【どうしてこうなった】コンゴ共和国に配属されたロボット警官が斬新な造形すぎる!!

 - 海外ニュース, 驚き , , , ,

 

あわせて読みたい
コンゴ共和国の首都キンシャサにロボット警官が配備されたと話題になっています。 一体どんなロボットなのでしょう。 もしかして世界初なのでは? やっぱり、映画「ロボコップ」の様なロボットなんでしょうか。 それではそのコンゴ共和国のロボコップをご覧ください! 【マジかよ】コンゴ共和国にロボコップが配属されているぞ!! なんだよこれ!ふざけんなよ!!期待を返せ!! 三流特撮でもこんなのでてこないぞ!!!

外見とは裏腹に意外と高性能

【マジかよ】コンゴ共和国にロボコップが配属されているぞ!! こんなコレジャナイ感溢れるコンゴ共和国のロボコップですが、手は信号的な役目を果たしており、ふざけた顔を目は道路状況をリアルタイムに記録しており警察に情報を送信しています。 コンゴでは2007年から2776人もの人が交通事故で死亡しているため、地域の交通の秩序を守るため配属されました。 このロボットを開発した会社の社長、技術者でもあるテレーズさんは、この発明がキンシャサの交通違反を減らせるのではないかと考えています。 「私たちの街では、誰かが犯罪を犯し逃げると誰もが何も見てないということができてしまいます。しかし、今では昼夜問わず、私たちはリアルタイムで犯罪者を見ることができ、彼らは多額の罰金を支払うことになるでしょう。」 とロボコップの活躍に期待しています。 ちなみにこちらにロボコップが実際に動いている映像がアップされています。
どうしてこうなった。   参照元:mirror








 関連記事

リムジンvs貨物列車!激突の結果はこの後すぐ!

  B級バカ映画っぽい激突が現実になりました。 インディアナ州で貨物列 …

自宅を壁ドンしたら、地下から5000年前の超巨大都市が現れる!!

撮影者:Alamy   嘘みたいな本当の話。   1963年 …

2メートル越えの超巨大オヒョウがノルウェーで釣り上げられる!

写真:BNPS   「信じられない体験ができたよ。」2メートル越えのオ …

ゴブリンの映像?遊ぶ子供たちの後ろで動く小さな影

ヨーロッパで代々言い伝えられている架空の生物ゴブリン。 ファンタジー映画やゲーム …

廃棄された広大な地下要塞。ICBMの発射基地に潜入する動画が凄い

今回はアメリカ ペンシルバニア州 セントラリアにある廃ミサイル基地に潜入した動画 …

うわっ食べられる!ご安心下さい。沈没した空母です

グロテスクな巨大魚がいまにもダイバーを食べようとしている! そんな風に見えますが …

ヤギのように生きる人間になろうとした男性、3日で断念

働けど働けど楽にならない生活。そんな人間社会の営みを回し車の中を走るネズミに例え …

暗闇でもモノを追える様に時代に!暗視点眼剤が開発されたぞ!
暗闇でもモノを追える様に時代に!暗視点眼剤が開発されたぞ!

撮影者:Gabriel Licina   暗視点眼剤って厨二病っぽい。 …

嘘だろ?中国のロケットから落ちたエンジンが民家を直撃

メイドインチャイナの品質はこんなところにも。 中国の長征4号Cから落下したロケッ …

今アナタのうしろにいるよ・・・呪われた地下室で、女性の背後に幽霊が写り込む

スコットランドのエディンバラ地方を観光していた女性が、幽霊のような影を捉えました …

閉じる