ピラニアだけじゃない!世界の恐ろしい殺人魚四天王が決定!

 - 動物, 怖い , , , , , , ,

 

あわせて読みたい


殺人魚四天王お魚は美味しいですが、美味しいばかりではありません。時に我々人間のほうが美味しくいただかれてしまうことがあるのです。

人間を襲う魚としてはピラニアがよく知られていますが、ピラニアだけでなくても人間に襲いかかるお魚がいるのです。そんなお魚を「殺人魚四天王」と名づけました。

さぁ恐れおののくがいい!これが殺人魚四天王だ!

尿道から侵入し血を吸い肉を食いやぶる!人喰いナマズ「カンディル」

candile2

小さなどじょうのような小魚だが、アマゾンで恐れられているのはピラニアよりもカンディルだと言う。
この魚はアンモニアに反応して進んでいく習性を持っており、人間の尿道や肛門に侵入し肉を食いちぎって体内深くまで侵入する。
一度体内に侵入されたらエラが返しになっているため自力では絶対に取れず、開腹手術が必要だ。
ある時、アマゾン川で280人を載せた観光船が転覆した。岸に自力で泳ぎ着いたのはわずか180人。
100人の乗客はカンディルにやられたのだ。尿道や肛門、耳や涙腺など、穴という穴にカンディルが入り込み、多くの人が痛みのショックで絶命したという。
ブラジル発祥のTバックはアマゾネスがカンディルから身を守るためにしていたふんどしが元になっている。

c580cf16

男性の睾丸を噛みちぎる!ボールカッター「パクー」

pacu_fish2

男にとってはピラニア以上に恐ろしい魚「パクー」は、人間そっくりの丈夫な歯を持っている。
基本的には草食で、木の実やかたつむりを噛み潰して食べる習性があるのだが、人間の睾丸を木の実と間違えて噛み潰すことがある。
パプアニューギニアの漁師が海で身体を洗っていたところ、睾丸をパクーに噛み潰され、出血多量で死亡した事件が知られている。
南米原産の魚だが、現在生息域を広げており、北米イリノイ、ニューヨークやテキサス。北欧ノルウェーやデンマークでも見つかっている。

pacu_fish

体内ステロイドで絶賛進化中!人を襲う巨大魚「ムベンガ」

killer-fish-goliath-tigerfish-pictures1撮影:DLC

ピラニアの仲間のゴリアテタイガーフィッシュはその立派な牙と巨大な体躯で現地の住民に「殺人魚」として恐れられている。
非常に獰猛な魚でこの鋭い牙でワニを襲い、飛んでいる鳥も飛び跳ねて食べる。牛や人間も襲うモンスターだ。
漁をしていた30代の男性は網を引き上げようとした時にそのまま水中に引きずり込まれた。
ワニに襲われたかと思った仲間が助けたところ、腕に体長2mのムベンガが食らいついていたと言う。
この魚は体内にステロイドホルモンを作る器官があり、環境に合わせて身体を進化させることができる。
大きくて食い付きがいいため、世界中の釣り人の憧れの的となっており、現地住民にとっては観光資源として大切にされている。

killer-fish-goliath-tigerfish-pictures3撮影:DLC

時速70kmで突き刺さる!海の殺し屋スナイパー「ダツ」

o0720040411308181255 撮影:海恵丸

沖縄で鮫より恐れられているのが「ダツ」だ。 トビウオの仲間のこの魚は小魚の鱗の光に反応して時速70kmで突進する習性を持っている。 そのため真っ暗な夜にライトを持って釣りをしているとライトを目がけて飛んできて人間に突き刺さる。 刺さった後は身をよじって回転するため傷口を広げてしまう。 抜くのは困難なのでダツが刺さったら刺さったまま病院に駆け込むべきとされている。 77年にハワイで釣りをいていた親子のヘッドライトに向けてダツが飛びかかり、子供の目に刺さってしまった。 ダツの嘴は脳まで到達し、子供は亡くなったという。 ダイバーや釣り人にとって最も脅威となっている魚だ。

100_7560撮影:池永祐二








 関連記事

山東省でまた新たな爆発!動画とチャイナボカンまとめ

また中国で大規模な爆発が起こったようです。 天津の大爆発、山東省の爆発に続き、ま …

ジェット戦闘機が頭上すれすれを通り過ぎる映像が怖すぎる

滑走路を歩く人のすぐ頭上数メートルをジェット戦闘機が飛行しました。 この信じられ …

離陸寸前の飛行機にある生き物が大量発生!機内が大パニックに!

写真:EAST2WEST   悪天候やバードストライクなどで飛行機が遅 …

女性がシャワーから出たら、家の中に思わぬ来客者が現れる!
カギをかけ忘れた家に牛さんが訪問!大きな置き土産を残していく

撮影者:SWNS 自分1人しか居ない筈の家に、誰かが入ってきたらあなたはどうしま …

ビクトリア朝時代のイギリスの剥製アートがちょっと不気味でとても可愛い
ビクトリア朝時代のイギリスの剥製アートがちょっと不気味でとても可愛い

不気味さと可愛さ ビクトリア朝時代に活躍していたHermann Ploucque …

【これはひどい】どうしてこうなった感しかない剥製集
【これはひどい】どうしてこうなった感しかない剥製集

色々おかしい。 全体的に目が残念な事になってますね。 フォルムに関しては言わずも …

devil-baby-attack
赤ちゃんロボットがトラウマレベルに怖い

乳母車を覗きこんだら、予想外の恐怖が目の前に!! そんな恐怖のドッキリ動画が、い …

サイをタクシー代わりに使う野生のネコが発見される!

アフリカに生息するジャコウネコ科の生き物、ジェネットがサイに乗って移動している姿 …

アラスカ湾でクジラの謎の死が相次ぐ。5月以降で30頭、従来の10倍のペース

  アラスカ湾でクジラの原因不明の死が相次いでおり、研究者が死の原因を …

ヘビが食べたものはどうなるの?ワニが消化されていくレントゲン写真が撮影される!

写真:WENN   ワニを飲み込んでることにも驚きを隠せませんが、あの …

閉じる