェレヌク ジェレヌクというのはソマリア語で「キリンの首」とのこと。 後ろ足で立ち、枝から餌を採って生活をしている。

16.ゴブリンシャーク(Goblin Shark)

ゴブリンシャーク 1億2500万年前から生き残っている、生きた化石とも呼ばれているゴブリンシャーク。 最初に1898年に初めて発見されました。

17.シャコ(Mantis Shrimp)

シャコ シャコ 普段は巣穴や穴に隠れて引き篭もって生活をしているシャコ。 時速80kmで動けたり、強力な爪でを持っていたりとチート性能も持ち合わせるのだとか。 寿司ネタでもあるけどシャコ凄いな。

18.ホシバナモグラ(Star-Nosed Mole)

ホシバナモグラ 北米に生息しているホシバナモグラ。 星型についている触手で餌を見つけることができる。

19.パンダアリ(Panda Ant)

パンダアリ 何このもふもふ!かわいい!!しかもパンダ柄!! こちらは南米に生息しているハチの一種です。 アリなのにハチなの… 因みに、腹部に毒針を持っているので、取り扱い要注意です。

20.リーフ柄のヤモリ(Leaf-Tailed Gecko)

リーフ柄のヤモリ リーフ柄のヤモリ マダガスカルに生息している変装名人のヤモリ。 これよく見ても分からないでしょうね。

参照元:40 Bizarre Creatures That Actually Exist On Earth








 関連記事

Googleストリートビューでネッシーを探せるようになったよー!!

写真:Google Blog   これでスコットランドまで行かなくて済 …

100年前にセーヌ川で見つかった身元不明の少女の遺体がある理由で有名に!!

写真:wikipedia   何故だか分かりますか?答えは後ほど。 & …

ゴルゴ13の予言!ゴルゴ13が現実の出来事を予見したエピソードベスト5

言わずと知れた日本屈指の長期連載マンガであり、今も多くのファンを魅了してやまない …

世界最大のウサギの子供がお父さんを抜く勢いで成長中! お父さんの記録を狙っている模様

毎年イースターの時期に報じられる世界一大きなウサギのニュースが入って来ました。 …

ポーランドで半魚人が捕獲される!? 「マーマン」実在の証拠か

信じられない映像に世界が驚いています。 ポーランドで撮影されたという短い動画には …

スペイン バルセロナの冬のお祭りがちょっと怖くて幻想的

撮影者:Jordi Boixareu/ZUMA Press/Corbis このお …

まさにゴム人間。体が柔らかすぎる男性のパフォーマンスが凄すぎる
まさにゴム人間。体が柔らかすぎる男性のパフォーマンスが凄すぎる

え?いやちょっと待ってどうなってるのこれ? 悪魔の実でも食べたの?   …

あのゲームの舞台っぽいアメリカの廃ショッピングモールの写真が幻想的だと話題に
ディストピアぽくて幻想的な廃ショッピングモールの写真が素敵すぎる

撮影者:セフ・ローレンス 2008年に廃ショッピングモールとなってしまった、アメ …

【これはひどい】どうしてこうなった感しかない剥製集
【これはひどい】どうしてこうなった感しかない剥製集

色々おかしい。 全体的に目が残念な事になってますね。 フォルムに関しては言わずも …

人間を辞めたある写真家のセルフポートレート

リアル寄生獣 これはスリットスキャンと言う撮影技法を用いたフランスの写真家、&# …

閉じる