ついにロボットの反乱が!?お掃除ロボットが人に襲い掛かる!!

 - 恐ろしい, 海外ニュース , , , , ,

 

あわせて読みたい

ついに反乱が!?お掃除ロボットが人に襲い掛かる!!
撮影者:Kārlis Dambrāns

お掃除ロボットに人が襲われるという事件がとうとう起きてしまいました。
一体なぜ?ロボットの反乱?問われるロボット三原則。

このお掃除ロボットの反乱は韓国で発生!

ついに反乱が!掃除機ロボットが人に襲い掛かる!!
撮影者:京郷新聞

韓国 昌原(チャンウォン)市に住む女性が被害にあってしまいました。
彼女はお掃除ロボットをセットし、掃除が終わるまで床で昼寝をすることにしました。
しかし! ここで積年の怨みを晴らす時が来てしまいました。 このうらみ!はらさでおくべきか!!!
お掃除ロボットが掃除中、彼女の髪をゴミと勘違いしてしまい髪を吸い上げてしまいます。
すると、昼寝をしていた彼女は髪を引っ張られる痛みで飛び起き、緊急サービスを呼び出すことに。
韓国の京郷新聞は、彼女は怪我をせず無事救出することができたと報道しています。
しかし、この反逆を企てたお掃除ロボットは今後どうなってしまうのかは不明との事です。
ベイマックスみたいにはなれなさそうですね。


ルンバを作っている会社には秘密が!

ついに反乱が!掃除機ロボットが人に襲い掛かる!!
近年人気が急上昇中で今では様々な会社からも出ているお掃除ロボット。
ルンバを開発をしているiRobot社はルンバ以外に爆発物処理やSWATでも使用されている軍事用ロボット「パックボット」の開発も行っています。
このパックボットは福島第一原発事故で放射線量計測、動画撮影を行うなど、人間の行えない危険な任務をこなしています。
危険な場所での活用が多いロボット技術ですが、そのような場所で反乱が起きた場合、一挙に人類滅亡に向かってしまいかねません。
昨年、ビル・ゲイツやイーロン・マスク、ホーキング博士といった識者達が一斉に人工知能の開発を危険視する発言をしましたが、この事件はその先駆けとなるのでしょうか!?
まぁ。どんな優れた道具でも使用法を間違えたらいけないという単純な教訓しか得られない気もしますけど。

参照元:Mirror








 関連記事

ダイビング中に貝の中から人型の謎のクリーチャーが出現!

写真:Cryptozoology News   ダイビングで訪れた地で …

日本にもはよ。ドイツのウォータースライダーが素晴らしすぎる

まだジメジメの梅雨ですが、もうすぐやってくる夏に備えて涼しげなウォータースライダ …

【悲報】「世界一危険な道」が改修されて安全になる。世界一は中国に譲ることに

「世界一危険な道」と呼ばれていたスペインの断崖絶壁の遊歩道が改修工事されて開通し …

どうかしてるぜ!中国の釣り堀に巨大魚が放流されていた模様

ライブリークに投稿された動画で、また中国の無茶苦茶な一面が垣間見えました。撮影さ …

インドネシアのジャングルの奥深くに佇む謎の教会「チキン教会」

写真:youtube   インドネシア ジャワ島マゲランのジャングル奥 …

人間やめてゾンビになる!? 恐怖の新種ドラッグ「フラッカ」がダメ!絶対!

以前、「バスソルト」というドラッグの影響でホームレス男性の顔を食べてしまった男が …

国際まくら投げ祭りがなにこれめっちゃ楽しそうで参加したい
国際まくら投げ祭りがなにこれめっちゃ楽しそうで参加したい

撮影:Marius Tudor   そんな世界的なお祭りがあったのか! …

地震の神の怒り?ボルネオ島の地震後にキナバル山で謎の青い虹が目撃される!

写真:Facebook RinaRipau   6月5日にマレーシア …

祖父母の屋根裏を掃除してたら、宝の地図と人の手が発見される!

写真:youtube 家で探し物をしていたら、たまたま見つけた箱の中に宝の地図が …

嘘だろ?中国のロケットから落ちたエンジンが民家を直撃

メイドインチャイナの品質はこんなところにも。 中国の長征4号Cから落下したロケッ …

閉じる