スペイン人に滅ぼされた裸族「セルクナム族」のペインティングがハイセンスすぎてたまらん

 - アート, ふしぎ, 都市伝説 , , , ,

 

あわせて読みたい

s54a7ea0125409e038dcd717c193473485f6ebce51365586751ピカチュウ?それとも宇宙人?

そのどちらでもなくこれは南米パタゴニアに住んでいた先住民族、セルクナム族の正装です。

日本のブログメディアではヤーガン族(ヤマナ族)として紹介されていますが、正しくはセルクナム族(Selknam)のようです。

南米大陸の最南端、パタゴニア地域のインディアンは三部族がいました。その中でも最南端に住んでいたのがヤーガン族とセルクナム族です。この写真はOnaというセルクナム族の村の成人式の様子で、年がら年中この格好をしていたわけではなく、これはごく限られたときだけの正装だった模様です。

s4f6bd729e8b5e7ed3a780b252ce40f96d3df95501365586751s0006b1ecf028b400e906329facc7c0b1aa5cf1d71365586751s0b07c40113ec3375fb7398ca992429b30a678c0f1365586751s20ab847d88e4aa4e3ab0a980a46232f224453c741365586751s589bc2a22c03b2fa5bc4bb58b35c6cfff829c8671365586751sa37ea2ba1c4c55076396261346accd1862fc26ca1365586751sf39bd22bd92c23133bf95f33c0595551770204b91365586751sfbe31de94efcf45a528e81004fe5d6facf37ef9f1365586751s20ab847d88e4aa4e3ab0a980a46232f224453c741365586751s95d15570ae944efb7adba75453f8d5ae5157a5971365587029ウルトラマンや仮面ライダーの怪人のような素晴らしい造形センスをしています。
sb8b07fca989cbc531437534318181967ce28937e1365587029-sセルクナム族は織物を知りませんでしたが、完全に裸だったわけでもなく、毛皮一枚を身につけていて、毛皮の中が裸でした。

彼らは服を着る代わりに身体に動物の脂を塗りつけていました。裸の方が焚き火で早く身体を温めることができると知っていたからです。

彼らの住んでいたパタゴニアの入江は南極圏ですが比較的温暖で、最低気温は5℃ほどと比較的暖かったようです。また、パタゴニア名物の殺人的な強い風は入江を囲む山に阻まれ、風も少なかったため、裸でも問題なかったのです。

se7319420348a87fa66140030130d2287ba5208511365587029普段はこんな感じ。

彼らは船の上にも焚き火を持って行き暖を取りながら漁をしました。これによってセルクナム族のいる入江に差し掛かった船からはたくさんの焚き火が見え、入江が火事で燃えているように見えたようです。

ガラパゴス諸島で進化論の着想を得たダーウィンもセルクナム族の村を訪れており、「彼らは同じ世界に住む仲間とは思えない」という言葉を残しています。

「服を着たせいで滅んだ民族」「宣教師が衣服を伝えたが、洗濯の習慣が無かったため免疫のないバクテリアが繁殖し滅びた」と日本では伝えられていますが、実際には他の先住民族と同じくスペイン人によって滅ぼされました。

Popper_1

スペイン人によって虐殺されるセルクナム族の写真。手前に横たわっているのがセルクナム族。

虐殺をまぬがれたセルクナム族も他の先住民族と同じく混血による同化が進んでいき、文化も失われてしまいます。純粋なセルクナム族の最期の生き残りは2004年まで生きていました。

しかし、彼らの現代にも通じるペインティングのセンスは海外の人々も引きつけており、「Selknam」で画像検索をすると様々なセルクナム族ヒーローのアート画像を見ることができます。

se186c0784d296be9565e1b9c515fc516

©2008-2015 jonjacobsen

sb210ff1ea82ff22ffb06fc3397c63c92

©2008-2015 jonjacobsen

s9f16b1b0212ef082bfa9bf7cfdfc2250

©2008-2015 jonjacobsen

sulen_selk_nam_by_lordnecro-d4ek9ni

©lordnecro

sselknam_2_by_lordnecro

©lordnecro

やはり、かっこいいですね。

 

参照:Wikipedia/Selknam(es)








 関連記事

【レッツゴー!!】カブトムシに乗るカエルの写真が今にも冒険に出そう
【イャッハァー!!】カブトムシに乗るカエルの写真が今にも冒険に出そう

撮影者:Hendy Mp 今にも冒険に出そうないい写真! この写真は、インドネシ …

幽霊がウヨウヨいる!トゥーンバの街でまた新たに心霊写真が撮られる

オーストラリア・クイーンズランド州南東部の街、トゥーンバが幽霊騒動で揺れています …

Googleの人工知能でキモい画像を作れるサイトがヤバイ!なんでも犬だらけのキモ画像にできちゃうぞ!

こわE。 Googleが開発している人工知能が描き出す画像がキモいと以前から話題 …

サイをタクシー代わりに使う野生のネコが発見される!

アフリカに生息するジャコウネコ科の生き物、ジェネットがサイに乗って移動している姿 …

風船おじさん「ファンタジー号」事件

事件概要 1992年、風船をつけたゴンドラに乗った通称「ふうせんおじさん」と呼ば …

今日から君の家もエド・ゲイン仕様に!自宅でできる簡単!人皮風テーブルクロス作成講座
今日から君の家もエド・ゲイン仕様に!自宅でできる簡単!人皮風テーブルクロス作成講座

こちらが完成品。 あらやだ素敵 ではでは早速作り方に行きましょー!! &nbsp …

廃墟でフクロウ男が現れるドッキリをしかけてみた!

  イギリスで目撃情報がある、UMAのフクロウ男。そのフクロウ男が廃墟 …

人間の魚捕りすぎにアシカが抗議デモ! アシカの大群が漁港を占拠

©AP 豊かな海の恩恵を受けているのは我々人間だけではありません。 コロンビア川 …

え?これ日本なの!? まるでモルディブのような鹿児島の絶景4Kドローン空撮

透明な海に白い砂浜、手付かずの自然。さぞかし有名なビーチリゾートなんでしょ?って …

胴体があるだけじゃない!モアイのあまり知られていない秘密はまだまだあった!

現在話題となっている、「モアイに胴体があった!」というニュースですが、これはオカ …

閉じる