【どうしてこうなった】コンゴ共和国に配属されたロボット警官が斬新な造形すぎる!!

 - 海外ニュース, 驚き , , , ,

 

あわせて読みたい
コンゴ共和国の首都キンシャサにロボット警官が配備されたと話題になっています。 一体どんなロボットなのでしょう。 もしかして世界初なのでは? やっぱり、映画「ロボコップ」の様なロボットなんでしょうか。 それではそのコンゴ共和国のロボコップをご覧ください! 【マジかよ】コンゴ共和国にロボコップが配属されているぞ!! なんだよこれ!ふざけんなよ!!期待を返せ!! 三流特撮でもこんなのでてこないぞ!!!

外見とは裏腹に意外と高性能

【マジかよ】コンゴ共和国にロボコップが配属されているぞ!! こんなコレジャナイ感溢れるコンゴ共和国のロボコップですが、手は信号的な役目を果たしており、ふざけた顔を目は道路状況をリアルタイムに記録しており警察に情報を送信しています。 コンゴでは2007年から2776人もの人が交通事故で死亡しているため、地域の交通の秩序を守るため配属されました。 このロボットを開発した会社の社長、技術者でもあるテレーズさんは、この発明がキンシャサの交通違反を減らせるのではないかと考えています。 「私たちの街では、誰かが犯罪を犯し逃げると誰もが何も見てないということができてしまいます。しかし、今では昼夜問わず、私たちはリアルタイムで犯罪者を見ることができ、彼らは多額の罰金を支払うことになるでしょう。」 とロボコップの活躍に期待しています。 ちなみにこちらにロボコップが実際に動いている映像がアップされています。
どうしてこうなった。   参照元:mirror








 関連記事

【ヨハネスの日常】”世界一治安の悪い都市”ヨハネスブルグで生放送中のレポーターが強盗に遭う

日本のネット上では「世界一治安の悪い都市」「世紀末都市ヨハネス」として有名な南ア …

月が大きく見える現象「スーパームーン」

月が大きく見えるスーパームーンとはいったい何でしょうか。 その名前が示すように、 …

どうかしてるぜ!中国の釣り堀に巨大魚が放流されていた模様

ライブリークに投稿された動画で、また中国の無茶苦茶な一面が垣間見えました。撮影さ …

発想の転換!?ちょっとした事で人生が楽しくなっている20人
発想の転換!?ちょっとした事で人生が楽しくなっている20人

撮影者:Massimo Barbieri 発想の転換をするだけで、目の前の困難を …

アメリカで最も呪われているといわれている8つの家族

写真:Getty Images   負の連鎖というものは続いてしまうも …

【悲報】金正恩は痩せるとイケメンらしいことが判明

ぽっちゃり体型と奇抜な髪型が特徴的な北朝鮮の指導者・金正恩ですが、彼の痩せた姿の …

【無駄実験】スマホのバッテリーをナイフで刺してみた結果⇒大爆発!!

撮影者:Andy Melton スマートフォン等に搭載されているリチウムイオン電 …

【犯罪はダメ絶対】世界最悪の植木泥棒の女性の華麗な手口、この後すぐ!
【犯罪はダメ絶対】世界最悪の植木泥棒の女性の華麗な手口、この後すぐ!

世界最悪の植木泥棒の女性が現れました。 華麗な手口はこのあとすぐ! 画面上部を走 …

人身売買に性的虐待…恐怖のエプスタイン島

日本メディアではあまり扱われていませんが、アメリカでは政界までをも巻き込んだ一大 …

アリとカニ
【閲覧注意】アリとカニの仁義なき戦い~ジャングル死闘篇~

「ジャングル チカラ ツヨイヤツ イキノコル」 大群で押し寄せられたら、そりゃ勝 …

閉じる