【閲覧注意】手術シュミレーション用の人形がリアルすぎてトラウマレベル

 - 閲覧注意, 驚き , , , , , ,

 

あわせて読みたい

Cutting-Edge-Ultra-Real-Synthetic-Cadavers-compressor (2)

写真:mirror

 

日夜進化し続ける医療現場。

的確な治療を行うために医療機器も同時に進化し続けています。

今回はある研究所が開発した手術シュミレーション用の人形をご紹介します。

この人形があまりにもリアルすぎて気持ち悪いとニュースにもなってしました。

 

こうした人形を製作する背景には今、アメリカの医療現場では、医療実験や研修などで人や動物の遺体を使用しないという風潮が起こっており、その為にシュミレーション用の人形の開発が進められています。

 

 

この人形の名前は合成人間(Synthetic Human)です。
こちらがその合成人間。

Cutting-Edge-Ultra-Real-Synthetic-Cadavers

写真:mirror

 

一仕事を終えたところでしょうか?

ジュースを飲みながら一休みをしています。

 

この人形を開発したのはアメリカ フロリダ州にあるSynDaver Labsという研究所。
この研究所では手術シュミレーションや医療機器の研究で使用する為の人形や体の組織、人体パーツを製作しています。

 

この人形は100個以上のパーツで構成されており、全ての筋肉、骨、血管、臓器は取り外したり交換ができます。

質感や手触りも本物のように作られおり、心臓は脈を打ったり、血液を流すこともできます。

体のパーツの殆どはゴムやプラスチックでできています。

 

SynDaver Labsの創設者クリストファー博士は、「この合成人間を使うことで、研修医や医学生が実際の遺体を使わずに解剖実習や、手術のシュミレーションを行うことが可能になります」とコメントをしています。

 

横たわっている人形。

夜中に動いたりしないですよね?

Cutting-Edge-Ultra-Real-Synthetic-Cadavers-compressor

写真:mirror

 

口内も精巧に作られています。

Cutting-Edge-Ultra-Real-Synthetic-Cadavers-compressor (1)

写真:mirror

 

目がつくと映画「バタリアン」に登場するタールマンに似ている気がしてきました。

Cutting-Edge-Ultra-Real-Synthetic-Cadavers

写真:mirror

 

 

この人形の気になるお値段は、応相談とのことです。

1度でも解剖実験を行ってしまうと、修理に出す必要があり、修理代は1000万円ほどかかります。

 

どうしてもこの人形を触りたい!という方には、SynDaver LabsでTシャツと合成人間の皮膚と脂肪のサンプルセットになったものが売られています。

shirt1-compressor

写真:SynDaverLabs

 

参照元:mirror








 関連記事

【世界初】ニューヨークにワインソムリエの柴犬が現る!
【世界初】ニューヨークにワインソムリエの柴犬が現る!

撮影者:Shiba Sommelier 料理に合ったワイン選びが必要?それならこ …

【行ってみたい】世界のすごいお祭り20種類
【行ってみたい】世界のすごいお祭り20種類【日本も入ってるよ!】

撮影者:Tomatina Festival Spain 日本だけではく世界でも沢 …

積み過ぎィ!なんでも運べるベトナム人のバイク技術が凄すぎる画像まとめ

ベトナムの街ではバイクが庶民の足として活躍しており、ベトナム国内の車両の90%が …

【歩いてみたい】氷が透明すぎる湖を歩いたらまるで宙に浮いているみたいだと話題に
【歩いてみたい】氷が透明すぎる湖を歩いたらまるで宙に浮いているみたい

何これすごい!歩いてみたい!! まるで宙に浮いてるみたい! スロバキアにあるハイ …

ハンマー?そんなもの使うやつぁ軟弱者だね。素手で板に釘を打ち込むマッチョマンが現る

釘を打つためにハンマーを使用するのが普通だと思います。 しかし、このウクライナに …

インドの電線がカオスすぎる!危険な違法電線が電柱を埋め尽くしている

世界第二位の人口を抱え、目覚ましい発展を続けるインド。 急速な発展の一方で、まだ …

これは偶然か?必然か?地すべりからイエスキリストの顔が現れる!!

撮影者:MAMJODH   イエスキリストはいつでもあなたの近くにいま …

【閲覧注意】イワシの缶詰からETのようなエイリアンが出現!その正体は…

日本でも近頃話題の異物混入事件。海外でもこのごろよく話題になっているのですが、南 …

世界の学校へ行こう!エクストリーム編18種
世界の学校へ行こう!エクストリーム通学路編

撮影者:Christoph Otto ユネスコによると、学校に通う子供の数が過去 …

アメリカで最も呪われているといわれている8つの家族

写真:Getty Images   負の連鎖というものは続いてしまうも …

閉じる