ニュージーランドでもダイオウイカが打ち上げられる。深海で異変が起きている!?

 - UMA, 動物, 海外ニュース , , ,

 

あわせて読みたい

ニュージーランドのカイコウラの砂浜にダイオウイカと思われる巨大なイカが打ち上げられました。地元水族館のスタッフが回収し死体を展示しています。また、ダイオウイカの打ち上げられた様子がFacebookページで公開されています。

ダイオウイカの触腕の吸盤には歯がついています。この吸盤の歯がマッコウクジラの頭部に歯型を残します。

このダイオウイカは頭の部分で160cmほど、一番長い足は5mを超え、目玉は直径19cmあるようです。

 ダイオウイカの打ち上げは不吉な前兆か!?

以前はほとんど見つけることができなかったダイオウイカですが、2013年から水面近くまで来ることが多くなり、日本でも富山や鳥取などの日本海側で生きているダイオウイカが捕獲されています。

地球温暖化による水温上昇の影響とする説や、逆に深海の水温低下によるものだとする説など諸説があり、ハッキリしていません。

日本で多数捕獲されるようになったのは、「NHKでダイオウイカ特集を放送してから」であることから、タレントであり魚類学者のさかなクンは「以前から多数水揚げされていたけど、食べられないから漁師が捨てていた」とする説を提唱しています。実は全然珍しくないのかもしれません。

とはいえ、最大で18mに達するというダイオウイカ。テンタクルスのモデルでもあり、できれば水族館で泳いでいる姿を見たいものです。

 

参照:Facebook<a href=”https://www.facebook.com/kkmarineaquarium?fref=photo”>Kaikoura Marine Centre and Aquarium </a>








 関連記事

自宅を壁ドンしたら、地下から5000年前の超巨大都市が現れる!!

撮影者:Alamy   嘘みたいな本当の話。   1963年 …

小児病棟をさまよう少女の幽霊がクッキリハッキリ撮影される!

まるで昔の映画のVFXのような透明感です。21歳の病院職員、アンドリューさんは、 …

NASAが密閉した空間から推力を取り出す新型エンジンの実験に成功! UFO技術の可能性も!

NASAが開発したEM Driveエンジンが、真空中でも推力を得られることが確認 …

「世界の終わり」に備える人々・・・preppersが急増中!? 黙示録の世界のサバイバル

想像してみよう。何らかの原因で世界が破滅を迎えた日のことを。   現代 …

アポロ計画疑惑には別の疑惑があった

無人探査機がアポロ計画疑惑を解決 アポロ計画はねつ造ではないか?という疑惑につい …

”恐怖の研究所”と呼ばれている廃墟の獣医学校に潜入してみた

  ベルギーの首都ブリュッセルにある”恐怖の研究所”と呼ばれている廃墟 …

【流石USA】約20トンの花火積んだトラックが玉突き事故で爆発する
【ド派手】20トンの花火を積んだトラックが爆発炎上!

2015年1月9日、アメリカ ミシガン州の高速道路「I-94」で約20トンの花火 …

メキシコ湾深海で謎の巨大生物が発見される!その正体は!?

メキシコ湾の巨大な深海クラゲの珍しい映像がオンラインにアップされました。 メキシ …

スペインの奇祭『炎の雄牛祭り』で雄牛に挑んだ男性が重体

牛追い祭りや闘牛よりもエキサイティングな祭りがスペインにはあるようです。 この「 …

ソロモン諸島の海底火山で、貴重な深海鮫オンデンザメの撮影に成功!

  ソロモン諸島にある海底火山カバチで深海鮫オンデンザメの撮影に成功し …

閉じる