ソユーズ1号 コマロフの悲劇

 - 宇宙, 怖い話, 恐ろしい , , ,

 

あわせて読みたい


コマロフは1967年にユーリガガーリンを予備宇宙飛行士としてソユーズ1号を指揮するために選ばれました。




コマロフと妻子



宇宙飛行士は宇宙船には大きな安全上の問題があることを知っていたが、彼が飛ぶことを拒否するのであればガガーリンは代わりに行くことを強いられるとコマロフは述べた。




ソビエトの指導者たちが彼らのしたことを見ることができるように、彼の葬儀は開かれた棺桶であると飛行した。




宇宙飛行の準備の間、両方の宇宙飛行士は12〜14時間働いていた。軌道への挿入時に、ソユーズモジュールのソーラーパネルは完全に展開することができず、それによって航空機が完全に動力を与えられてナビゲーション装置の一部を覆い隠すことを妨げました。




コマロフは、「コンディションは悪い。キャビンパラメータは正常だが、左のソーラーパネルは展開されていない。電気バスは13〜14アンペアしかない。HF(高周波)通信が機能していない。私はDO-1オリエンテーションエンジンを使って手動で宇宙船の向きを変えようとしましたが、DO-1に残る圧力は180まで下がった。」と言いました。




コマロフは5時間ソユーズモジュールの向きを変えようとしました。




航空機は信頼できないステータス情報を送信していました、そして、宇宙船が超高周波(UHF)地上受信機の範囲外にあった間に無線接触を維持するはずだった高周波送信機の故障のため軌道13から15で通信を失いました。




航空機の問題の結果として、ソビエトは宇宙飛行士がソユーズ1号への車両外活動(EVA)を実行することになっていた2番目のソユーズモジュールを起動せず、ミッションを短くしました。




コマロフは軌道15から17のイオンフローセンサーを使って航空機の向きを変えるよう命じられました。




イオンセンサーは故障していました。




コマロフは軌道19まで手動で再突入を試みるのに十分な時間がありませんでした。




Orskの指定された着陸地点に到着するためには、逆火が地球の夜側に起こらなければなりませんでした。




コマロフは日中に手動で宇宙船の向きを決めた後、ジャイロプラットフォームを基準として使って夜間のレトロファイアのために宇宙船の向きを変えました。




彼は19周目に地球の大気圏への再突入に成功しましたが、モジュールのドローグとメインブレーキングパラシュートは正しく展開できませんでした。




モジュールは地面に衝突し、コマロフは死にました。




ウラジミール・コマロフ




ソビエト連邦の宇宙飛行士。モスクワ出身。1960年に最初に選ばれた宇宙飛行士の一人。1967年宇宙事故の犠牲となり死去。その遺灰はクレムリンの壁に埋葬されている。








 関連記事

18世紀まで実際に行われていた魔女を発見する13の方法

写真:mirror   15世紀から18世紀まで行われていた魔女狩り。 …

バカなの?眼球に吸盤のおもちゃをくっ付ける特技を持つユーチューバーが登場!

ちょっ、うわぁイタタタタタやめて~。海外ユーチューバーのCharles Tiet …

【速報】北京近くの発電所がぽぽぽぽーん!ほんとに火力?と疑問の声

北京近くの華能発電所で爆発が起きたようです。 現場ではキノコ雲が見られ、2名が死 …

クレーンの先にぶら下がる人影…何気なく上げた画像が恐ろしい事態に!

あるTwitterユーザーがアップした画像が話題となっています。 その画像は何気 …

ロシアのバイコヌール宇宙基地の写真が公開される!!

写真:petapixel   元々はソ連が秘密裏にミサイルの発射場とし …

未だ解明されていない太陽系の9のミステリー

我々の住む地球のある太陽系は、一番身近な星系ですがまだまだ解明されていない謎がた …

買物客と店員に斧を振っている男が防犯カメラに映る

スーパーマーケットから顧客を追いかけてテスコを駆け抜けたアックスマン(斧を持つ男 …

カルブコ火山が42年ぶりに大噴火! 美しさと恐怖が同居する噴火画像・動画ツイートまとめ。噴煙が立ち上る様子から火山雷まで。

チリ南部のカルブコ火山が4月22日、42年ぶりに大噴火をおこしました。チリ政府は …

ある男性が妻と離婚することになった写真。おかしな点があることにお気づきだろうか?

写真:Reddit   おかしな点にお気づきだろうか?   …

男塾名物の油風呂は実在した!タイには高温の油に浸りながら瞑想をする僧侶がいる

©宮下あきら/集英社   こ、これは!あの男塾名物「油風呂」だーーー! …

閉じる