【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所

 - 驚き , ,

 

あわせて読みたい

1.連邦準備銀行

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

世界のお金の約25%がこのニューヨークにある連邦準備銀行に収納されるといわれています。

 

無料で見学ツアーも行われているみたいです。

 

2.韓国の非武装中立地帯

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

韓国の国境と北朝鮮の国境の間にあるこの土地。

世界で最も厳重に警備がされている1つです。

ここに来たら帰ってこれる自身がないですね。

 

3.グリーンブライアー

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

歴代大統領も多く訪れたアメリカ ウエスト・バージニア州にあるグリーンブライヤー。

地下には、核に耐えうることができるシェルターがあるんだとか。

 

 

4.フォートノックス

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

アメリカ ケンタッキー州にあるアメリカ陸軍基地、FRB金塊貯蔵施設のフォートノックス。

いたる所に監視カメラが配備されており、侵入はほぼ不可能なんだとか。

 

5.シャイアンマウンテン空軍基地

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

コロラド州にあるこの空軍基地。

花崗岩の山の中に作られた地下施設で、地上から約1.6キロメートル先に施設が入っています。

核爆発が起こっても耐えられる耐爆ドアが2つあります。

 

6.ヘイブンコー

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

シーランド公国と自称する国が建てた建物です。

この建物は2008年に閉鎖されましたが、さまざまな謎も存在しています。

 

7.ボールドレーンの駐車場

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

ただの駐車場ではないこの駐車場。

場内には監視カメラは勿論、通報ボタンやアラーム、場内の閉鎖ボタンもあるんだとか。

 

8.図們江

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

ロシアと北朝鮮の境界にあるこちらの川。

下手に通ると、武装した警備員による手厚いお出迎えが待っているんだとか。

 

9.エリア51

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

みなさんよくご存知のアメリカはネバダ州にあるエリア51。

極秘の実験が行われていたり、エイリアンの目撃情報も多数ありますね。

もしここに来る事があったら、警告標識を見落としてはいけません。

見落として進んでしまったら・・・

 

10.モルモン教の秘密保管室

【逆に一度行ってみたい】世界の警備が厳重すぎる10箇所撮影者:ebaumsworld

 

ユタ州にあるといわれているこの保管庫。

モルモン教の多くの家系の記録や重要な書類が保管されています。

 

 

参照元:Viralnova








 関連記事

あなたの愛犬が獰猛なゾンビ犬に!最恐の犬用マスクが販売開始

ハロウィンに愛犬を連れていくのにちょうどいい!? あなたの愛犬を恐ろしいゾンビ犬 …

電波塔に登った状態でピザのデリバリーをしたら→ちゃんと届いた

撮影者:Kent Productions   いつだってどんな所に居よ …

野生化した軍用ネズミか!? 巨大なネズミが捕獲される

写真:facebook   いや待って、本当にネズミ?大きすぎるでしょ …

やりすぎ!? ハロウィンのすごいデコレーション10軒まとめ

近年日本にも定着した感のあるハロウィン。もうすぐハロウィンの時期がやって来ますね …

【動画】地上で生活している魚がオーストラリアで目撃される!

オーストラリア北部で地上で生活をしている魚が発見されるというニュースが入ってきま …

異常なドーピングで完全に戸愚呂弟になってしまったマッチョマンが凄い

ハルクのモデルは俺だ!と語る筋骨隆々なこのマッチョマンは、ブラジルに住む25歳の …

女性も羨ましすぎて気絶するレベルの長すぎるまつ毛を持つおっさんが現れる
まつ毛が長くなる食べ物を発見したおじさん。自分で試してひと儲けを企む

撮影者:CEN ある食べ物を食べた後、驚くほどまつ毛が成長してしまった男性がギネ …

ポーランドの小さな教会の予想外すぎる内装・・・3000体の骸骨で作られた教会

写真:smithsonianmag   ポーランドにある「Kaplic …

【閲覧注意】5000枚にスライスされた男女がデジタル人間として蘇る

米国立医学図書館の「仮想人間」を作り出す計画が重要な節目を迎えました。このプロジ …

本当に命の危険がある?世界最大のオカルト博物館がガチすぎる件

米国コネチカット州には、世界最大のオカルト博物館があります。そこでは夜な夜な奇妙 …

閉じる