フードを被った霊がこっちを見ている?迫害されたカトリック司祭の霊が撮影される!

 - オカルト, 怪奇現象, 海外ニュース , , ,

 

あわせて読みたい

GHOST_DN01イギリス・スコットランドの高地にある『Scalan神学校』は、神学校としての役割のほかに、当時迫害を受けていたカトリック教徒の避難所として機能していた歴史があります。

多くのカトリック教徒を匿ってきたこの建物は現在封鎖され、立地も人里離れた丘の上にあることから人が入り込むような事は無い筈でした。

しかし撮影者の二―ル・ロバートソン氏が公開した写真には、その入り込むはずの無い人影が写っていました。

 

フードを被った人物がこっちを見ている

GHOST_DN05

この画像、居るはずのない「人影」が写っているのがわかりますか?

公開元である二―ル氏のフェイスブック上では、このフードを被った男についての論争が巻き起こっています。

現地メディア『Mirror』によると、男はカトリックが迫害されていた当時、司祭を務めていたとされる「ジョン・パターソン」という人物である可能性が高いと推測しています。

GHOST_DN061783年に死亡したジョン氏は、非常に背が高かったため、彼用の棺が建物内に入りきらなかったという逸話が残っています。

写真の人物も非常に背が高く、身体的特徴が類似しているという点が挙げられるようです。

イギリスのカトリック教は、19世紀に入って徐々にその立場を復権させていきました。しかしそれ以前に死んでしまった彼の目には、未だにカトリックへの迫害を続けるイギリス社会が写っているのかもしれません。

 

参照:mirror(画像全て©Neil Robertson/Deadline News)








 関連記事

アポロ計画疑惑には別の疑惑があった

無人探査機がアポロ計画疑惑を解決 アポロ計画はねつ造ではないか?という疑惑につい …

熊谷連続殺人犯の兄、ペドロ・パブロ・ナカダ・ルデーニャの鬼畜すぎる所業がヤバイ

16日、埼玉県熊谷で3軒の家を襲撃し6人を殺害したペルー人ナカダ・ルデーニャ容疑 …

ゾワワっとくる。地上363mの電波塔に登る一人称視点映像

ひゃ~。地平線が丸いよ。 また命知らず野郎が現れました。彼らは東京タワー以上の高 …

火星の戦士 キャプテン・ケイ

2014年4月、アメリカの退役海兵隊員「キャプテン・ケイ」(キャプテン・K)とい …

鹿狩り用に監視カメラをしかけたら、居るはずのない人が写りこんでしまう
鹿狩り用に監視カメラをしかけたら、居るはずのない人が写りこんでしまう

写真:Paranormal 360   なんでこんなとこに人が・・・ …

離陸寸前の飛行機にある生き物が大量発生!機内が大パニックに!

写真:EAST2WEST   悪天候やバードストライクなどで飛行機が遅 …

天安門事件でたった一人で戦車に立ち向かった「無名の反逆者」の行方

1989年6月4日、中華人民共和国で起こった天安門事件の直後、天安門広場に通ずる …

【マイク OUT】絶対に笑ってはいけないアメリカ空軍の訓練24時
【マイク OUT】絶対に笑ってはいけないアメリカ空軍の訓練24時

マイク OUT!!   これはおふざけではなくちゃんとした訓練の一環で …

おわかりいただけただろうか?この写真には写ってはいけないものが写っている。
おわかりいただけただろうか?この写真には写ってはいけないものが写っている。

撮影者:Moyan Brenn   旅はいいものです。 普段目にするこ …

クチバシを持つ謎の巨大生物が漂着!UMAの死骸発見か

正体不明の動物の死骸がサハリン島に漂着しました。これまでもたくさんの謎の死骸が海 …

閉じる