インドの電線がカオスすぎる!危険な違法電線が電柱を埋め尽くしている

 - 驚き , , ,

 

あわせて読みたい
2B1636C800000578-3185040-image-a-6_1438699426875 世界第二位の人口を抱え、目覚ましい発展を続けるインド。 急速な発展の一方で、まだ生活インフラの整備が間に合っていない面もあります。 絡まったスパゲッティのような電線はインドの首都デリーの旧市街に電気を届けていますが、ひとたび停電が発生するとそれを修理しなくてはならない電気技師にとって悪夢でしかありません。 2B1636A900000578-3185040-image-a-7_14386994308932B16385000000578-3185040-image-a-8_1438699439503電線は行き交う人々のすぐ頭上まで垂れ下がっており、いつ感電事故が起きてもおかしくありません。 2B16369500000578-3185040-image-a-16_1438699502141インドでは電気供給が不安定で停電が多発するため、自家発電機を持っている商業施設からの盗電が一般化しています。 人々がめいめい勝手に自分の家に電気を引き込むため、電線がえらいことになってしまいました。 2B16393500000578-3185040-image-a-9_1438699452733 これでも、電気が引かれていない家に住んでいる人はインドの人口の22%に及びます。   参照:dailymail








 関連記事

マジか!巨大なミニオンがダブリンを襲撃!あわや大惨事に

アイルランド・ダブリンの道路がミニオンの襲撃を受け、数名のドライバーが衝撃的な光 …

人間の臓器を3Dプリント技術で作り出す

ドイツの研究者たちは、移植のために腎臓のような立体的な体の部分を印刷する道を開く …

【重力仕事して!】重力を無視した紅茶の入れ方をするおっさんが現れる
【重力仕事して!】重力を無視した神業めいた紅茶の入れ方をするおっさんが現れる

撮影者:resakse 淹れているのはテータリックと呼ばれる、甘いミルクティーで …

体重75キロ越えの世界最大のピットブル、まだまだ大きく成長中!
体重75キロ越えの世界最大のピットブル、まだまだ大きく成長中!

撮影者:bordedpanda え?なんでこんな大きいの?コラじゃない!? いや …

うわっ食べられる!ご安心下さい。沈没した空母です

グロテスクな巨大魚がいまにもダイバーを食べようとしている! そんな風に見えますが …

11歳の自閉症の少年が記憶だけで描いた世界地図が完璧だと話題に
11歳の自閉症の少年が記憶だけで描いた世界地図が完璧だと話題に

撮影者:Bobitis   え?記憶だけで世界地図を事細かく描くなんて …

恐ロシア 奇跡のバイク事故

ロシアは交通マナーが悪い人が多く、交通事故が多いことで有名です。 Youtube …

ヒェッ…!ゴキブリロボットが実用まで秒読み段階

なにもわざわざゴキブリにしなくても…。 ロシアの大学がゴキブリ型ロボットの開発に …

なんだこれ!タイの海底で精巧な人面を持つ謎の岩が発見される!

写真:New Heaven Diving School   タイのタオ …

マイケル・ジャクソンそっくりさんがトリビュートライブを行ったら本人の霊が現れる!?
【マイケルなのか?】マイケル・ジャクソンそっくりさんがライブを行ったら本人の霊が現れる

写真:SWNS   まさかの大サプライズ。   イギリス ケ …

閉じる