人の心臓かと思ったらアメフラシだった!?ジャンボアメフラシが海岸で発見される!

 - 動物, 海外ニュース, 自然 , , , , ,

 

あわせて読みたい



Giant sea slugs called sea hares have been washing up in some East Bay beaches in unusual numbers this summer. (Courtesy of Morgan Dill)

Giant sea slugs called sea hares have been washing up in some East Bay beaches in unusual numbers this summer. (Courtesy of Morgan Dill)



 

東サンフランシスコ湾に来ていた海水浴客が、海岸に人の心臓が落ちている!と911に通報する事件が起きました。
実はこの心臓のようなものは打ち上げられたアメフラシだったのです。

 

確かにこれをパッと見たら、勘違いしてしまうのは無理もない気がします。

 

このアメフラシ、巨大なもので全長75センチを超える!!

Aplysia_californica

写真:wikipedia

 

この海岸で発見されたアメフラシはジャンボアメフラシです。
このジャンボアメフラシは大きなものだと重さ6.8キロ、全長75センチになるものが観測されています。
草食性で紅藻を主食としており、そのため体は赤やピンクがかかった色をしています。
人に危害を加えることはありませんが、身の危険を感じると外套腔から赤紫色の色素を放出します。

頭部の二本の突起がウサギの耳に似ていることから海のウサギとも呼ばれています。

 

ジャンボアメフラシはカリフォルニアやメキシコ北部の近海に生息しており、水深1~3メートルの浅瀬で生活をしています。

こうして打ち上げられる事は珍しいようです。
専門家はエルニーニョ現象によって海岸に打ち上げられたのでは?とコメントを出しています。

 

つい先日、サンディエゴの海岸では大量の赤カニが打ち上げられる現象も発生しています。

こちらもエルニーニョ現象によっておこった可能性が高いと言われています。

 

ムツゴロウさんによるとアメフラシの卵は美味らしいので、カリフォルニアで食べ物に困った時はジャンボアメフラシの卵を食べてみるのもいいかもしれません。

 

参照元:GRINDTV








 関連記事

T-1000が作れるかも!?動力なしで動き回り自由に形を変える液体金属が発見される

『ターミネーター2』©Carolco Pictures/Pacific West …

【これはひどい】どうしてこうなった感しかない剥製集
【これはひどい】どうしてこうなった感しかない剥製集

色々おかしい。 全体的に目が残念な事になってますね。 フォルムに関しては言わずも …

世界一簡単にホールインワンができる!ゴルフコースに巨大なシンクホールが出現

3Dゲームの処理落ちみたいになっちゃってます…。 ミズーリ州のゴルフコースで大規 …

南極で巨大UFOが墜落か!?謎の穴がグーグルアースで発見される!

写真:googlemap   世界各国で目撃されるUFO。そんなUFO …

猿神ハヌマーンの生まれ変わりと言われている少年。背中の尻尾を除去する

インド神話に登場する猿神ハヌマーン。 今回はハヌマーンの生まれ変わりと言われてい …

まるで兄妹!?4.6メートルのパイソンと仲良しな2歳の女の子

写真:Mercury   この女の子はパイソンに食べられようとしている …

超大物の鯉を釣り上げた記念写真を撮ったら、ゴブリンが写りこむ!

  超大物の鯉を釣り上げて記念写真を撮ったら、違う大物もキャッチしてし …

人と動物を組み合わせたらあかん感じになってしまった

勝てる要素が全く見当たらない。 イタリアはヴェネツィア在住のアーティスト”Fra …

山東省でまた新たな爆発!動画とチャイナボカンまとめ

また中国で大規模な爆発が起こったようです。 天津の大爆発、山東省の爆発に続き、ま …

その発想は無かった!貧乏な大学生が考えた独創的な節約ライフハック

お金の苦しい若い学生たちは創意工夫とDIYで彼らの問題を解決していきます。 今回 …

閉じる