江戸時代にiPhoneが描かれていた!! 歌川国芳がマジでタイムスリッパーな件

 - ふしぎ, 都市伝説 , , , ,

 

あわせて読みたい


江戸時代に生きた奇想の浮世絵師、歌川国芳。

300年前にスカイツリーを描いていたことで都市伝説好きにも有名です。

a

この絵の左側に書かれたスカイツリーらしきタワーは現在の位置関係と照らしあわせても4キロほどしかズレていないんだとか。

井戸掘りの櫓だという説が有力ですが、深川の辺りで高い櫓が必要なほど深く井戸を掘ったら海水が出てきてしまうという反論もあり、未だになんだかは分かっていません。

また、国芳は自分の死期を悟っていたと言われます。

c

c1

この貸傘の番号1861番が、国芳の没年1861年とピッタリ合致しているのです。

もちろん当時西暦は使われていないため、ただの偶然と見られていました。

しかし、私にはどうしてもただの偶然には思えないのです。

次の絵を見て下さい。

e

dd1

iPhone5!!!!! どう見てもiPhone5!!!!! この角ばったフォルム、大きさ、完全にiPhone5(ケース付き)!!!!!

しかもこれだけじゃないんです…。

b

b1

iPhone6!!!!!!! どう見てもiPhone6!!!!!! この丸み!この大きさ!どう見ても完全にiPhone6!!!!!!!

現代の電車の中でよく見かけるiPhoneを眺める女性の姿そのものじゃないですか。

恐るべし歌川国芳…。

もちろん当時ネット回線も無ければwifiも無い。

メールをするには飛脚に頼んで文字通りの飛脚メール便を送らないといけない。そんな時代にiPhoneを描けるわけがありません。

歌川国芳はもしかすると本当に現代からタイムスリップした人なのではないだろうか。

だとすると、今頃pixivあたりにタイムスリップする前の国芳がいるのかも知れない。








 関連記事

【閲覧注意】ゾンビ豚?蛍光ブルーの肉を持つ野生イノシシが見つかる

※屠殺画像を含むため閲覧注意 これ、本当かなぁ? カリフォルニア州モーガンヒルの …

ゾンビが発生しても生き残る!ゾンビハザードで使えるライフハック【決定版】

ゾンビは突然やってきます。なんの備えもしていない場合、身近にあるものだけで身を守 …

【レッツゴー!!】カブトムシに乗るカエルの写真が今にも冒険に出そう
【イャッハァー!!】カブトムシに乗るカエルの写真が今にも冒険に出そう

撮影者:Hendy Mp 今にも冒険に出そうないい写真! この写真は、インドネシ …

Google Mapで見つかった世界のへんなところ2014年ベスト
グーグルマップで見つかった世界のへんなところ2014年ベスト

撮影者:Jaap Meijers グーグルマップで知らない土地をストリートビュー …

未だ解明されていない太陽系の9のミステリー

我々の住む地球のある太陽系は、一番身近な星系ですがまだまだ解明されていない謎がた …

除雪も出来る移動式電動トイレが街を駆け回ってるぞ!!
除雪も出来る移動式電動トイレが街を駆け回ってるぞ!!

撮影者:Union Hardware 一体これはどういう意図があって作ったんだ・ …

【悲報】ブラッド・ムーン予言の9月28日の月食、日本から見えない

見えねーのかよ! 以前からたびたび当サイトでも取り上げて来たブラッド・ムーン予言 …

人類で最も小さい彫刻の1つがカメラマンの指で押しつぶされてしまい、顔面蒼白!

撮影者:Jonty Hurwitz/Solent News やっちゃった直後は作 …

風船おじさん「ファンタジー号」事件

事件概要 1992年、風船をつけたゴンドラに乗った通称「ふうせんおじさん」と呼ば …

【どうしてこうなった】料理の盛り付けを盛大に失敗した写真9枚【これじゃない】
【どうしてこうなった】料理の盛り付けを盛大に失敗した写真9枚【これじゃない】

撮影者:Pinterest Fail   ここまでやられると、もはやわ …

Comment

  1. にゅん より:

    これ手鏡なんじゃないですか?江戸時代 手鏡 画像 で検索すると出てきます

  2. q より:

    最後のは何かの皮を包丁でむいている絵ですね。

  3. つまようじと愉快な仲間達 より:

    iPhone5まではマトモだった……

    iPhone5を手鏡にしている人はよく見かけるが……

    iPhone6で果物の皮をむく人は見た事がないな

    自分が知らないだけで、iPhone6で皮をむく人は実在するのかも知れないが

  4. ははは より:

    皮だって剥ける
    そう、iPhoneならね

  5. HAGE より:

    手鏡や包丁での皮むきを知らない非常識人すぎる筆者のほうが、
    よっぽど、どこのなに人なのか知りたい

閉じる