ドローンによって大聖堂に1000年隠されていた悪魔の像が発見される

 - 海外ニュース , , , ,

 

あわせて読みたい

近頃なにかとお騒がせのドローンですが、今回、チェスター大聖堂が建設されて以来初めて「チェスターのインプ」のクローズアップ撮影に成功しました。

 

PAY-Chester-GV-chester-cathedral-and-the-little-devil

©CASCADE



10世紀に建築され、増改築が繰り返されて現在の姿になったと言われているチェスター大聖堂ですが、今まで伝説でしか知られていなかった逸話がありました。

伝説によると、ある司祭が大聖堂の改修を監督している際、サタンが窓を介して彼を見つめていてびっくりさせられました。

翌朝、石工はまた司祭を怖がらせるために悪魔の彫像を窓辺に掘ったというものです。

 

PAY-GV-chester-cathedral

©CASCADE



 

大聖堂のスポークスマンによると、この彫像がたしかに存在することは知られていましたが、クローズアップして確認するのは初めてだということです。

 

The-DJI-Phantom-2-Quadcopter-sold-on-Amazon

今回のドローン撮影は遺産の映像を残すプロジェクトの一環で行われました。もちろん正式な許可が降りています。

しかし、プロジェクトディレクターのディーン・ペイトンさんは、悪魔の像の映像を再生しているとデータが不自然な形で壊れており、1コマのキャプチャを残すのが精一杯だったと言います。

「ミステリーは続くんだよ!」とディーンさんは言います。

 

参照:mirror








 関連記事

新しいネットの流行!? なぜか手に汗握るエクストリームフォンピンチング

SNSで注目を集めようと危険な場所や無茶な状況で自撮りする人が増えているのはすで …

インドのある村で人気の赤ちゃん、生後10ヶ月で重さはなんと・・・
インドのある村で最も人気の赤ちゃん、生後10ヶ月で重さはなんと・・・

撮影者:Barcroft アメリカかと思ったらインドでした。 こちらの赤ちゃんは …

ヒトラーが生まれ変わった!?ヒトラーそっくりな子犬のチワワが現れる

撮影者:Wales News Service この写真じわじわくる。 少年にこの …

鍾乳洞と同化した頭蓋骨の化石が約15万年前のネアンデルタール人だと判明。最古のDNAとなる

うわぁぶつぶつすっごい。ネアンデルタール人の洞窟壁画で有名なアルタミラ洞窟で、1 …

アポロ計画疑惑には別の疑惑があった

無人探査機がアポロ計画疑惑を解決 アポロ計画はねつ造ではないか?という疑惑につい …

これもロンドン名物?2階建てバスが1階建てに変身してしまう事故が発生

ロンドン名物2階建てバス「ダブルデッカー」。 日本では観光用バスしかありませんが …

【もはや致死量】10500キロカロリーのハンバーガーが現れる!お値段はなんと・・・
【もはや致死量】10500キロカロリーのハンバーガーが現れる!お値段はなんと・・・

撮影者:Solent News イギリスにあるThe Lord Nelson I …

万里の長城が消滅し始めていた!?城壁の3分の1がなくなっていた事が調査で判明!

写真:AP Images   新・世界七不思議にも選ばれている中国の世 …

トビリシの洪水で動物園の猛獣が街中に脱走中。現地の写真まとめ

ジョージア(旧グルジア)の首都トビリシで、14日の深夜に大規模な洪水が発生し、動 …

不気味に蠢く『フランケンシュタインの肉』が海外で話題。その正体がおぞましさ満点

メシマズ注意。食事中の方は見ない方がいい話題です。 フランケンシュタインの肉?ロ …

閉じる