胴体があるだけじゃない!モアイのあまり知られていない秘密はまだまだあった!

 - オカルト, ふしぎ, 驚き , , , , , ,

 

あわせて読みたい

Main-Easter-Island-heads1現在話題となっている、「モアイに胴体があった!」というニュースですが、これはオカルト・不思議好きにとっては常識的なことで、いまさら驚くことではありません。

モアイの胴体の調査は以前も行われており、今回は身体に刻まれた謎の模様の調査のために掘り起こされたのでした。

smoai以前の発掘調査の様子。全く同じモアイですね。

実は意外と知られていないモアイの秘密はまだまだあるんです!そんなモアイのミステリアスな事実をまとめてみました。

 

実は、ほとんどのモアイは倒されていた

実は、1704年にイギリスの船が初めてイースター島に到達した時、モアイの半分ほどは倒れていました。1840年頃にはほとんど全てのモアイが倒れてしまっていたと言われています。

実は現在のモアイというのはほぼ全て倒れていたのを立て直したものなんですね。

これはモアイを建てた人々による部族間の争いで、モアイ倒し戦争という戦争が行われたからだと言われています。

今でも立て直されていないモアイが多いため、イースター島では大きめの石を見たらモアイと思えというぐらいにモアイがゴロゴロしています

 

全てのモアイには目があった

我々のイメージするモアイのほとんどは彫りの深い顔をしていて目がありませんが、本来の姿は目があったと言われています。

モアイの目には魔力が宿ると信じられていたため、前述のモアイ倒し戦争の際に倒されると同時に目を破壊されたと考えられています。

目があるとイケメンぶりが増しますよね。

 

一体だけ女性のモアイがある

男性ばかりのモアイですが、実は一体だけ女性のモアイと言われているものがあります。

それがこのモアイなのですが、なるほど…たしかに他のモアイとは明らかに違いますね…。紫芋とか他の何かにも見えますが。

 

正座しているモアイもいる

stukuturiモアイは立っていると思っていませんか? 座っているモアイもいるんです。そしてなぜか礼儀正しい正座をしています。正座をするなんて、日本となんらかの文化的な関わりがあるんですかね?

 

身体には解読不能の模様が刻まれている

sEaster-Island-heads3イースター島の先住民が残したペトログリフは4000種類以上が確認されており、そのほとんどが解明されていません。そして、モアイにはその謎のペトログリフがいっぱい刻まれています。

このペトログリフはロンゴロンゴと呼ばれ、長年解読が試みられていますが、未だ解読されていません。

 

この他にもイースター島には謎がいっぱい!

イースター島がイギリス人に発見された時にはすでに無人島になっていました。そのため、モアイを建てた先住民族がなぜ、どのようにしてモアイを建てたのか、そして彼らはなぜ滅んだのかは全くの謎となっています。

もう島自体がミステリーの固まりのようなものです。そんな不思議なイースター島、一度は行ってみたいものですね。

 

筆者としては、モアイの真の目的はロンゴロンゴを残すことで、モノリス的なものが先にあって、それをモアイにしていったんじゃないのかなぁと思います。ロンゴロンゴが解読されてムー大陸の存在が明らかになったりすると楽しいんですが。

 

参照:mirror

 








 関連記事

まるで『アナ雪』の世界!アイスランドの氷の洞窟の写真が美しすぎる

撮影:CatersNewsAgency まるでアナ雪のワンシーンのように見えます …

ネコvsニワトリ 注目のカードの一戦の結果は・・・!このあとすぐ!
子猫ちゃんVSニワトリ!惨劇の幕開けかと思いきや

撮影者:Martin Thomas 今日注目のカードはネコvsニワトリの時間無制 …

【ぶつりのほうそくがみだれる!】重量オーバーにも程がある乗り物16種
【ぶつりのほうそくがみだれる!】重量オーバーにも程がある乗り物16種

撮影者:不明   どうやって積んだんだ。そっちのほうが気になってしまう …

グレイの赤ちゃん?インドで小型のエイリアンが発見される!?

衝撃的な画像が拡散されています。 インドのラジャスタン州、ジョードプルの農村で井 …

Jasmine Tridevil
ある女性の散歩風景が色々可笑しいとインターネット上で話題に

えっ何これ?えっ? 突っ込みどころが多すぎてどこから突っ込めば良いのかわからなす …

マクロレンズで虫を撮影したら、まるで別世界。

肉眼では見ることの出来ない世界の美しさ。 John Cogan氏が撮影をした魅惑 …

現代のホロコースト、ウイグル人に今起きていること

「ウイグル人」と呼ばれる、ムスリムの民族に対し、中国政府がホロコーストといっても …

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所
【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所

1.連邦準備銀行 撮影者:ebaumsworld   世界のお金の約2 …

これで官邸も安心?米軍がドローン迎撃システムをテスト中

官邸ドローンやドローン少年など、日本国内では何かとお騒がせなイメージのあるドロー …

【動画】タイの幽霊がでる高層ビルに潜入してみた

  タイ バンコクにある廃墟となってしまった高層ビルに潜入した動画をご …

閉じる