人の心臓かと思ったらアメフラシだった!?ジャンボアメフラシが海岸で発見される!

 - 動物, 海外ニュース, 自然 , , , , ,

 

あわせて読みたい



Giant sea slugs called sea hares have been washing up in some East Bay beaches in unusual numbers this summer. (Courtesy of Morgan Dill)

Giant sea slugs called sea hares have been washing up in some East Bay beaches in unusual numbers this summer. (Courtesy of Morgan Dill)



 

東サンフランシスコ湾に来ていた海水浴客が、海岸に人の心臓が落ちている!と911に通報する事件が起きました。
実はこの心臓のようなものは打ち上げられたアメフラシだったのです。

 

確かにこれをパッと見たら、勘違いしてしまうのは無理もない気がします。

 

このアメフラシ、巨大なもので全長75センチを超える!!

Aplysia_californica

写真:wikipedia

 

この海岸で発見されたアメフラシはジャンボアメフラシです。
このジャンボアメフラシは大きなものだと重さ6.8キロ、全長75センチになるものが観測されています。
草食性で紅藻を主食としており、そのため体は赤やピンクがかかった色をしています。
人に危害を加えることはありませんが、身の危険を感じると外套腔から赤紫色の色素を放出します。

頭部の二本の突起がウサギの耳に似ていることから海のウサギとも呼ばれています。

 

ジャンボアメフラシはカリフォルニアやメキシコ北部の近海に生息しており、水深1~3メートルの浅瀬で生活をしています。

こうして打ち上げられる事は珍しいようです。
専門家はエルニーニョ現象によって海岸に打ち上げられたのでは?とコメントを出しています。

 

つい先日、サンディエゴの海岸では大量の赤カニが打ち上げられる現象も発生しています。

こちらもエルニーニョ現象によっておこった可能性が高いと言われています。

 

ムツゴロウさんによるとアメフラシの卵は美味らしいので、カリフォルニアで食べ物に困った時はジャンボアメフラシの卵を食べてみるのもいいかもしれません。

 

参照元:GRINDTV








 関連記事

ウォーキング・デッドで一番ウォーカーを殺したキャラは?驚きの結果に!

ゾンビが出現した世界でのサバイバルを描いた大人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド …

人魚伝説もある砂漠のオアシス!南米ペルー ワカチナ村

写真:Dailymail   映画や漫画などで表現される砂漠のオアシス …

インドネシアのジャングルの奥深くに佇む謎の教会「チキン教会」

写真:youtube   インドネシア ジャワ島マゲランのジャングル奥 …

シカゴに実在した「2つの顔を持つ男」の悲劇的な人生

昼と夜という意味ではなく。   シカゴに住んでいた「2つの顔を持つ男」 …

【マジかよ】コンゴ共和国にロボコップが配属されているぞ!!
【どうしてこうなった】コンゴ共和国に配属されたロボット警官が斬新な造形すぎる!!

コンゴ共和国の首都キンシャサにロボット警官が配備されたと話題になっています。 一 …

タマヒュンどころじゃない!高さ290mで命綱なしの綱渡り

やめなよぉ。 高さ290mで命綱なしの綱渡りをした命知らずがいるようです。もちろ …

ロシアで撮影された2匹のリスが仲良く遊んでる写真が話題に
ロシアで撮影された2匹のリスが仲良く遊んでる写真が話題に

撮影者:Vadim Trunov はーい!撮るよー!と聞こえてきそうです。 こち …

ロシアのツングースカで起こった謎の大爆発

1908年6月30日7時2分(現地時間)頃、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川 …

メントスコーラを超える威力のプロパンコーラが凄い!でも真似しちゃダメ!

コーラにメントスを入れると爆発的に噴き出す現象はみなさんおなじみですが、これはメ …

【閲覧注意】ISの自爆攻撃に向かう若者の映像が公開される

ISILが自爆攻撃の模様の映像を公開しました。 この映像にあなたは何を感じるでし …

閉じる