南極大陸に古代のピラミッドがあってもおかしくない科学的な理由

 - オカルト

 

あわせて読みたい
pyramid_mangb.5g47i9r1l5wkw080wswk4wkck.3pijv89ld5k4wssogscsg0wo0.th_

©Pole2Pole

南極で近年、ピラミッドのような地形が見つかっています。 科学者たちがこの発見を無視できないだけの理由が南極にはあります。それは古代史を書き換えるかもしれないのです。  

南極はかつて温暖な大陸だった

pyramids_antarctica-e1438848978549南極は北極と違い、氷の下に大陸があります。南極は地球で5番目に巨大な大陸で、オーストラリアの2倍の面積を持っています。そして、その大陸は遠い昔は今と別の場所にありました。 南極はかつてゴンドワナ大陸の一部であり、現在よりずっと北にあったことが分かっています。4000万年前まで南極大陸は非常に温暖な地域であり、その時期には非常に多くの動植物を育んでいました。 「私達は南極は常に氷床に覆われていると思っていますが、南極が氷の帽子を被ったのは地質学的にはごく最近のことです」と、リーズ大学のジェーン・フランシス博士は言います。   遠い過去において、この大陸に住んでいた生き物が、ヨーロッパ、アジアと同じように発達した社会を持っていた可能性はあるのでしょうか。  

古代の人々はなぜか南極大陸の存在を知っていた?

1912antarctica公式には1820年にロシアの遠征隊が南極大陸を「発見」したとされています。しかし、古代の地図には南半球に「メガラニカ大陸」という巨大な陸地が描かれています。   紀元前350年にアリストテレスは南極地域について「メガラニカ大陸」があると記述しています。ギリシャの地理学者、テュロスのマリノスは紀元2世紀の世界地図にメガラニカ大陸を描きました。   古代ギリシャの人々は地球が球体であることを知っていたので、北半球と同じだけの大陸が南半球にもなければ釣り合いが取れないと考えました。そうして想像された大陸がメガラニカ大陸です。 仮説上の大陸と考えられていましたが、大航海時代にマゼランはメガラニカ大陸を目指して進路を取り、ニュージーランドを発見しました。    








 関連記事

イギリスの海岸に死神あらわる!子連れのパパが戦々恐々

これは死神?それともカカシか何か? イギリス・マンチェスターのサウスポートビーチ …

9月28日に世界終了?ブラッド・ムーンと共に黙示録がやって来る

9月28日に月が血のように真っ赤に染まる現象「ブラッド・ムーン」が起こります。 …

アメリカ版トイレの花子さん「ブラッディ・マリー」は実在していた!

写真:Viralnova   アメリカにはブラッディ・マリーという都市 …

小児病棟をさまよう少女の幽霊がクッキリハッキリ撮影される!

まるで昔の映画のVFXのような透明感です。21歳の病院職員、アンドリューさんは、 …

火星で新たなピラミッドが見つかる!今度は大きいぞ!

また火星で新たなピラミッドが見つかりました。 前回のピラミッドは砂に埋もれた状態 …

世界の終焉を告げる音「アポカリプティックサウンド」が新たに観測されたぞ!

写真:Hurricane Sandy . The Aftermath &nbsp …

バミューダ・トライアングルで行方不明になった90年前の貨物船コトパクシ号が発見される

真偽不明の怪しいニュースが飛び込んで来ました。 バミューダ・トライアングルで90 …

マレーシア航空機の翼が発見か!? 事故にまつわる12の陰謀論まとめ

昨年3月8日に消息を断ったマレーシア航空370便の機体の一部と見られる破片がレユ …

赤ちゃんを抱える母親?有名な火災があった場所で心霊写真が撮られる

豊かな田園風景が広がるイギリス中西部シュロップシャーの町ウェム。 今回はそんなの …

バスの窓に死神のような恐ろしい顔が写り込む

ドバイを旅行していた男性が撮影した写真に死神のようなものが写っていました。 この …

閉じる