南極大陸に古代のピラミッドがあってもおかしくない科学的な理由

 - オカルト

 

あわせて読みたい
pyramid_mangb.5g47i9r1l5wkw080wswk4wkck.3pijv89ld5k4wssogscsg0wo0.th_

©Pole2Pole

南極で近年、ピラミッドのような地形が見つかっています。 科学者たちがこの発見を無視できないだけの理由が南極にはあります。それは古代史を書き換えるかもしれないのです。  

南極はかつて温暖な大陸だった

pyramids_antarctica-e1438848978549南極は北極と違い、氷の下に大陸があります。南極は地球で5番目に巨大な大陸で、オーストラリアの2倍の面積を持っています。そして、その大陸は遠い昔は今と別の場所にありました。 南極はかつてゴンドワナ大陸の一部であり、現在よりずっと北にあったことが分かっています。4000万年前まで南極大陸は非常に温暖な地域であり、その時期には非常に多くの動植物を育んでいました。 「私達は南極は常に氷床に覆われていると思っていますが、南極が氷の帽子を被ったのは地質学的にはごく最近のことです」と、リーズ大学のジェーン・フランシス博士は言います。   遠い過去において、この大陸に住んでいた生き物が、ヨーロッパ、アジアと同じように発達した社会を持っていた可能性はあるのでしょうか。  

古代の人々はなぜか南極大陸の存在を知っていた?

1912antarctica公式には1820年にロシアの遠征隊が南極大陸を「発見」したとされています。しかし、古代の地図には南半球に「メガラニカ大陸」という巨大な陸地が描かれています。   紀元前350年にアリストテレスは南極地域について「メガラニカ大陸」があると記述しています。ギリシャの地理学者、テュロスのマリノスは紀元2世紀の世界地図にメガラニカ大陸を描きました。   古代ギリシャの人々は地球が球体であることを知っていたので、北半球と同じだけの大陸が南半球にもなければ釣り合いが取れないと考えました。そうして想像された大陸がメガラニカ大陸です。 仮説上の大陸と考えられていましたが、大航海時代にマゼランはメガラニカ大陸を目指して進路を取り、ニュージーランドを発見しました。    








 関連記事

「この世界が壮大なシミュレーションだという可能性」宇宙シュミレーション仮説が怖い

今は実は2050年で、あなたはスーパーコンピューターがシミュレートした2015年 …

オーパーツ・湖畔のピラミッドから15万年前の鉄パイプが見つかる

中国北西部の青海湖の近くで、洞窟の中から古代の鉄パイプが発見されました。 研究者 …

森に人の肖像画が出現!アメリカの英雄にそっくりだと分かる

自然の森の形が人の形を作っていました。しかもその姿がアメリカの英雄そっくりなので …

フードを被った霊がこっちを見ている?迫害されたカトリック司祭の霊が撮影される!

イギリス・スコットランドの高地にある『Scalan神学校』は、神学校としての役割 …

新しい発見は水の中にある。水に沈んだ5つの都市遺跡

アトランティスやムー大陸、聖書に記され、世界各地で言い伝えられている洪水伝説。水 …

ゾンビが発生しても生き残る!ゾンビハザードで使えるライフハック【決定版】

ゾンビは突然やってきます。なんの備えもしていない場合、身近にあるものだけで身を守 …

そこはサタンの聖域!?地元でも有名なホラースポットである排水トンネル

オハイオ州の森深くにある、当初排水の為に使用されていたトンネルは、現在ではその本 …

胴体があるだけじゃない!モアイのあまり知られていない秘密はまだまだあった!

現在話題となっている、「モアイに胴体があった!」というニュースですが、これはオカ …

奇跡!? 聖母マリアを描いた絵画の唇が動いた!

普通に考えて、絵画に描かれた人物が動くということはあり得ません。 しかし、この映 …

都内屈指のガチ心霊スポット・白金トンネルに行ってきた!

霊感なんてかけらもないですが、結論から言うとこのトンネルはガチでした。確実になん …

閉じる