本当に命の危険がある?世界最大のオカルト博物館がガチすぎる件

 - オカルト, 驚き , ,

 

あわせて読みたい

米国コネチカット州には、世界最大のオカルト博物館があります。そこでは夜な夜な奇妙な出来事が起きているんだとか。

2B80794B00000578-0-image-a-1_1440027115771

「オカルトミュージアム」と呼ばれるこの博物館は、この種の博物館の中で最古のものであり、最大の所蔵物を持っています。

悪魔研究家のエド・ウォーレン氏と、トランス霊媒師のロレーヌ・ウォーレン夫人がこの博物館のオーナーです。

 

彼らは映画『悪魔の棲む家』のモデルとなった、1974年にニューヨークのロングアイランドで発生した「アミティビルの恐怖」事件に関わったことで知られており、超常現象についての最も著名な専門家です。

ウォーレン夫婦は悪霊祓いとして60年間にわたって活躍し、これまでに依頼を受けて10,000件以上の超常現象を解決してきました。

2B80795E00000578-0-image-m-9_1440027462369

ウォーレン夫婦



博物館の目玉は有名な「アナベル人形」。ガラスケースには『危険!触るな!』と警告の表示があります。

この人形には幼くして亡くなった少女の霊が乗り移っており、大人の男性の胸を切りつけ、1人を殺害したと言われています。

この博物館に来てからもあちこち場所を移動するため、特製のガラスケースに封印されました。

呪いは今でも健在らしく、ガラスケースを叩いて人形を挑発した若者は、博物館からの帰り道で事故に遭い死亡したとのことです。

 

2B80797100000578-0-image-a-12_1440028009267

アナベル人形とウォーレン夫人



夫婦はウェブサイトで悪霊祓いについて、「宗教に基づくだけでなく、科学を使用しています」と言います。

「彼らは決して奇妙なものでなく、本質的に誰にでも起こりえることです」

 

アナベル人形以外にも博物館には様々な所蔵物が展示されています。ウェブサイトによるとコネチカット州の木の中から現れた「悪魔の偶像」や、魂を召喚するために使う鏡、「悪魔への変身」に用いる子供の墓石などがあるそうです。

また、アフリカやエジプトの呪われたマスクや、ブードゥーの狂気じみた呪いに用いる動物を展示しています。

2B8078F100000578-0-image-a-37_14400281704652B8078E800000578-0-image-a-42_14400281920222B8078EC00000578-0-image-a-39_1440028181083このオルガンは今でも毎晩「丑三つ時」になると勝手に狂った音楽を鳴らし始めると言われています。

2B8078E000000578-0-image-a-44_14400281967092B80790B00000578-0-image-a-35_14400281618492B80791900000578-0-image-a-47_14400282092292B80790300000578-0-image-a-50_14400282197542B80793A00000578-0-image-a-25_1440028080464エド・ウォーレン氏はウェブサイトで述べます。「ここにあるものは全て人々に悲惨な効果をもたらした物ばかりです。人々は悲惨な死や障害を負いました」

この博物館では夜間に様々な物音がしたり、寝室に上がってくる足音を聞くことができます。

エド氏は残念ながら9年前に亡くなってしまいましたが、夫人はご存命で、今も悪霊祓いの仕事をしています。

 

参照:dailymail Facebook/The Warren’s Occult Museum warrens.net








 関連記事

立体的な幾何学模様のタトゥーがすごすぎると話題に
立体的な幾何学模様のタトゥーがすごすぎると話題に

撮影者:Dabs Tattoo.   おぉ!すごい!!   …

浜サメ釣りを極めて200匹以上のサメを釣りあげた19歳青年

凶暴で恐ろしい海の殺し屋であるサメ。そんなサメを陸から釣り上げる浜サメ釣りを極め …

マクロレンズで虫を撮影したら、まるで別世界。

肉眼では見ることの出来ない世界の美しさ。 John Cogan氏が撮影をした魅惑 …

奇跡!? 聖母マリアを描いた絵画の唇が動いた!

普通に考えて、絵画に描かれた人物が動くということはあり得ません。 しかし、この映 …

ゾンビが発生しても生き残る!ゾンビハザードで使えるライフハック【決定版】

ゾンビは突然やってきます。なんの備えもしていない場合、身近にあるものだけで身を守 …

シカゴに実在した「2つの顔を持つ男」の悲劇的な人生

昼と夜という意味ではなく。   シカゴに住んでいた「2つの顔を持つ男」 …

ハンマー?そんなもの使うやつぁ軟弱者だね。素手で板に釘を打ち込むマッチョマンが現る

釘を打つためにハンマーを使用するのが普通だと思います。 しかし、このウクライナに …

ジョン・トラボルタのようにサタデー・ナイト・フィーバーしてる熊が激写される!!

  熊は時に森の中でダンスを楽しむことがあることは以前もお伝えしました …

インドの離島 北センチネル島 上陸しようとする者を攻撃

インドの海岸沖に位置するノースセンチル島は、ベンガル湾に位置しています。 それは …

ソロモン諸島の海底火山で、貴重な深海鮫オンデンザメの撮影に成功!

  ソロモン諸島にある海底火山カバチで深海鮫オンデンザメの撮影に成功し …

閉じる