【閲覧注意】エベレストにある虹の谷と呼ばれている谷。その名前の由来は…

 - 恐ろしい, 閲覧注意, 驚き , , , , , ,

 

あわせて読みたい


Everest_North_Face_toward_Base_Camp_Tibet_Luca_Galuzzi_2006-compressor

写真:wikipedia

 

虹の谷、エベレストにはそんな名前の谷が存在しています。

なんだかメルヘンチックで素敵な名前!きっと虹の谷ではふわふわのわたがしが生えてたりするんだよ!行ってみたい!

 

では、今日はそんなエベレストの虹の谷の風景の写真をご紹介いたします。

 

”虹の谷”と呼ばれる戦慄の理由とは…

Base-camp-everest-trek-compressor

写真:theplanetD

 

エベレストにはメルヘンでファンシーな谷なんて存在していません。じゃあなんで、虹の谷なんて呼ばれてるのか?

 

虹の谷の名前の由来は、カラフルな衣類纏った登山者の遺体が大量に転がっていることが由来となっています。メルヘンどころかディストピアな谷じゃないですか。

 

エベレストの標高8000mを超えた地帯はデスゾーン(死の地帯)と呼ばれています。平均温度は氷点下27度、時速320キロメートルの風が吹き荒れ、酸素は地上の3分の1。

人間の高度順化の限界を超えている地帯であるため、訓練を行った登山家でも48時間しか活動できません。

また、自分の生命を維持することだけで精一杯になってしまい、仲間が倒れても救助することもできません。そんな過酷な環境のため、エベレストに挑む登山家の10人に1人は命を落としています。

 

そしてこの虹の谷には、200体以上の登山家の遺体が回収できず、ミイラとなって今も眠っています。時には遺体が登山ルートの目印にもなることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

ここから遺体の写真が続きます。閲覧注意。

 

こちらは「なぜ山に登るのか? そこに山があるから。」の名言で有名なイギリス人登山家、ジョージ・マロリーさんの遺体です。1924年の3度目のエベレスト登頂で行方不明となり、75年後の1999年に発見されました。雪に埋もれていたのでしょうか、屍蝋化していますね。

desktop-1431444207

写真:strangeremains

 

 

インド人登山家のツワング・パルジャーさんの遺体。この遺体はグリーンブーツ・ケープの名前をつけられ、この上にあるオーバーハングの崖の目印となっています。

エベレストの北東ルートでは必ずこの遺体を見ることになります。

desktop-1431441733

写真:encyclopediadramatica

 

 

エベレストは超低温で乾燥しているため、死体が腐らずにミイラとなります。

desktop-1431441739

写真:encyclopediadramatica

 

 

遺体となった登山者の中には、動くこともままならなくなり、下山するのを諦めた人たちもいます。

desktop-1431441735

写真:encyclopediadramatica

 

 

エベレストではこんな話もあります。

以前、チベット側からこのエベレストの登頂を目指したロシア人の男性とアメリカ人女性の夫婦がいました。

山頂を目前にして妻が力尽きてしまいます。

「私はここで待っているからあなただけでも登頂して」と夫を見送ります。

その後、夫は無事登頂を果たし、妻の所に戻ってきましたが、妻の両足は凍傷で一歩も歩けない状態でした。

しかし意識はしかっりしていたそうです。

日が暮れ始め、夫はどうしようもないことを悟り、そこからジャンプをして妻の目の前で命を絶ちました。その夜、妻は凍死しました。

 

この夫婦の会話や救援を求める声は無線でキャンプの元へ届いていましたが、誰も彼らを助けることはできませんした。

desktop-1431441737

写真:encyclopediadramatica

 

どんなに訓練した登山家でも命を落とすのがエベレストです。

しかし、この山で眠る登山家たちは彼らの愛した山で眠ることができて幸せなのかもしれません。

 

参照元:Viralnova








 関連記事

クリスマスイブ!そうだサンタが襲ってくる映画見ようぜ!!
クリスマスイブ!そうだサンタが襲ってくる映画見ようぜ!!

性夜が辛すぎるので、サンタさんが死を運んでくれる映画を観て、荒れ暮れまくった心を …

セグウェイに乗ったまま140キロのダンベルでスクワットするマッチョマンが凄い

なぜやろうと思った。 世界の筋肉野郎たちは無用な重い物を持ち上げることに余念があ …

子供と一緒に自撮りをしたら、写真に写ってはいけないものが写る事案が発生!
子供と一緒に自撮りをしたら、写真に写ってはいけないものが写る事案が発生!

撮影者:Maurizio Pesce   一見普通の写真かと思えば、よ …

溶岩の上を走る!ガソリンを投げ込む!iPadを焼く!溶岩で遊ぶ命知らずたち

エチオピアの溶岩湖エルタ・アレ ここは世界的にも数少ない恒常的な溶岩湖があり、今 …

アメリカの新しい観光地としてノアの箱舟を建設中!

写真:Answers in Genesis   現在、ケンタッキー州 …

【どうしてこうなった】料理の盛り付けを盛大に失敗した写真9枚【これじゃない】
【どうしてこうなった】料理の盛り付けを盛大に失敗した写真9枚【これじゃない】

撮影者:Pinterest Fail   ここまでやられると、もはやわ …

フェイスペイント
フェイスペイントのスキルが高すぎてこの人に会いたくなさ過ぎる

夜道であったら漏らすし、腰抜けますわこれ こちらは、redditユーザーのMan …

ヒトラーが生まれ変わった!?ヒトラーそっくりな子犬のチワワが現れる

撮影者:Wales News Service この写真じわじわくる。 少年にこの …

【閲覧注意】5000枚にスライスされた男女がデジタル人間として蘇る

米国立医学図書館の「仮想人間」を作り出す計画が重要な節目を迎えました。このプロジ …

【動画】巨大パイソンが巨大コウモリを捕食している映像が公開される!

写真:Dailymail   思わずなんだこれはと言いたくなる映像が、 …

閉じる