江戸時代にiPhoneが描かれていた!! 歌川国芳がマジでタイムスリッパーな件

 - ふしぎ, 都市伝説 , , , ,

 

あわせて読みたい


江戸時代に生きた奇想の浮世絵師、歌川国芳。

300年前にスカイツリーを描いていたことで都市伝説好きにも有名です。

a

この絵の左側に書かれたスカイツリーらしきタワーは現在の位置関係と照らしあわせても4キロほどしかズレていないんだとか。

井戸掘りの櫓だという説が有力ですが、深川の辺りで高い櫓が必要なほど深く井戸を掘ったら海水が出てきてしまうという反論もあり、未だになんだかは分かっていません。

また、国芳は自分の死期を悟っていたと言われます。

c

c1

この貸傘の番号1861番が、国芳の没年1861年とピッタリ合致しているのです。

もちろん当時西暦は使われていないため、ただの偶然と見られていました。

しかし、私にはどうしてもただの偶然には思えないのです。

次の絵を見て下さい。

e

dd1

iPhone5!!!!! どう見てもiPhone5!!!!! この角ばったフォルム、大きさ、完全にiPhone5(ケース付き)!!!!!

しかもこれだけじゃないんです…。

b

b1

iPhone6!!!!!!! どう見てもiPhone6!!!!!! この丸み!この大きさ!どう見ても完全にiPhone6!!!!!!!

現代の電車の中でよく見かけるiPhoneを眺める女性の姿そのものじゃないですか。

恐るべし歌川国芳…。

もちろん当時ネット回線も無ければwifiも無い。

メールをするには飛脚に頼んで文字通りの飛脚メール便を送らないといけない。そんな時代にiPhoneを描けるわけがありません。

歌川国芳はもしかすると本当に現代からタイムスリップした人なのではないだろうか。

だとすると、今頃pixivあたりにタイムスリップする前の国芳がいるのかも知れない。








 関連記事

世界で最も美しいミイラに奇妙な現象が起きていると話題に
世界で最も美しいミイラに奇妙な現象が起きていると話題に

こちらはイタリア・パレルモにあるカプチン会修道士墓所に埋葬されているミイラ、”ロ …

カメラが嫌で逃げ出した!? 子供の霊が宿る「カメラシャイ人形」

この人形には子供の霊が宿っているのでしょうか?   この人形のあったフ …

幽霊がウヨウヨいる!トゥーンバの街でまた新たに心霊写真が撮られる

オーストラリア・クイーンズランド州南東部の街、トゥーンバが幽霊騒動で揺れています …

まさにゴム人間。体が柔らかすぎる男性のパフォーマンスが凄すぎる
まさにゴム人間。体が柔らかすぎる男性のパフォーマンスが凄すぎる

え?いやちょっと待ってどうなってるのこれ? 悪魔の実でも食べたの?   …

アメリカ版トイレの花子さん「ブラッディ・マリー」は実在していた!

写真:Viralnova   アメリカにはブラッディ・マリーという都市 …

【閲覧注意】オーストラリアの都市伝説・ドロップベアが凶悪すぎる

上がかわいいコアラ。下がドロップベア。 人喰いヘビやワニ、凶悪な毒性生物があちこ …

火炎放射器と消防ホースのガチンコ対決は2回戦だった! 果たしてどちらが勝ったのか

  火炎放射器と消防ホースが戦ったら、一体どうなるんだろうという素朴な …

【2045年問題】Googleの人工知能「DQN」が人類を滅ぼす!? 技術的特異点で起こりうる7つのこと

世界中の若い天才達が集まるメガベンチャー企業Googleの驚異的技術力は、人類を …

【閲覧注意】ゾンビ豚?蛍光ブルーの肉を持つ野生イノシシが見つかる

※屠殺画像を含むため閲覧注意 これ、本当かなぁ? カリフォルニア州モーガンヒルの …

あのビッグドッグさんが小さくなって帰ってきたぞ!
【蹴ってみたい】あのビッグドッグさんが小さくなって帰ってきた!

誰もが一度は見たことがあるであろう、あの蹴られても絶対倒れないビッグドッグさんが …

Comment

  1. にゅん より:

    これ手鏡なんじゃないですか?江戸時代 手鏡 画像 で検索すると出てきます

  2. q より:

    最後のは何かの皮を包丁でむいている絵ですね。

  3. つまようじと愉快な仲間達 より:

    iPhone5まではマトモだった……

    iPhone5を手鏡にしている人はよく見かけるが……

    iPhone6で果物の皮をむく人は見た事がないな

    自分が知らないだけで、iPhone6で皮をむく人は実在するのかも知れないが

  4. ははは より:

    皮だって剥ける
    そう、iPhoneならね

  5. HAGE より:

    手鏡や包丁での皮むきを知らない非常識人すぎる筆者のほうが、
    よっぽど、どこのなに人なのか知りたい

閉じる