ヒェッ…!ゴキブリロボットが実用まで秒読み段階

 - 怖い, 驚き , ,

 

あわせて読みたい

roachbot-590x330

なにもわざわざゴキブリにしなくても…。

ロシアの大学がゴキブリ型ロボットの開発に成功しました。

ドローンですらプライバシーの侵害などの問題があるというのに、こんなものが世の中に出回ったらどうなってしまうのでしょうか。

 

災害救助から軍事利用までを視野に

cockroach-penny-590x419

ゴキブリ型ロボット『ゴキボット』を開発したチームは、ゴキブリの死体からインスピレーションを得てゴキブリの大きさと動きを模倣することに挑戦しました。

完成したゴキボットは実際のゴキブリよりも大きめな10cmほどのもので、毎秒30cmでの移動が可能。満充電で20分の継続動作ができる性能とのこと。

プロジェクトの目的はガレキの下に閉じ込められた人を見つけることだとのことですが、チームはロシア軍のためのカモフラージュバージョンの作成に取り組んでいます。

 

参照:geek.com

 

まだ試作段階でカメラなどを搭載していないようですが、小型化、カメラ搭載は時間の問題でしょう。

軍事利用も恐ろしいことですが、覗きや単なる嫌がらせにも使われそうです。せめてゴキブリじゃなくてカブトムシにしてくれないものか。








 関連記事

これで官邸も安心?米軍がドローン迎撃システムをテスト中

官邸ドローンやドローン少年など、日本国内では何かとお騒がせなイメージのあるドロー …

【動画】未来が現実に!レーザーガンを自作する大学生が現る!

スターウォーズ、スタートレック、ターミネーター、銀河鉄道666等、様々なSF作品 …

世界の学校へ行こう!エクストリーム編18種
世界の学校へ行こう!エクストリーム通学路編

撮影者:Christoph Otto ユネスコによると、学校に通う子供の数が過去 …

幽霊が出る小さな島の灯台で、1人の男性が60日間生活中!

写真:Charles Marion   ティーヴェンネッツと呼ばれてい …

落ちたら即死!超高層ビルの外壁を飛び回るパルクール映像がタマヒュンすぎる

写真:instagram   フリーランニングとも言われているパルクー …

胴体があるだけじゃない!モアイのあまり知られていない秘密はまだまだあった!

現在話題となっている、「モアイに胴体があった!」というニュースですが、これはオカ …

その発想は無かった!貧乏な大学生が考えた独創的な節約ライフハック

お金の苦しい若い学生たちは創意工夫とDIYで彼らの問題を解決していきます。 今回 …

バイクで海の上を走って波に乗る!新感覚な乗り物の映像が話題

かっけええええええ! これ、本当に波の上をバイクで走っているんです。なにこれ乗り …

新しいネットの流行!? なぜか手に汗握るエクストリームフォンピンチング

SNSで注目を集めようと危険な場所や無茶な状況で自撮りする人が増えているのはすで …

体重75キロ越えの世界最大のピットブル、まだまだ大きく成長中!
体重75キロ越えの世界最大のピットブル、まだまだ大きく成長中!

撮影者:bordedpanda え?なんでこんな大きいの?コラじゃない!? いや …

閉じる