怪獣の様な脚をしたベトナムの幻の鶏「ドンタオ鶏」

 - 動物, 海外ニュース , , ,

 

あわせて読みたい

Dong-Tao-chicken-550x462

写真:odditycentral

 

なんだこの鶏の脚は・・・まるでゴジラやレッドキングの脚じゃないか!

このとっても強そうな脚をしているのは「ドンタオ鶏」。
この鶏はベトナム フンイエン省しか生息していため幻の鶏とも言われています。

貴重な鶏だったため、王様への敵上品として扱われたり、祭りの生贄にもされていました。

 

産まれたときから脚が太い!

Dong-Tao-chicken3-550x413

写真:odditycentral

 

産まれた時から脚が太く、よく歩き回り皮膚が硬化してこの様な脚になります。

大人になるとこの脚は人の手首ほどの太さになるのだとか。

 

産まれてから2週間が経つと脚の太さが顕著になります。

gadongtao2tuantuoi

写真:gadongtaohy

 

産まれてから1ヶ月。

既に普通の鶏の脚よりも太い様に見えます。

gaconmotthangtuoi-compressor

写真:gadongtaohy

 

3ヶ月でこうなります。

皮膚も硬化し始めています。

gadongtao3thangtuoi-compressor

写真:gadongtaohy

 

 

大人になるとこうなります。

gadongtaodep5-compressor

写真:gadongtaohy

 

この脚の太させいで卵を産むのがなかなか難しく、産める卵が少ないのだとか。

 

 

種畜となる鶏はしっかりした脚を持ったもので1羽30000円~35000円で取引されます。
この取引価格は年々上がっており、2013年には30万円で取引された2羽のドンタオ鶏もいます。

 

食べたら美味しいの?

Dong-Tao-chicken5-550x309

写真:odditycentral

 

 

もも肉はとてもジューシーで美味しいようです。

脚の皮はとても厚く、脂肪がほぼなく、サクサクとした食感を楽しめます。

 

ホーチミンの高級レストランで食べることができますが、希少価値が高く入荷できる量が限られており、品切れになってしまう事が多々あるのだとか。

 

日本のあの人も見に来ている!

72

写真:gadongtaohy

 

その方はなんと秋篠宮文仁親王殿下です。
鳥類や両生類、ナマズの研究者としても知られている秋篠宮文仁親王殿下は、ドンタオ村に訪れた際にドンタオ鶏の交配に成功した方の飼育経験談を聞かれたようです。

 

それからというものの、ドンタオ村に鶏を一目見ようとする観光客がよく訪れるようになりました。
現在、イギリスや日本などが研究の為にドンタオ鶏の輸入を検討しているのだとか。

 

参照元:odditycentralgadongtaohy








 関連記事

ヘビが食べたものはどうなるの?ワニが消化されていくレントゲン写真が撮影される!

写真:WENN   ワニを飲み込んでることにも驚きを隠せませんが、あの …

超大物の鯉を釣り上げた記念写真を撮ったら、ゴブリンが写りこむ!

  超大物の鯉を釣り上げて記念写真を撮ったら、違う大物もキャッチしてし …

あなたの愛犬が獰猛なゾンビ犬に!最恐の犬用マスクが販売開始

ハロウィンに愛犬を連れていくのにちょうどいい!? あなたの愛犬を恐ろしいゾンビ犬 …

マインドコントロールされたロボット外骨格で麻痺した人が再び歩き出す

マインドコントロールされたロボット外骨格は、フランスの障害者が再び歩くのを助ける …

カンガルー先輩、ファンからプレゼントをもらい、取り上げようとすると蹴りをプレゼントしはじめる
カンガルー先輩、ファンからプレゼントをもらい、取り上げようとすると蹴りをプレゼントしはじめる

写真:Mercury Press   これがギャップ萌え・・・? &n …

小児病棟をさまよう少女の幽霊がクッキリハッキリ撮影される!

まるで昔の映画のVFXのような透明感です。21歳の病院職員、アンドリューさんは、 …

準惑星ケレスの謎の光点に探査機が最接近!精密動画が届くものの正体不明

以前の記事でも取り上げた準惑星ケレスの謎の光る点に、NASAの探査機「ドーン」が …

祖父母の屋根裏を掃除してたら、宝の地図と人の手が発見される!

写真:youtube 家で探し物をしていたら、たまたま見つけた箱の中に宝の地図が …

1100年前の仏像をCTスキャンしたらミイラ化した高僧が中に!!

撮影者:Drents Museum 仏像の中に人が入っているなんて誰も思っていな …

中国の強引な開発に抵抗していた家のビフォーアフターが公開される

中国の急激な不動産開発によって家を立ち退かなければならない人が続出しています。 …

閉じる