新しい家に引っ越したら心霊写真が・・・しかもこの周辺は殺人事件の現場だった!

 - 怪奇現象, 驚き , , , ,

 

あわせて読みたい
1414139729604_wps_16_PIC_FROM_CATERS_NEWS_PICT写真:Caters News Agency   出来れば引っ越す前に知りたかった。   こちらの家に引っ越して、外から家の写真を撮ったら心霊写真が撮れてしまいました。 しかもこの周辺では以前、殺人事件の現場があったんだとか。   引越し早々に踏んだり蹴ったりな目に遭ってしまったこの家の新しいオーナーは、ミシェル・ウィンターさん。   では問題の写真をご覧頂こう。 1414139531653_wps_8_PIC_FROM_CATERS_NEWS_PICT写真:Caters News Agency   窓からこちらを見ている男性が居ることにお気づきだろうか? 因みにこの時、家の中には誰も居ませんでした。   ミシェルさんはこの写真が撮影された後、何が写っているかわからないため、写真をfacebook上でアップすることにしました。Facebookでは様々な憶測が飛び交いましたが、誰も納得のいく結論を出すことはできませんでした。   この霊を目撃した後、自宅内では壁から時計が落下するという事が起こり、ミシェルさんはこれは霊の仕業に違いないと思っています。 ミシェルさんの友人は霊が出た部屋でドアが勝手に開いたのを目撃しています。   こちらが霊が出た部屋の内部。 1414139733810_wps_17_PIC_FROM_CATERS_NEWS_PICT写真:Caters News Agency   霊の存在を信じていないミシェルさんですが、この一件は説明がつかず不気味だとコメントをしています。  

この男性、実は・・・

1414139691839_Image_galleryImage__COPYRIGHT_UNKNOWN_PIC_FO写真:Caters News Agency   この写真に写ったのは1872年に亡くなったサミュエル·ケント氏の霊ではないかと言われています。なぜなら、この周辺では、1865年に謎の多い殺人事件「コンスタンス・ケント事件」が起こっているからです。   1860年6月29日の夜、3歳のフランシス・ケントが自宅から姿を消し、敷地内の屋外トイレで遺体となって見つかりました。 フランシスは寝巻き姿で毛布に包まれており、胸や両手にナイフの刺し傷があり、頭部が胴体と離れる寸前まで喉が深く切り裂かれているという残酷なものでした。 捜査により、容疑者として浮上したのは同家に住む16歳のコンスタンス・ケントでした。 コンスタンスは家長であるサミュエル・ケントの先妻との間の子でした。コンスタンスの母であるメアリー・アンは10人の子をもうけましたが、コンスタンスを産んですぐ精神を病みはじめました。すると、サミュエル・ケントは乳母のメアリー・プラットに手を出し恋仲になります。8年後にメアリー・アンが亡くなるやいなや、サミュエルはメアリー・プラットを後妻に迎えます。 殺害されたフランシスは後妻の5人の子供のうち、2番目の子でした。サミュエルは後妻の子ばかりをかわいがっており、特にかわいがられたのはフランシスだったそうです。前妻の子はそうした状況を面白く思っていませんでした。中でも特に不快感を露わにしていたのがコンスタンスでした。 コンスタンスは逮捕され1週間の尋問を受けますが、否認を続けて釈放されます。乳母のエリザベスにも疑いがかけられましたが同じく釈放されます。 当時は父のサミュエル・ケントが最も疑われていました。前述の事情から好色な男と見られており、乳母のエリザベスとも良からぬ噂があったからです。   五年後、コンスタンスは修道院で修行を行っている最中に、聖職者のアーサー・ワグナー師に罪を告白します。 コンスタンスは深夜、家族が寝静まるのを待ってからフランシスを毛布にくるんで運び出し、盗んでおいた父のカミソリで殺害したという内容でした。 コンスタンスが前面的に罪を認めたため、深くは追求されませんでしたが、彼女の証言では説明が付かないこともあります。 死体についていた複数のナイフによる刺し傷はカミソリではどうやっても付かないのです。コンスタンスが誰かを庇っていたのかは今はもう確かめる術はありません。   たしかに、出てきた霊とサミュエル・ケントの写真はよく似てますね。何か伝えたいことがあるのでしょうか。   参照元:Daily Mail








 関連記事

マインドコントロールされたロボット外骨格で麻痺した人が再び歩き出す

マインドコントロールされたロボット外骨格は、フランスの障害者が再び歩くのを助ける …

【ぶつりのほうそくがみだれる!】重量オーバーにも程がある乗り物16種
【ぶつりのほうそくがみだれる!】重量オーバーにも程がある乗り物16種

撮影者:不明   どうやって積んだんだ。そっちのほうが気になってしまう …

ハンマー?そんなもの使うやつぁ軟弱者だね。素手で板に釘を打ち込むマッチョマンが現る

釘を打つためにハンマーを使用するのが普通だと思います。 しかし、このウクライナに …

ゴリラが密猟防止担当官と自撮り

密猟防止役員が簡単な写真を撮ったとき、誇り高いゴリラのペアが凛々しいものを支えて …

【ドッペルゲンガー】あのアニメキャラが現実に居た!?そっくりさん15人。
【ドッペルゲンガー】あのアニメキャラが現実に居た!?そっくりさん15人。

世界には自分にそっくりな人が3人居ると言われていますが、それは現実世界だけの話で …

どんなに馬鹿げた法律でも罰せられる。アメリカの奇妙な11の法律

海外旅行に行く際には現地の法律や文化をよく調べましょう。世界には馬鹿げた法律があ …

ルービックキューブ
17×17のルービックキューブを攻略する動画が凄過ぎて意味がわからない

こんなルービックキューブが存在してることに驚いてる。 こちらはKenneth B …

ゴブリンの映像?遊ぶ子供たちの後ろで動く小さな影

ヨーロッパで代々言い伝えられている架空の生物ゴブリン。 ファンタジー映画やゲーム …

死してなお200年以上瞑想を続ける僧侶のミイラが発見される。
死してなお200年以上瞑想を続ける僧侶のミイラが発見される。

未発見だったのにも驚きですが姿勢が全く崩れてない! 専門家によると、この発見され …

なんなんだこれは?説明がつかないような恐ろしい写真15枚
なんなんだこれは?説明がつかないような恐ろしい写真15枚

撮影者:wolfgangfoto 世の中には説明がつかないような写真があります。 …

閉じる